2011/6/24

中2 地理 EUの課題  

ヨーロッパはなぜ小国が多いか?という、クローズ質問(教師が答えを持っている)で、民族や宗教について出させる。

EUに加盟しない国の理由は?最初にEUに入って損することは?など、発問が揺れた。これはご法度。発問は揺れないように、変えても、せいぜい文章を短くする程度にする。

それ以前に関税のことを話したので、関税による自国産業の保護の意見が多かった。やはり発言をコントロールしていることになる。
何も言わずにいきなりということがよかったのではないだろうか?

いろいろ意見が出た。ただ、集約がはっきりしない。
やはり、すっきり、もやっとのプリント記入か?

どんな言葉を出させると満足する授業だったのだろう。
EUの経済格差なんてことばは、この議論ではでそうもない。2つ目の発問が必要だった。
何だろう?

「もし、そのような国がEU内にでてきたら、どんな問題がおきますか?」それかな?
0

2011/6/24

中1歴史 平城遷都  

プリント間違ったものを渡していたので、10分ぐらいでプリントを埋める作業。

長安の都の見取り図を見せて、平城京遷都があったことを述べる。
どうして平城遷都があったのかを、議論させる。

議論開始は鈍い感じ。
敵がいたから・・という意見からようやく交流し出した。
争いがあったという意見に傾く。「争い」といっても、戦いではなかったと語ったが、そこのいいかたがよろしくなかったと思う。「田を奪う」という意見があったので、そこを使って、「貴族や豪族の中で欲しかったのは田や土地ではなかった」ということから、”政権”のことに向けたい。ただ、政権というのはでてきた。
議論というのは概ねよかったのでは。
ただ、何を言わせたかったのか?最後に教師がまとめるというのはいつものパターン。すっきり、もやっとプリントを書かせてからという手順も議論の最後にはいれたい。だが、それには時間配分が必要。
0

2011/6/24

3年公民 基本的人権を守るための権利  

最初にざっと説明&板書。
新聞を渡して、人権に関するニュースの記事を探させ、見出しを切り抜きさせる。

なかなか人権について、記事を集められない班があった。何が人権問題なのか、最初にモデリングを数件やるとよかった。教師自身、何か見出しをもっていってみせるなど。
0

2011/6/23

中1歴史 聖徳太子  

強い国づくりというテーマで、3人の人物にスポットをあてた授業。
聖徳太子、中大兄皇子、中臣鎌足

前回失敗したのと、やる気ない生徒いたので、今日は微妙な授業。黒板に書きながらの説明と、人物カード。

男子の反応はよい。女子さっぱり。
昔からの授業は、やはり楽。でも、目指すものではない。まず、情報が教え込みでは圧倒的に少ない。
もう少し会話からの展開が大切。
人物カード。その時代の特徴。その人物の生き方。エピソードは効果的。だが、ただの私の説明の羅列となった。

本当は、人物カードから始めてもよかった。時間との勝負か。

次回は、平城京。どうして平城遷都したのかを議論させる。うまくいくか。
0

2011/6/23

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ