2016/10/20

FreeBSD + ibus-mozc  FreeBSD

FreeBSD 11入れた。X関係ややこしかった。

nvidiaとnvドライバーだと No Screens とか言って立ち上がらんかったし、Haswell GPU + intelドライバーだとFirefoxでYouTube再生したら画面ブラックアウトするし、結局FreeBSD 10 -> 11 upgradeの環境を捨てて、FreeBSD 11をクリーンインストールして、Haswell GPU + intelにして、やっとうまく行った。
途中radeonも刺して試したけど、ファンが回ってなかったんか熱なって固まるし、疲れるわ。

で、毎度startxする度にibus-mozcが使えなくなるので、やりかた書いとこう。毎回忘れるし。
まずibus-setupを立ち上げて、「次の入力メソッド」の所の右の「…」を押して、「キーコード」の横の「…」を押して、「無効」って書いてあるやつをマウスでクリックして、「新しいアクセラレータ…」になったらキーボードの「半角/全角」キーを押して、「OK」を押す。
あとは「詳細」タブの「システムのキーボードレイアウトを使用する」にチェックを入れる。
次にxtermでもFirefoxでもどれでもいいので、半角/全角キーを押すと、どっかにibusのプロパティ?Windowかなんかが現れて「A」とかになってるので、それをクリックして「直接入力」から「ひらがな」にする。

なんか知らんけど、startxの度にこれをしなけりゃならん。ibus-mozc辞めようかな。
0
タグ: FreeBSD ibus mozc

2016/8/3

FreeBSDでFANN  FreeBSD

ニューラルネットワーク用のオープンソースライブラリFANNをFreeBSD上でinstallしてみた。
ちなみにこのサイトよると、すごく速いライブラリだそうだ。

make, installは簡単

# git clone https://github.com/libfann/fann.git
# cd fann
# cmake
# make install

だけだった。まだできたライブラリ使ってないけど。portにできるやん。

portsにあるやん。/usr/ports/math/fann
0

2016/4/6

FreeBSDでemscripten  FreeBSD

CプログラムをJavaScriptに変換するemscriptenをFreeBSDで動かす方法。適当。

まずはfastcompをビルド

# git clone https://github.com/kripken/emscripten-fastcomp.git
# cd emscripten-fastcomp/tools
# git clone https://github.com/kripken/emscripten-fastcomp-clang clang
# cd ..; mkdir build; cd build
(ここの時点で注意。もしかしたらFreeBSDデフォルトのclangではmakeの途中でコアダンプするかもしれないので、下記参照)
# cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/emscripten-fastcomp -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DLLVM_TARGETS_TO_BUILD="X86;JSBackend" -DLLVM_INCLUDE_EXAMPLES=OFF -DLLVM_INCLUDE_TESTS=OFF -DCLANG_INCLUDE_EXAMPLES=OFF -DCLANG_INCLUDE_TESTS=OFF ../
# make all install

これで時間がかかるけど、/usr/local/emscripten-fastcompにインストールされるはず。

ちなみにFreeBSD 10.2-Rに入っていたclang-3.4(だったと思う)では途中コアダンプしたので、clang37とか38をportsから入れ、

# setenv CC /usr/local/bin/clang37
# setenv CXX /usr/local/bin/clang++37

とかしてからcmakeした。

次にemscripten。

# cd ../..
# git clone https://github.com/kripken/emscripten.git
# cd emscripten
# ./emcc -v

何かメッセージが出るので、~/.emscriptenの中の"/usr/bin"の所を"/usr/local/emscripten-fastcomp/bin"に変更。
再度

# ./emcc -v

エラーメッセージが出なければOK。
0
タグ: emscripten fastcomp

2014/12/23

USBカメラとpwcviewとmencoderで監視カメラ  FreeBSD

まずFreeBSDではmotionというのもちゃんと動作し、IPカメラなんかはこれで簡単に監視カメラシステムができ、何か動くものを検知した時にだけ録画してくれる。
motionに関してはLinuxの情報は多いものの、FreeBSDの情報は余り見当たらず心配だったが、普通に動いている。
motionそのものの中身がOpenCV + FFMpegみたいな物なんで(適当)、ちゃんと動くようだ。
ちなみにmotion.confで大事なのは

netcam_url http://192.168.0.111:81/videostream.cgi?user=admin&password=admin

とかかな。
使用したカメラはIP-Camera ID002Aとか言うのだが、おそらく他のカメラでも大して変わらないのではと思う。

さてちょっと難しかったのが、USBカメラを繋いだ時の設定。motionでも/dev/videoに接続してUSBカメラを使えるみたいなのだが、うまくいかなかった。
正直安物のIPカメラより、ちょっとしたUSBカメラの方が暗い所での感度も高く、画像ぶれも少ない上に画質もいいので、こっちの方がいいのだが、うまく監視カメラとして使うにはちょっと手間がかかった。
で、使用したのはpwcviewとmencoder。
pwcviewはFreeBSD上で/dev/video0の映像を見るのによく使われると思うが、pwcview -rで、何か動きを検知した時に録画をしてくれる。
監視カメラとしてこれを使わない訳にはいかない。
問題はpwcview -rでは単に生の動画データをstdoutに出すだけなので、それをエンコードしてやらなくてはならない。
そのためにコマンドが

# pwcview -hkr -s sif -f 5 | mencoder -demuxer rawvideo -rawvideo fps=5:w=320:h=240:i420 - -ovc lavc -lavcopts vcodec=mpeg4 -o output.mp4

まああるスクリプトのコピペなんだけど、これでOK。
0

2014/6/13

ld: -f may not be used without -shared  FreeBSD

あるFreeBSD 9.1マシン上で/usr/ports/sysutils/fusefs-kmodをmakeしていた時に

ld: -f may not be used without -shared

なるエラーが現れた。

ld -fstack-protector -fstack-protector -d -warn-common -r -d -o fuse.ko fuse_main.o fuse_msg.o fuse_dev.o fuse_vfsops.o fuse_vnops.o fuse_io.o fuse_subr.o

している時に出たものだが、

gcc -dumpspecs

してみると、

*link_ssp:
%{fstack-protector:}

なる記述があった。要はSSP (ProPolice)を使用している時はldのオプションとして自動的に-fstack-protectorが付け足されるようになっていたようであるが、これが問題だった模様。
で、/etc/make.confを見てみると、

ENABLE_SSP=yes
USE_SSP=yes
WITH_SSP_PORTS=yes

なる記述が並んでいた。正直言って自分が管理しているマシンじゃないのでどうしようかと悩んだけど、とりあえずWITH_SSP_PORTS=yesを外してfusefs-kmodをmakeして凌いだ。

まあこういうこともあるもんだなと。
0
タグ: FreeBSD gcc ssp

2014/3/4

MingW-w64  プログラミング

仕事で久々にMingWを使わなければならなくなった。
で、相変わらず訳が分からん…
ちゃんとオーガナイズしてくれよ…
cygwinはもっと訳分からんかったし(数年前)。

とりあえず本家mingwよりもmingw-w64の方がいいのは何となく分かった。
でmingw-w64のダウンロードサイトに行ってみると、何かどれダウンロードしていいのか分からん。

そこで見つけたのが
Setting up a MinGW-w64 build environment
というページ。
とりあえずこれがいいみたいな感じなので、これに従ってインストールしてる。
0

2014/1/30

vim + javac + "エラー: この文字は、エンコーディングUTF8にマップできません"  プログラミング

FreeBSDでjavaのプログラムを書いてる。
で、xterm + vimで書いてるのだけど、何か

javac xxx.java -encoding UTF8

でコンパイルすると、「エラー: この文字は、エンコーディングUTF8にマップできません」とか言われる。なんでや。
ちゃんとLANGもja_JP.UTF-8になってるし、"-encoding UTF8"も付けてるで。

で、どういうことかと思ったんだが、ふとEclipseを開いてxxx.javaの日本語の部分を編集して、ちゃんとコンパイルが通ったのを確認してからもう一度vimで書いてみたら、エラーが出なくなった。

きっと最初にvimが正しいエンコーディング(UTF-8)で出力してなかったんかなと思う。
で、一旦ちゃんとしたUTF-8な日本語が混じった(Eclipseで編集された奴)のをvimで開いて、ようやっとvimが「ああ、これはUTF-8な日本語が入っているからちゃんとUTF-8でセーブせなあかんな」と判断したのではないかと思う。

完全に想像やけど。
0
タグ: ja_JP.UTF-8 vim java

2014/1/18

FreeBSDでKerberos  FreeBSD

FreeBSDでKerberosサーバーを作ろうと思った。
でもKerberosの仕組みもよく分かってないので、なんかはまった…
設定は誰もが見るであろうhttp://www.freebsd.org/doc/handbook/kerberos5.htmlを参考に行ったのだが、クライアントからtelnetでアクセスすると、

Kerberos V5: mk_req failed (No such file or directory)

と言われて、Kerberos認証が使えない。
なんせKerberos理解してないので、よくわからん。

そこで色々やって、クライアント側で

% kinit ユーザー名

をやってから、もう一度telnetすると、なんとKerberosを使ってパスワード入力もせずにログインできた。

いや、もうKerberos理解すんの、めんどくさいんだよなあ…


For English readers:

The problem

Kerberos V5: mk_req failed (No such file or directory)

by FreeBSD + Kerberos + telnet can be resolved by doing

% kinit XXXX
(XXXX is a username)

on the client side.
Once you did it, then telnet.
You will be able to log in without a password.
0
タグ: kerberos freebsd

2013/8/27

GEOM_RAID + Operation not permitted  FreeBSD

昔、Raidで使用されていたであろうFreeBSDのディスクを

# dd if=/dev/random of=/dev/ada1 bs=1m

してデータを消そうとした時に

Operation not permitted

と言われたので対処法を探してみた。結果、

# sysctl kern.geom.debugflags=0x10

でOKだった。

結構FreeBSDのフォーラムでも「ああでもないこうでもない」と議論されているのを見かけたり、「結局Linuxで消したよ」と言う投稿も見かけたりしたけど、これですんなりうまくいった。
なぜにdebugflagsなのか…。
0
タグ: GOEM raid dd

2013/8/16

FreeBSD + uim-anthy + Firefox  FreeBSD

fcitx-anthyと言うものをしばらく使っていたのだけれど、何かちょっと問題があったので、uim-anthyに直してみた。 でもどういう訳かFirefoxとかGTK関係で日本語入力ができない。 なんでかと思ったら、GTK_IM_MODULEの設定がまずかったらしい。

XMODIFIERS="@im=uim"; export XMODIFIERS
XIM="uim" ; export XIM
GTK_IM_MODULE=xim; export GTK_IM_MODULE

が正しく、

GTK_IM_MODULE="uim"; export GTK_IM_MODULE

はだめらしい。なんでやねん。
0
タグ: uim anthy firefox



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ