Blue Tiara アトリエ イメージ                      

2009/8/25

千葉のお住まい  I:手摺

さて、室内の階段のお話しです

以前より色々と考えて、進めて来ました
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1031.html
階段模型
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1062.html
現地採寸
http://orange.ap.teacup.com/ryamazaki/1117.html
製造工程

そして、完成しました(^−^)完成画像です
クリックすると元のサイズで表示します
ここは2階がリビングの階段スペースです
リビング階段で、手前にはバラの蔦が入った手摺り
1階へ降りるのとロフトへ上がれます。

ロフトから、見下ろすとね
クリックすると元のサイズで表示します
目が回るような、くるくるです・・・・
とても、オープンな空間になっています

この階段で苦労した所は・・この部分
お客様のこだわりの部分です、曲線がきれいに仕上がりました
クリックすると元のサイズで表示します
90度で曲がる部分、縁を切らずに、流れるように
手摺りが通っています。
クリックすると元のサイズで表示します
この画像を見て、普通の階段手摺りとどこか違うのが解りますか?
段板の上に柱が無いし、手摺りも無い
階段の外側を回っています、こちらもお客様の強い要望です。

これからずっと住まうのは、お客様なので
物理的に出来ないものは作れませんが、少し難しくても
それを創れるようになりたいと思っています

なので、壁(ササラ)から柱を持ち出しで取っています
=階段巾が広く取れて、足元すっきりです。

続いて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
1階部分は少し控え目にして、すっきりしています
ここでも、階段の外側に手摺りがありますでしょ

直線と曲線が織りなす、ロートアイアンの手摺り
鉄の味わいと黒の気品が漂います。

こちらの千葉市のお住まいのお話は
これで、ひとまずお休みです、

ロートアイアン製の製品、ロートアルミ製の製品
どちらも、適所に使うことが出来ました。
素敵なお住まいで、ずっとお幸せにお暮らしくださいね
ありがとうございました(^−^)

千葉県千葉市花見川区
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ