Blue Tiara アトリエ イメージ                      

2014/3/13

壁手摺って  J:壁手摺

階段の上り降りには、必ず必要な、
壁に付ける壁手摺

木製の場合
丸棒で直径32mmや35mmの物が多いです
連続性を持たせて、段差に合わせてくねくねと
ストレートの棒をコーナーで曲げて付けれらていますね

階段の手摺は移動補助の目的の為なので
手摺をぎゅっと握って降りるものではありません
手摺は掴むものです。
だから掴みやすさが大事です。

弊社のロートアイアン製の手摺は
丸棒で直径16mmになります、細い感じがしますが
握る必要は無いので、掴めればこれで良いのです。

ただ、小さな子の場合は、話が違います!
1段1段ゆっくりと上り降りをしますから
握らないと危険なんです
35mmくらいの丸棒では、太すぎて握れません
この16mmなら、大丈夫(*^_^*)
クリックすると元のサイズで表示します
1段1段、声を出しながら「よいしょ!よいしょ」と降りる
永野の長女、詩織ちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します
小さな子は、手摺を握って降りて来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
公共施設に付ける物ではありませんし
家族が主に使う、手摺です
木には温かみを感じるけど
アイアンだって温かく感じるんですよ。

如何ですか(*^_^*)
おしゃれな、アイアン製の壁手摺です
どうぞ、お住まいへお使いください。
すごく良いですよ(*^_^*)
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ