2014/8/28 | 投稿者: さなさん

住宅ローンを組む時には必ずローン返済のシュミレーションをしてみることをおすすめします。
住宅ローンのシュミレーションでは、何をするのでしょう。
返済額の試算、借り入れ可能額の試算、ローンの繰上げ返済の試算などをすることです。
借り方を変えた時に、返済の方法がどう変わっていくかなども計算で出します。
住宅購入時にかかる諸費用の試算など様々な試算をしてくれるシュミレーションもあります。
シュミレーションをすることで、毎月どのくらいの返済ができて、最終的な返済総額がいくらになるかもわかります。

住宅ローンと言うのは返済金額が大きいのはもちろんのこと、ローンの諸費用も思っていた以上にかかると言われています。
住宅ローンを利用するつもりであれば、シュミレーションから取りかかるといいでしょう。
借り入れ可能な額はいくらか、毎月いくらまでならば返済が可能なのかをシュミレーションしてみるといいと思います。

銀行や金融会社が住宅ローン融資を行う場合、返済の負担は年収の25〜35%を越えないようにすることが多いようです。
年収に占める住宅ローンの割合が35%以上になると他の家計に影響を与えて、生活が苦しくなると言われているからです。
年収に対して、何%の返済を年間の返済として設定するかが、住宅ローンのシュミレーションでは検討テーマになります。
0

2014/7/24 | 投稿者: さなさん

美肌のためには紫外線予防が重視されますが、紫外線は肌にどんな作用があるのでしょう。
紫外線を浴びたお肌は、どのような変化があるものなのでしょう。
紫外線とは、太陽の光の中に混ざっている特定の波長の光です。
私達は日頃から紫外線を全身に受けていることになります。

太陽の光には、目で見ることができる可視光線、目で見ることができない赤外線と紫外線があります。
赤外線は波長が長い光で、紫外線は波長が短い光です。
両方の波長の間にあるものが可視光線となります。
より細分化すると、紫外線はA波、B波、C波と波長の長さによって3種類に分けて扱われます。

紫外線C波は、UVCともいいます。
オゾン層で吸収されるため、大気圏を越える可能性を考える必要はありません。
しかし、この頃フロンガスの影響でオゾンホールの存在が確認されていますので、いずれC波も考える必要があるかもしれません。
皮膚に赤外線が照射されても、肌を損ねたりはしません。
赤外線により肌が温まることによって紫外線の作用が促進されます。
紫外線の肌への効果が、赤外線によって助長されることもあるといいます。
日焼け止めクリームや紫外線を防ぐ道具を使って、肌に紫外線を受ける機会を減らすようにしましょう。
0




AutoPage最新お知らせ