2017/1/15

EURO4?(対策の年)  バイク
MOTOGUZZIもだが

欧州各メーカーが新型車だけでなく
みなユーロ4に対応したものになってきている。

(おそらくV7がVになったのはその対策)

トライアンフが水冷化に踏み切ったのはおそらくそのためだろう
(と勝手に思っている)
ストリートツインも1200も

さらには改造車に対する規制なのか?

各車メーカーオプションに留まらず
バリエーションのタイプとして
ボバーなどカスタム車両をほぼ同時販売し始めている。

最近動きを感じていなかったか?
気付いていないだけだったかもしれないが
アプリリアもついに排気量アップして新型車投入らしい
クリックすると元のサイズで表示します

SHIVER900&ドルソデューロ900

排気量アップしてもピークパワーは95PSからほんの僅かにアップの95.2PS
最大トルク発生回転数は下がったみたい。

おそらく乗ればかなりのトルクアップと走りやすさを感じるのではないか?
もしかしたら国産車からの乗り換えでも
違和感を感じない程度に扱いやすくしかしトルクもりもりの
パワー感になっているような・・・

マフラーエンドにはスーパートラップみたいなフタ(?)があるので
(今までの方法では)排ガス測れないよね〜

750が貴重な存在に?
ますます手放すチャンスが遠のく様な〜(汗)

はてさてバンバン200突然のエンスト症状
ハイオクに切り替えてみたが
回避できるだろうか???
1

2017/1/11

ちょっとやられました!(V7V)  バイク
最近はバンバン200でちょこちょこと
でもカメラも持たず
アップもなしです。

なんか気持ちがあるラインを超えないと
ブログも面倒で・・・(汗)

さて、
ブレヴァ750以降
何故かV7もV7Uもトキメカナカッタのに・・・
(好きなスクランブラーバージョンでさえ微妙だった)

ところが、
2017ニューモデルV7Vになって
特にSPECIALですが
ど真ん中ストライクです!
クリックすると元のサイズで表示します

一番気に入らなかった
タンク形状はほとんど変わっていないと思うのだけれど・・・

何故かこのカラーリングだと好きなんだなぁ、、、

*リアブレーキリザーバータンクの位置とか
色々細かな部分の仕上げも意外に影響が大きいのかも?

日本国内には導入されるかわかりませんが
STONEもANNIVERSARYも良いけれど
やっぱりこのSPECIALこのデザイン・色合いが良い。


発売されるとしたら130万円〜140万円ぐらいだろうか?

何をどうやっても買えないなぁ。。。

1200SPORTがあるじゃないか・・・(笑)
1

2017/1/3

謹賀新年(バンバン200)  ライダーの憂鬱
年賀状を投函しながら
少し散歩してみました。

年末激冷えだった割りには
穏やかと言って良いのか?

少し暖かい朝でした。

凍結路面はなく
凍結防止剤の影響で路面は見えているものの
幹線道路を外れると

シャーベット状の雪に
全くグリップせず(トラクションをかけられない)
つまりは前にはほとんど進めない
素晴らしいコンディション(笑)です。

敢えてこれからの1年を占うなら
やはり思うようには行かない≒波乱万丈の日々となる事でしょう!
クリックすると元のサイズで表示します

重い大粒の雪は
顔面に容赦なくぶつかり、非常に痛い
(シールドを下げると前は全く見えず)

まあ、それでも気が向けば走る。
それが自分と言うものだと、、、



もう少しで、気持ちが吹っ切れそうなので
思い切った減車がここ数年で実現できるかも?

出来るだけ濃いバイクライフを目指す年にしたいものです。


あ、

みなさん!
本年もくだらない更新が続くとは思いますが
懲りずにおつきあいください・・・(笑)



1

2016/12/31

少し振り返ってみる  バイク
あまり過去(過ぎた事)を思い返す事のない自分だが
2016年は、引きずってきたことも含めいろいろあり過ぎたので
珍しく思い返してみました。

一番は数十年来抱えてきた大きな問題をすべてクリアし
やっと解放され、
思いきりスッキリしたと言えそうな時期に重なるように
新しい大きな問題を抱え込む事に・・・
(今度は自分の努力ではどうにもならない事/全く別の分野の事)

こうして重荷を抱えつつ日々を送るのが人生と言うものか?
なんて瞬間的には思ってしまった。

常日頃はそんな風に考える余裕もなく
目の前の事を何とかクリアするだけ。

そして、その現実から逃避し心の支えになっているのが
(やっぱり)バイク

乗る事も素人なりに整備らしきことをするのも
辛い現実から夢の世界に
一瞬でも逃避させてくれる素敵な存在であることをまたもや認識する事になった年

ストレスが大きいが故に
抱え込み過ぎた台数のバイク達

金銭的にも維持が厳しいし
よくよく現実を直視し

2017年からは
所有するすべてのバイクを生かし切れるようなところまで
台数を減らさなくてはなりません。
(時間の使い方を変え、もう少し乗る時間をつくる事で、活かせる台数が逆に減ると思います)

楽しめるバイクだけに・・・
基本的には
似たような使い方や乗り味のバイクは重複させてはいけないと強く思うのです。
(今日はこのバイクと迷わず選べる程度には減らさないと・・・)

しっかり面倒を見られる台数にしないとバイク達に悪いし
金銭的にも自分が追いつめられるようでは
???な
バイクライフになってしまうし・・・

具体的な事は何も公表できないし、するつもりもないけれど、
自分の行動には責任を持たなければいけないと
強く思った次第です。

何歳であっても、すべてのバイクに乗る人は
逆算すれば、日々時間が減っているのだと言う事

自分いあとどれだけの時間が残っているのか?を
考えながら生きなければ。。。

20代であっても、30代であっても、仮に60代であっても
基本は同じ
(個人差や能力差でも避けられない現実なのだ)

いつかは乗れない日がやってくる。

だからこそ時間を大事にしなくては-----
クリックすると元のサイズで表示します




ちょっとバイクからは離れるが、

「搾取」と言う言葉に激しく反応した自分を見つめ直し
時間があれば
それにまつわる考えを整理してみたいと思う
年末なのでした。


相変わらずまとまりのない文字の羅列に
お付き合いいただいていることに感謝しつつ
今年最後の一言は
やっぱり

「それではみなさん
良いお年を!」

ですね。



1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ