保健師は公務員を目指すべきか?

2012/11/26 
保健師の資格を取得した人に人気があるのは、産業保健師や保健所の保健師です。
基本的に産業保健師の方が人気があるのですが、かなりハードルが高いのでなかなか就職できずに諦める人も多いようです。
ですので、公務員試験を受けて公務員を目指す保健師も少なくないようです。

保健師が公務員として採用されることのメリット・デメリットとしてはどのような事が考えられるでしょうか?
まずメリットはやはり公務員といえば安定しているという点です。
夜勤なども基本的にはありませんし、土日は休める事がほとんどですので、結婚や出産などで辞める人も少ないそうです。

逆に辞める人が少ないので、なかなか求人枠に空きがでないというのが逆にデメリットにもなっています。
保健所や健康相談員の枠はほとんど増える事はありませんので、だれかが辞めてはじめて募集枠ができます。
なので、長く続けたいという気持ちが、新しい保健師の公務員の道を遮っているともいえます。
0

介護士とホームヘルパーの違い

2012/10/29 
一般的に介護福祉士とホームヘルパーさんの区別があまりされておらず、違いも良く分からないという人が多いですね。
実際に介護に関する仕事をしていない限り、そのあたりの違いを知っているという人は皆無に近い事でしょう。
では実際に介護士とホームヘルパーにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず一番の違いは国家資格なのか、講習の修了者なのかという違いです。
介護福祉士は国家資格ですので、相応の学校や実務経験を経て試験を受ける事ができます。
それに対しホームヘルパーは講習を規定の時間受ければなる事ができます。
ただしホームヘルパーは3級から1段階ずつ上げていく必要があり、3級では家事の補助程度しかできませんので、実質は活躍している人は2級か1級の人です。
つまり、ホームヘルパーの上位職が介護士という認識になります。

また、ホームヘルパーさんは基本的に訪問介護がメインで、老人ホームやデイサービス、病院などにいるのは基本的に介護士さんで、ホームヘルパーさんを施設で見かける事はごく稀です。
0



AutoPage最新お知らせ