2010/3/25

小論文 添削 過去問対策  

小論文 添削 過去問の使い方も解説しています。↓
http://maishu.kir.jp/base/sixyouron/sr-2/tensaku.html
学部が違っても対策は実は同じ理由も詳しく書いてます。
慶應大学法科大学院合格 慶應大学経済学部合格 慶應大学SFC合格
関西学院大学合格等、難関大学合格実績多数



---------------お知らせ--------------------------
慶應大学専用小論文試験のDVD講座は
こちら
http://maishu.kir.jp/service/keiou.html





こんにちは。
牛山です。
合格報告がそろそろ届き始めました!
またみなさんにご報告しますね。




今日は小論文という試験について
考えてみたいと思います。
非常に点数にも関係する内容です。

以下は私が小論文の授業をしに学校に
行った際に言うことがある言葉です。

小論文とはどういう科目なんだろう?
と思って読んでみてください。


『小論文と言っても、難しく考える必要はありません。
小論文はとてもワクワクする科目です。


いつも皆さんは、学校のテストで頭がいいとか悪いとかを
決められているかもしれませんが、小論文はこのテスト
では見る事ができない優秀さを評価してもらえるんです。


例えば皆さんが服屋さんをしているとしますよね。
その時に青色のTシャツが売れたとしましょうか。
黒色がその次に売れたとしましょうか、


こういう時に何色を一番入れたらたくさん売れるのかな?
という事を考えますよね?一番青が売れたのは、
今年の流行色が明るい色だったからかもしれません。


それから、その服屋さんが東京の渋谷だったからかも
しれません。六本木ならもっと違う色の服が売れたかも
しれません。もしかすると黒の方が売れているかもしれない
ですよね。


青と黒が売れたから、濃い色や青と黒の中間が
売れるだろうというのはいかにも短絡的な考えじゃない
ですか。もしかすると白だったら青の5倍売れるかもしれない。


それから季節のせいかもしれないし、
たまたまそうだっただけで長い年月で見た場合はもっと違う
データが取れるのかもしれません。こういう総合的な思考力
を評価してくれるありがたい科目なんです。


そういう風に考えたらワクワクしませんか?』

私がこういう風に言うと、たいてい多くの生徒の目が
キラキラしてきます。

なぜなら、自分の成績で自分は頭
いいとか、悪いと決めていたからです。志望大学を決めた
時点で優秀さが決まってしまうという勘違いをしていたわけです。


小論文試験でどうすれば高い点数をたたき出す事が
できるんだろう?

どうすればいいでしょうか?

●それは理屈をこねることではありません。
●書き方で構成を気にしすぎる事でもありません。
●論理について哲学者ほど神経質に1ミリの狂いも無いように
思考過程を分析していく事でもありません。

●ましてや、反論を加えて相手をあっと言わせる
ことでもなければ
●冷徹に機械の様に、スマートな論文を作ること
だけでもないでしょう。


何が真理なのか?
何がより妥当なのか?

そういう総合的な思考能力、分析能力、そしてその
思考過程を表現する事


これが適切にできるかどうかという事が
小論文で求められている事です。

ある状況を脱する為にどういう意思決定がより
妥当なのかについて、

ビジネスマンが200ページのレポートをまとめて、
パワーポイントでスマートにかっこうよく
時には英語を交えながら何かを説明するような
事があったとして、

それに対して小学校5年生の鼻水をたらした
子が、ぜんぜん違うよ、だって○○じゃん・・・


と反論したとして、例え小学校5年生でもより
現実的な真実に近い内容や妥当な答えを言っていれば
何も知らなくても小学校5年生の方が優秀なのでは
ないでしょうか。

ある意味ではそう言えるはずです。

これはデータとして数値化されない能力とも言えます。
当然ですがその小学校5年生の子に

数学をさせても国語をさせても、社会のテストを
させても全く点数は取れません。

しかし小論文では・・・・

そうです。そのビジネスマンよりも高い点数かも
しれないですね。
小論文では皆さんは数値化されたデータを
論証過程で用いるかもしれませんがその数値化された
一部の現象から帰納法的にこれが真であると、
述べた場合にそれがどこまで正しいかは
全く分かりません。


マギル大学のミンツバーグ教授は
次のような言葉を述べています。

『分析を重視した結果分析をしやすいデータだけが分析され
分析化しにくいデータは無視され、実際に起こっている事とは
かけ離れた戦略が大手をふってまかり通る事になる』

200ページの鉄壁の論証文章が優れているのか、
それともより真に近い小学生の言葉がより優れいるのか、


どちらでしょうか。


私の周りには、学校の成績はからっきしでも異常に
キレるタイプの人間が何人かいました。
数学の計算が異常に速いやつ、
本質的なことをすぐに見抜く奴、
将棋やオセロなどの思考ボードゲームをしたら
たいていこういう人は強い。
テストはいつも赤点でナンパばかりしていても、
いざボードゲームをすれば学年TOPの
勉強好きな秀才よりも強いのです。



もちろんテストの点数が高い人が優秀なのは
当然です。

しかしテストだけが優秀さの基準であると言ったら、
これはテストが絶対的なデータ抽出機能を果たしている
という事と同義になるので、そんな事は無いと
いうことになるでしょう。

東京大学が後期試験を廃止しない最大の理由だと
私は考えています。

ここまでいろいろとお話をしてやっと大切な部分に
たどりつきました。

小論文はまず何が重要なのか?

それは構成、内容、表現であると言えるかもしれませんが、
内容やアイディアが絶対的に優れていれば、
高い評価が得られるという事になります。

どんなに構成がバッチリで、
なぜならば、例えば〜というようなことがきっちり書かれて
いたとしても、それがより妥当な答えから遠ければ、
全く評価の対象にはなりません。

厳しい言い方ですが、世の中のビジネスマンの世界
では、ダメだあいつは・・・

という風に言われてしまうのです。
どうやってその部分を鍛えるのか?

そういう事が小論文の指導ではまず考えられる必要があるし
みなさんが試験の本番で小論文を書くときには、
どうすればそういう主張になるのかという問いを
自分に投げかけ続ける必要があります。

どう書くんだったっけ?
と思えば落ちるけれども、

試験本番で何がより妥当なのか
何がより真実に近いのか

こういう問い、つまり皆さんが大学に入って
自分で学問をする時に自分に問い続ける問いと
同じ種類の問いをする必要があるのです。

日本の教育では多くの場合、
正しい正解を導く事が重視されます。
しかしこれは世界のスタンダードからは
離れています。

例えば世界最高の頭脳が集まると言われる
インドのIITの学生、倍率40倍という超難関
試験を潜り抜けた後に、日本で言うタコ部屋のような
ところで徹底して専門分野を学び続ける大学ですが、

ここの入学試験は数学でも正しい答えが書かれている
かどうかが評価の基準ではないと言います。

その思考過程が評価の対象になります。
何が正解なのかではなく
どう考えたかが評価されるのです。

これは日本がセンター試験を重視しているのとは
非常に対象的です。

数値化されないデータと言えるでしょう。
またアメリカのMITの大学院でも同じように
何が正しい答えなのかではなく
どうしてそれが正しいと言えるのかのその
思考過程が重視されると言います。


常に正解を覚える事を重視する日本でのスタンダードとは
非常に対象的と言えるでしょう。
私達の目の前に答えがあるのは、高校までです。

一歩社会に出れば、
一歩研究を始めれば、


そこに答えはなく自分で答えを見つける力が必要になります。
ではその力とは何なのか、

本当にその力があるのか?

テストの正解ではなく、
パソコンが果たせる役割ではなく、

人しかできない頭脳活動の精度を初めて
見てくれる科目、それが小論文試験です。

そう考えた時、小論文試験での書き方も大きく変わるでしょう。
そして皆さんの小論文の答案はより評価されやすいものに
変わると思います。

後残りわずか、ぜひがんばってください。





---------------お知らせ--------------------------


数値化されにくい思考能力を鍛える
7日間プログラムを希望の方はこちら
http://www.skilladviser.com/base/sixyouron/sr/7day.html


↑ 朝から晩まで聞けば一日で受講終了します。




小論文 添削 過去問の使い方も解説しています。↓
http://maishu.kir.jp/base/sixyouron/sr-2/tensaku.html
学部が違っても対策は実は同じ理由も詳しく書いてます。
慶應大学法科大学院合格 慶應大学経済学部合格 慶應大学SFC合格
関西学院大学合格等、難関大学合格実績多数
0

2010/3/25

大量記憶のヒント 保護者の方へ緊急サービス  

記憶術を同志社大学の受験勉強に使う方法も解説しています。↓
http://maishu.kir.jp/base/kioku.html
記憶術には、メリットデメリットがあります。上手に使い分けて
効率よく勉強をする方法も解説しています。




こんにちは。
ディジシステムの牛山です。

今日は保護者の方限定の内容です。

お子さんが勉強しないとか、このままじゃ合格
できないんじゃないかとか、そういう悩みがある方
はいませんか?

実はそういう方にとってとても参考になる内容の
相談お手紙をいただいたので、あまりにも素晴らしく、
ぜひお悩みを持っている方に見て欲しいと思いまして
ご紹介する事にしました。

↓ こちらです。

http://maishu.kir.jp/base/brogteki/12.html

掲載許可をいただきまして、ご紹介です。
二人とも将来は医学系に進学したいと、そういう
希望を持っているそうなのですが、多くの受験生が
失敗してしまうというのも現実なんです。

医療系は厳しいので。

何が?と言いますと、その競争です。
一日中勉強している人もたくさんいるんですね。

今回なぜこのお手紙をご紹介しようと思ったかと
言いますと、非常にご相談のレベルが高いから
なのです。

http://maishu.kir.jp/base/brogteki/12.html

要するに、非常にいい方向に向かっているという
事です。私がこのような分析面でご協力すれば
必ず合格させてあげることができると確信して
います。

何を基準に?
と言いますと、そういう精度の高い情報を私が
かき集めているからです。

そしてもちろん実績もあります。
ダントツに成績を伸ばすという事ですね。

これは学習ノウハウだけではありません。
学習ノウハウだけで成績は決まっていないんです。

それから配点比率から言っても協力にサポート
できます。
英語の配点も受験では非常に高いですし、
記憶系の科目はほぼカモにできます。

数学を短期間でモノにした人たちの情報をこれ以上
ないくらいに細かく情報収集してご提供している
のが記憶塾 ←記憶術ではなくて塾です。

ですので、実質的にこれらの内容をきちんと実施
すれば、センター試験でもほぼ満点を狙える
細かいポイントまでご提供している事になります。

つまりもう情報のレベルではなくなってきている
ところがあって、最終的に問題になっている
ところをポコンと解決するだけで国立大学はもちろん
医学部も当然十分すぎるほど狙えると
そういう内容なんですね。

そしてこちらのお母さんが書かれているように
実は塾に行くのをやめていたりするんです。

http://maishu.kir.jp/base/brogteki/12.html

塾が害になるケースについてもしっかりと理解して
いて、塾に行っているから大丈夫という、レベルの
低い判断をされていません。


多くの方が陥っている罠とは、ノウハウや情報だけが
問題を解決するというワナです。

この間違いに気付くのが遅れる事によって
一年間予備校に通ってもう100万円、同時に社会に
出るのが遅れてその分の損失とのダブルパンチになり
ながら、私立に望んでいないのに進学して数百万円
多めに払い、そして、何よりも、本当なら可能だった
選択肢を自分で無理だと思いあきらめ悔いが残る
というお金では換算できない損をしてしまう・・・

こういう損失がほんの少しの判断ミスによって
起こり、負の連鎖のようになってしまっている
という事をよく聞きます。


そこでこういう一連の問題を解決する為の
サービスをこの度一度だけですが無料でご提供
する決断をしました。

http://maishu.kir.jp/base/brogteki/12.html

↑こちらにありますのでご希望の方はご検討ください。



記憶術を同志社大学の受験勉強に使う方法も解説しています。↓
http://maishu.kir.jp/base/kioku.html
記憶術には、メリットデメリットがあります。上手に使い分けて
効率よく勉強をする方法も解説しています。

0

2010/3/25

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ