どうも!ここは歌詞です。    

2009/3/20

anNina『対象a』  ひぐらしのなく頃に

アニメ『ひぐらしのなく頃に解』ed
2007年08月22日発売。


フルver
PVが見つかり次第、編集します。



アニメver



あなたの亡骸(なきがら)に土をかける
それが禁じられていたとしても
純粋なまなざしの快楽には
隠しきれない誘惑があった

どうして罪があるのだろう
どうして罰があるのだろう

骨の尖はあまりにも白く
無限につづく闇をさそった
何もかもがあざやかにみえて
すぐに消えてしまう

あなたの思い出に鍵をかける
それが損なわれていたとしても
狂おしい愛情の奥底には
押さえきれない衝動があった

かけらをひろい集めながら
夢の終わりを待っていた

罪があるのは諦めているから
罰があるのは求めすぎるから
何もかもが置き去りにされて
まわる まわりつづける

朝がくれば笑えるだろうか
あの日のように笑えるだろうか
失くしたものは何ひとつないと
願う 願いつづける
0

2009/3/15

タメになる!『日本史のアクエリオン』  その他面白動画集

YouTubeより。



日本の始まりの日 邪馬台国の上に
君臨(くんりん)する女王 卑弥呼の声を 一人で聞いた
開こう朝廷を 造ろう古墳群を
鉄剣(てっけん)抱きしめて 今はどこを平定するの
野望の潜む太子の国書 届かなければ永遠の朝貢国(ちょうこうこく)だった
法隆寺建てる仏教伝来
逆らわないで天皇に
大化の改新のため生まれてきた
710年 平城京に遷都(せんと)する
大仏古事記日本書紀万葉集も作っていた
鳴くよ(794)うぐいす平安京に遷都(せんと)する
道長のその日から 藤原氏の摂関政治は絶えない

院政の終わる後に 平家の終わる後に
鎌倉幕府開いて 源氏の力 見せ付けたいよ
脅威(きょうい)だった元軍の襲来(しゅうらい)
怒りにまかせ倒幕する後醍醐天皇
反感かった建武の新政
分けられたのさ南北朝 両朝合わせるため生まれてきた(義満が)
義満金閣義政銀閣建てている
わぴさぴなどの日本文化もこの頃生まれてきた
一夜むなしく(1467)応仁の乱が起こってる
秀吉の統一まで日本の国に戦乱は絶えない

関ヶ原では徳川が勝って
三百年も幕府を続け
嫌でござんす(1853)ペリーの来航
人は胸騒ぎ(1867)大政奉還
嫌な難問(1877)西南戦争
明治時代には日清・日露戦ってる
昭和に入ると満州支那(まんしゅうしな)事変起こっていた
行くよ俺達(1940)三国同盟結んでる
枢軸(すうじく)の国々は
行くよ一発(1941)ハワイの真珠湾奇襲する(1月7日に)
ガダルカナルまで進軍したけどすぐに形勢逆転
1945年には負けている
敗戦のその日から日本に米軍の駐留(ちゅうりゅう)は絶えない
2

2009/3/14

癒し系の曲!!  癒し系。

オルゴールです。とてもいいです

なんだか癒されます




第二弾。


他の癒し系。





0

2009/3/14

島みやえい子『奈落の花』  ひぐらしのなく頃に

2thシングル。
2007年8月22日発売。
アニメ『ひぐらしのなく頃に解』op


PVが見つかり次第、編集します


アニメver


カラオケver


オルゴールver


さぁ 忘れましょう その未来が
また 血ぬられてゆくなんて
なまぬるい風 とぐろを巻いたら
それがたぶん 合図

抜け出してって 抜け出してって
悲しすぎる運命から
あなたは 奈落の花じゃない
そんな場所で
咲かないで 咲かないで
からめとられて行かないで

音もなく飛び交(か)う 時のかけら

誰がこの手を にぎっているの?
誰がこの髪を なでているの?
今泣いていた もえぎの中で
感じてる 合図

飛び越えてって 飛び越えてって
運命のはぐるまから
あなたは 奈落の花じゃない
そんな場所で
散らないで 散らないで
そして種を残さないで

芽を出せばふたたび廻るカルマ

抜け出してって 抜け出してって
悲しすぎる運命から
あなたは 奈落の花じゃない
そんな場所で
咲かないで 咲かないで
からめとられて行かないで

音もなく飛び交う 時のかけら
0

2009/3/14

星村麻衣『桜日和』  星村麻衣

2007年3月7日発売。
ブリーチ第10期ed。
10thシングル。




十六で君と逢い 百年の恋をしたね
ひらひらと舞い落ちる 桜の花びらの下で

逢いたくて駆け抜けた 陽ののあたる急な坂道や
公園の隅二人の影は 今も変わらぬまま

君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る
まるで長い夢から覚めたように
見上げた先は桃色の空

好きでした好きでした 笑顔咲き染めた君が
僕だけが知っていた 右側やわらかな居場所

桜の下の約束 「来年もここに来よう」 って
何度も確かめあったけど 今も果たせぬまま

君と僕と"桜日和" 風にそっと甦(よみがえ)る
君も今どこかに見てるのかなぁ
あの日と同じ桃色の空

追いかけた日々の中に 刻まれた足跡は
何よりもかけがえのない宝物

君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る
とめどない想いが溢れ出して 涙がこみ上げた...

君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る
まだ見ぬ未来を胸に抱いて
見上げた先は桃色の空
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ