目標はもちろん、九州bP!                             絶対に負けられない戦いがそこにある                             一蹴入魂!
   ようこそ!  太陽U-15ブログ管理者

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/24  差。  NEWS

会場 樋脇総合運動公園

U-13

vs 育英館中 4-0(1-0)
vs 育英館中 2-0(0-0)

U-14

vs 育英館中 1-1(1-1)
vs 育英館中 0-3(0-2)

U-14は落ち着いて、ボールを持てる様になって
きたのは、成長してきていると感じる。
でも、負けては行けない場面で、相手を上回る事が
出来なかった。

相手は、攻守において、やられては行けない場面で
最後の最後に、足が出てくる、身体を張る。

簡単にやられないし、決めるべき時に決めきる。

ウチは、正反対。

その差は、大きいと感じたし、最後に
勝負が決まるのは、その差(質とメンタル)だね。

前日の試合でいつも通り力を出せない部分。
今日の、試合での差の部分。
共通する部分は多いし、学ぶ事が多かった。

U-13は、バチバチとやり合っていて面白かった。
お互いに力を120%出し合っていて、どちらが勝つか
分からない好ゲームだった。

試合には、勝ったけど、内容はどうだったかなぁ?
相手は負けて、凄く悔しがっていたし、気持ちが凄く
出ていた。あの気持ちで、日々、練習していく集団
だったら、1ヶ月後には、逆転されると思うな。

逆転されない様に、日々の練習から、相手以上の
気持ちで頑張っていく事が大切だ!

次回する時には、U-14もU-13も、今日よりも
良い試合が出来る様に、日々成長あるのみ。

2017/4/24  U-13初稽古祭り。  NEWS

会場 かぐや姫グラウンド

vs 鹿児島SC 8-0(3-0)
vs F.Cuore 2-2(1-0)
vs チェステレラ鹿児島 4-0

Gさんに誘って頂いて、素晴らしいピッチで
天気にも恵まれて、沢山のチームと対戦させて
頂きました。

U-13は、現状に満足する事なく、コツコツと
積み上げていける様に、しっかりと努力していく
事が大切だね。

2017/4/23  チェスト後。  NEWS

チェストリーグの後、練習試合もして頂きました。

vs 樋脇中 17-0(8-0)
vs 鹿児島ユナイテッド 8-0(4-0)

コツコツとしっかりと、積み上げていける様に。
N先生、K先生、K君。ありがとうございました!

2017/4/23  チェスト 第5節。  NEWS

会場 吹上浜海浜公園

vs 樋脇中 4-2(1-1)

FW 中島・田中・久木田
MF 永里・廣濱・崎元
DF 長谷川・石田・西園・廻
GK 前田

’55 前田 → 神薗
’55 石田 → 林
’55 西園 → 大坪
’55 廻 → 宗岡
’55 永里 → 鮫島
’55 廣濱 → 工藤
’55 崎元 → 田平
’55 田中 → 平
’55 中島 → 篠原

太陽 総13/14 27 枠5/7 12 決6/8 14
相手 総2/3 5 枠2/2 4 決1/3 4

スタートのメンバーにチャンスを与えたのも事実。
このメンバーでもやれると思ったのも事実。

想像以上にやれなかった。
緊張感のある中で、いつも通りやる力がなかった。
勇気や覚悟が足りない。って事。

攻め急ぎ、ボールを簡単に失う。
その結果、間延びして、攻守に関わりがなく
チームとしても上手く機能しない。

失敗した経験を次に繋げて行く事だね。
ただ、チャンスはいつも貰えるわけではない。

その事も忘れないで欲しい!

2017/4/21  考える。  NEWS

本質を知る事。

それが、考える事に繋がるし、考え方や方法に
繋がっていく。

言葉だけを覚えても、その意味を知らなければ
自分のものになっていかない。

言われた事をやるだけではなく、
なぜ、それを言われるのか?
それをする為に、何が必要なのか?

自分で、考えていける選手になって欲しい。
与えられるではなく、自分から学ぶ・掴む。

そういう環境にしてもっとして行きたいな!

2017/4/19  悔しさをバネに。  NEWS

卓球の平野美宇選手が、卓球のアジア選手権で
日本人として 21年ぶりの優勝。

平野選手が、変わったきっかけは、オリンピックの
メンバーから外れ、オリンピックサポートメンバーと
して、オリンピックに同行した時に、大会に出れない
悔しさを実感してから、その悔しさをバネに、様々な
事に、自分から挑戦するようになった事。

卓球の事は詳しくないけど
世界最高峰の中国リーグに武者修行の為参加したり
自分のプレースタイルを守備型の選手から攻撃型
の選手に変更したりと自分自身を高めた事が今回の
優勝に繋がったみたいだ。

しかも、準々決勝で世界ランク1位、準決勝で世界ランク2位、決勝で世界ランク5位と、表彰台を何十年と独占する事が多かった中国勢を倒しての優勝。

悔しさをバネに、並々ならぬ覚悟を持って行動に
移すことが出来た力を持っているのが凄いね。

ただ、1日1日を無難に過ごしているだけでは、
成長はない。
悔しさをバネに、大きな成長に変えられる行動を
期待したい。

平野美宇選手は、17才。
17才で、世界一位だ。年齢は関係ないね。

何処まで目指してやる覚悟があるのか!

2017/4/17  少しずつ。  NEWS

会場 かぐや姫グラウンド

U-13

vs F.Cuore 3-0(2-0)
vs Trenble 4-4(3-0)
vs F.Cuore 4-0(2-0)

素晴らしいピッチと天気の中で、試合をする事が
出来ました。幸せだね〜。

良くも悪くも、人間性の色んな部分が見えた
練習試合だったね。素が見れて良かった。

前回よりも楽しそうにプレーしていたね。
声やプレーも前回よりもやろうとしていて
積極的なプレーが多かったのは、良かった!

色んな選手の良い表情を沢山観る事が出来たし、
良い所も悪い所も含めて、少しずつ自分を表現し
始めているのは良い事だ。

良い所も悪い所も、チームにとってプラスな行動
や考え方になっていく事が大事だな。

学ばないといけないものは、サッカーの中も外も
沢山あるが、一つずつ、自分で気付き、学んで
身に付けて行って欲しい。

教えて貰うのではなく、観て、聞いて、考えて
自分で身に付ける事が大切。

自分で考え、体験し、身に付けたものは、忘れ
にくく、身体で覚えているものだからね。

また、1週間トレーニングをして、週末に望んで
いける様に頑張ってください。





2017/4/16  スピード。  NEWS

会場 入来総合運動公園

U-14

vs 太陽SC国分 4-3(1-3)
vs 太陽SC国分 5-1(2-1)
vs 太陽SC国分 1-0

課題に挑戦するには凄く良い相手とちょうど良い
人数でみっちりと取り組む事が出来た。

少しずつ持てるようになり、観るものが増えて
きた選手も増えてきたかな。

プレースピードが、変わってきたのは良い事だ。

観る様になってきて、気付いて欲しい所や大事な
部分まで意識している様に感じる選手もでてきた。

このベースを高めたいし、出来る力をもっと身に
付けていきたい。

心の部分でも、成長を観る事が出来た。
熱い魂や情熱は、周りにも飛び火して面白いね。

リーグの中で、どれだけ出来るかな?
1週間良い準備をしてチャレンジして行きたいね。

2017/4/10  スタート。  NEWS

会場 入来総合運動公園

U-13

vs セレソン都城 1-1(0-1)
vs セレソン都城 1-0(0-0)
vs セレソン都城 4-0

U-14

vs セレソン都城 3-0(2-0)
vs セレソン都城 0-1(0-1)
vs セレソン都城 6-0

わざわざ宮崎からセレソン都城さんに来て頂き
試合をする事が出来ました!

U-13にとっては、中学生になって初めての試合。
初めは噛み合わないシーンも多かったが少しずつ
良いプレーも出てきたかな。

U-13は、もっと元気に楽しくサッカーをして
欲しいね。黙ってて喋らないし、観ててサッカー
を好きだっていう気持ちが伝わってくる選手が
少なかったかなぁ。

もっとコミュニケーションをとって、味方の考え
や意図・特徴を早く覚えて、チームの為に力を
合わせて、楽しんで一生懸命頑張って欲しい。

そして、俺はこんな選手だって事を、プレーで
仲間にもっとアピールして欲しいね。

次回に期待しよう。

U-14は、わざわざ監督に試合を観て貰った。
その意味が分かるかな?

チームとしての問題点や課題を違う目線からも
観てもらう事で、色々な考え方が出てきた。
攻撃の部分の問題点をどれだけ向上させていけるか
が、今後半年間の大きな課題だな!

頑張ろう!

2017/4/10  プリンスリーグ開幕。  NEWS

プリンスリーグ開幕戦が、鹿児島で同時開催。

しかも、土曜授業の11:00〜のキックオフ。
有難い事に試合を観に行けた。

鹿児島城西。
神村学園。
ロアッソ熊本ユース。

沢山のOBが、スタメンで出ていた。
手の掛かった学年だったけど、元気に頑張っている。

最終学年だから、悔いの残らない一年間にして
欲しい。一年経って良い報告を聞けると良いな!

はちゃめちゃ世代。頑張れ!




2017/4/6  強い組織。  NEWS

試合に勝つ為には、強いチームになる事が必要だ。

強いチームは、強い組織から作られる。

強い組織って。どんな組織だろうか?

人それぞれ思い浮かべるイメージは違うはず。

自分なら。

自分の意見を言える。仲間の間違いや妥協・怠慢に
対して仲間に言う事が出来る人間が沢山いる集団。

個々に個性があり、個性があるからぶつかり合うが
目的の為に力を合わせられる集団。

そんな感じかな。

各選手も、考えて欲しい。
強い組織ってどんなイメージなのか?

何も言い合わないチームや、妥協しているチームでは
現状より高みに行く事は難しいし、強い組織になる事
はないだろうね。

強い組織・強いチームのイメージがあるのなら
そういう行動を取っていければ、強いチームに
近づけていくんじゃないかな。

あとは、どれだけ拘るか?いつまで拘れるか?

そこも、強い組織には必要だ!

強い組織は、技術や考え方や心の成長にも、良い影響
を及ぼしていくと思う。

三年生にとっては、あと、8ヶ月。
後悔のない最終学年にしていく行動に期待したい!




AutoPage最新お知らせ