目標はもちろん、九州bP!                             絶対に負けられない戦いがそこにある                             一蹴入魂!
   ようこそ!  太陽U-15ブログ管理者

クリックすると元のサイズで表示します

              クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/25  コート作り。  NEWS

一つのコートを全員で作る。

どれだけ同じ絵を描いて、同じ絵を描く為に、
コミュニケーションを取って出来るかが大切だ。

例えば。

象の絵をみんなで書くとして、頭から書く人や
足から書く人。手から書く人。

各々が、相談もなしに描き始めれば、しっかりと
した絵を描く事は難しい。

象の向き、大きさ、書く順番。
同じ象でも、各々のイメージが同じとは限らない。

コート作りも同じだね。

話し合わなければ、上手くできてる様で、小さな
ズレが出来てきて、大きな失敗に繋がる。

コミュニケーションや考え方を合わせるというのは
簡単な様で、意外と難しい。

コート作りも、全員が同じ絵を描いて、行動できる
様になっていければ、試合の中でも、ゴールという
同じ絵を描く為に、もっとイメージを共有する事や
コミュニケーションをとる事も出てくると思うな。

コミュニケーションも、技術だよね。

2017/3/24  グループディスカッション。  NEWS

チェスト2部第3節前に。

チームの目標に対して、グループで話し合いを
して、自分達の目標・やるべき事を再確認。

目標を決め、目標の為に何が必要で、その為に
何をしないといけないのか?

具体的に。

頭では、ある程度、イメージがあるんだろうけど
文字にすると、なかなか出てこない。
漠然としていて、中身が薄い。

1回目の話し合いから、二週間後に、もう少し中身
も含めて、話し合って貰った。

1回目に考えた事に対して、なぜ、それが必要な
のか?をみんなでディスカッション。

目標の為に何が必要なのか?という部分が少し
具体的になってきた。

もう少し話合いが出来れば、より具体的に考えた
事を行動できる様になっていけるかな。

話し合った事を、どれだけ意識して、行動できる
集団になれるかも大切だ!

2017/3/23  シュート。  NEWS

3月は、シュート練習も良くする様にした。

フリーでシュート練習をさせると、良く決めるのは
前線の選手が多い。

速く・重いシュートを四隅に蹴れる選手もいる。

それが、1vs1などのプレッシャーのかかる状況に
なると、決める選手は、前線の選手ではなく、後ろ
のポジションの選手が多くなる。

なんで?そうなるのか?

それは、前線の選手は、余計な事が多いからだと
思う。「目的」の為ではなく、自分のしたい様に。

後ろの選手は、「目的」の為に、必要な事を
シンプルにする。

変な欲を出さない分、しっかりと結果が出る。
目的があるから、シュートまでの過程に考えがある。
んだろうなぁ!

シュートを打つ為に、どう受けるのか?

という考え方と

ボールを受けて、どうシュートを打つのか?

では、判断スピードやプレー成功率は違うだろうね。

そういうのが、大きな差になっていくのかな?

2017/3/22  WBC。  NEWS

先日たまたまTVでやっていたWBCの
アメリカvsコロンビアを観ていた。

6回の裏、0-2でスーパースター軍団アメリカ
が負けている。一点を返し、ランナー三塁。

一打同点の場面で、四番。
昨シーズンのリーグ本塁打王・打点王の2冠の主砲。

2ストライクと追い込まれ相手の決め球に手が
出てしまい、空振り。

それをキャッチャーが後逸。その瞬間に一塁に
全力疾走、ヘッドストライクで間一髪セーフ。

その間に、三塁ランナーは、生還。同点!

本塁打・打点で二冠を取る主砲が、国の威信を
かけて、身体を投げ出してがむしゃらに一点を
取りに行く、魂のこもったプレーに凄さを感じた。

キレイな華麗な得点ではないが、チームに勢いを
つける得点。勝利の為に、最大限の努力をする。
そういう行動をとれる姿にゾクゾクした。

本当に、カッコ良いのは、こういう魂を感じる
プレーを当たり前に出来る所だなぁ。

最近、一年生から、薄れている部分でもある。
何人かは、感じているみたいだけれど。

今週は、テーマの部分と勝利への執着心。
どちらも拘ってやりたいな!

2017/3/21  発症!  NEWS

ついにこの時が来てしまった(T ^ T)

4.5年前から、軽い花粉症にはなっていたが
サプリなどを飲みながら、そんなに悪化したり
しなかったのが、先週の土日で、重症化。

目ヤニと涙で腫れて目は開けにくく、鼻は息が出来
ないほど詰まり、時間帯によっては頭がボーッとして
眠くなる。

昼間だけならまだしも、夜は、鼻が詰まり
2時間毎に、呼吸困難で目が醒める。

市販の即効性の薬と目薬で、一時的に、かゆみや
不快感はなくなったけど、効果がキレたら最悪だ。

なんとも、大変なものにかかってしまった!
頑張るしかない!

2017/3/20  3/19 TRM。  NEWS

会場 東市来運動公園

vs ユナイテッド日置A 0-0
vs 太陽SC国分A 0-2
vs 加治木中A 1-1
vs 太陽SC国分B 2-2
vs ユナイテッド鹿児島 0-1
vs ユナイテッド日置A 3-0

沢山のチームと対戦する事の出来た1日。
参加してくれた各チームの選手・指導者に感謝
で一杯だ。

「楽しんで勝つ。」
「チームの為に考えて、プレーする事。」

を、テーマに1日、選手達に試合・空いている時間
等、自分達で考えて行動して貰った。

考える習慣が、どれだけあっただろうか?

同じ様なミスを連続する選手、同じ様なプレー
ばかりする選手もいた。

目的の為に、どんな事を考えて、工夫していった
だろうか?

失敗を次への経験・判断にできただろうか?

次の準備・イメージ・選択肢がある選手は、
そのアイデアを持ちながら、相手を見て、判断
を変える事も出来ると思うけどな。

そんな選手が沢山でてくると面白いんだけどな。

2017/3/19  チェスト 第4節。  NEWS

会場 かぐや姫G

vs 伊集院中 6-0(3-0)
得]平2・田中・篠原・田平・鮫島

FW 篠原・田中・中島
MF 鮫島・工藤・平
DF 長谷川・林・西園・廻
GK 前田

’30 宗岡 → 長谷川
’55 田平 → 工藤
’55 永里 → 中島
’65 廣濱 → 田中
’65 神薗 → 前田
’70 石田 → 西園

太陽 総 11/12 23 枠 7/4 11 決定 5/5 10
相手 総 2/3 5 枠 1/1 2 決定 1/0 1

やっとリーグ初勝利を上げる事が出来た。

結果は出たが、中身は終始チグハグな80分だった。
ミスが多く、チームとしての一体感。集中力。
に欠けた試合。

チームの為に考えてプレーする意味を忘れている
選手や勘違いしている選手が沢山。

チームが上手く行く為には、周りの選手が
どれだけの解決策を味方に与えられるかが
大切である。

味方の状態、チームの状況を見て、今、どんな
プレーがチームに必要か。

自分のやりたいプレーをやりたい事をやろうと
するだけでは、上手くいかない。

いつするのか?どこでするのか?
どうやってするのか?が大切になってくる。

考えて、プレーする集団になって欲しいな。

次戦は、4/22(土) 会場 吹上浜海浜公園
10:00〜 vs 樋脇中

1勝1敗2分 勝ち点 5 得点 7 失点 4 得失点+3

2017/3/18  メンバー発表。  NEWS

リーグ戦のスターティングメンバーを前日に発表。

前日の過ごし方。
試合への気持ちの準備。
w-upの仕方。

うまくいった部分。いかなかった部分。

自分なりにどうだったのか?
評価して、次に繋げて欲しい。

2017/3/17  まごにわやさしい。2  NEWS

忘れた人は、こちらから。

翔太と汰希のインタビューも(笑)



2017/3/17  まごにわやさしい。  NEWS

韓国遠征の、味の素の栄養講習会で、「勝ち飯」
と題して、試合で良いパフォーマンスを出す為の
食事の重要性を講習してもらいました。

どれだけの選手が、学んだ事を意識して継続して
いるでしょうか?

キーワードは、「まごにわやさしい。」
食事でとっておきたい栄養素の頭文字。

夜、自分がどれだけ取れているか?
確認して、足りないものは、次の日にはとれる
様に意識して取る事を習慣化していけるように
なりましょう。

日本代表選手も、実践している方法。

長いリーグ戦の中でも、怪我や疲労を溜め込まない
為に、食事・睡眠はとても大切です。

エネルギーゼリーなどの説明や効果も学びましたが
自分が出来る範囲で、実践しているだろうか。

勝利を呼び込む勝ち飯!

クリックすると元のサイズで表示します

2017/3/16  ドリブル。  NEWS

昔懐かしいトレーニングを久しぶりにしてみた。

20×35mのグリッドの端から端までをグリッド内
にいる相手を突破していく。という簡単なTR。

それを20本したら、終了。

2.3分したら、殆どの選手が、疲労困憊に。
100%でしか突破していく方法しかない選手ばかり。

それは、すぐに疲れるに決まっている。

賢さやズルさをもっと使えば、100%でする必要は
ないし、緩急や相手の気持ちを削いで行ければ
相手は奪いにくいと思うんだけど。

それが、なかなか難しいみたいだ。

試合の中でも、試合のスピードをコントロール
できる選手が少ないのは、こういう感覚が少ない
のもあるのかもしれない。

全て、凄いスピードで、プレーしてしまうが
もっとスピードの使い方を考えれば、やれる方法
は沢山あるんだと思うけれど。

このTR。昔は、真夏の暑い中や、50本終わるまで
やらせていたけど、そういう基本的な力は昔の代の
方があったのかもしれないな。

もしかしたら、ズルと賢さが優れてたのかな。




AutoPage最新お知らせ