한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/19

インターネットは異次元空間。『はがき道』で補うことによって現実の地上に脚を降ろすことができそうです。  携帯入力速打法

 私はパソコンとケータイ両方を使って、ブログのアクセス総数がもうすぐ6万に達しようということで、どうやらヘビーユーザーのひとりであることは間違いないようです。

 しかし、これまでやってきて、たまにコメントを下さる人も匿名だし誰に読んでいただいているのかさっぱりわからないために、どこか現実世界ばなれした異次元宇宙のできごとのような気がしていました。

 空から蛙や魚の死骸が降ってきて、いつ今度はおとぎ話のように人間が降ってきてもおかしくないぞと、空をこわごわと見上げたのはつい数ヶ月前のことでした。

 高齢になると、そこに誰もいないのに『さっきまでそこに誰それがいたよ』と言うようになる人がいます。まさにわが父がそうでした。『園田さん!』と、はるか前に亡くなった配管の同僚がそこに来ていると思って呼びかけていたのです。

 でもさらに認知症が進むといつの間にかそれも言わなくなりました。

 それまで夜の8時きっかりになるとガタガタ、ギーッと音をさせていたのがお祓いやお経を上げてもらったら、ぱったりやんだなんていう不気味な話も、ホントかな?と思いつつもたまに聞くこともあるにはあります。

 インターネットの世界はどこかそれらの話に似ています。

 これをいかにこの地上の現実世界に降ろしてくるかですね。
 私はそこに(はがき道)を加えたらどうかと思うのです。

 インターネットと言っても議員だとか色々な団体のホームページだとか、住所がわかる人もいます。そこへ、はがきを書いてみるのです。
 匿名でコメントを書いてくる人も多分あの人だと見当がつく場合もありますから、はがきを書いてみるのです。

 ほかの人のHPにこちらからコメントをしたりと、2チャンネルみたいなところに書き込みをしたりと、こちらから出かけていくのもよいかも…

 ブログの書き込みは毎日100件ほどの来訪者があっても、【ヒトリゴト】の孤独感があります。

 横につながる意味で関連した記事を見つけてトラックバックを試みるのもよいかもしれません。

………………

ケータイ速打法
【わかりました】=【わかり】【ました】=【58】【69】
単語登録をするのは【58】を【わかり】とし、【69】を【ました】とするだけです。

【するだけです】=【するだけ】【です】=【31】だけ【41】

 ケータイの記憶機能が働きますので、【31】を【する】と単語登録しておけば、一回【する】の後ろに【だけ】と続けて入力してやれば、あとは【31】とうつだけで勝手に【するだけ】ではありませんか?とばかりにケータイが選択肢を最上位に持ってきてくれるのでありがたいものです。
 
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ