한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/9/30

空気ほど旨きものなし豊の秋 成田千空…堀内豊秋大佐の気持ちを表現したような句ではないでしょうか?  隣国との友好と平和

 インドネシアのセレベスに落下傘で舞い降りた堀内豊秋大佐は、終戦後日本の家族の元に戻った後に、オランダに呼び出されB級戦犯として、ほかの誰かがやった残虐行為(事実関係はよく吟味する必要がありましょうが)の罪を被って処刑されたと聞いております。

 この句は堀内豊秋大佐が戦争から戦争、戦闘から戦闘、猛訓練から猛訓練への人生からつかの間、熊本北部町の実家に帰郷した時、ホッと吸った平和な空気が何と旨かっただろう…としみじみ回想しながら、処刑の日を待つ牢の中で詠んだ俳句…と仮に想像するなら、実に味わい深い反戦句となります。

 【空気】とは、ただの空気ではなく、戦のない平和国家の【空気】と読むのです。

 また【豊の秋】からは、黄金色に染まった一面の稲穂が、美しい平和な日本の象徴のようにありありと目に浮かんできます。

 私は二本木の家のすぐ近くを幅の広い道路が建設されるに伴って、池田町に引っ越したのですが、熊本電鉄の【韓々坂】停留所から今の崇城大学あたりにかけて、稲穂を垂れた黄金色が山の際まで広がっていた光景がありありと浮かびます。

 当時、東京オリンピックを見たばかりで、日本期待の飯島選手にかぶれていました。100メートル短距離競争の【位置について】でラインに両手をついて、【ドン】で前傾姿勢のまま走り出すスタートダッシュの練習を、道を歩きながら時々思い出したようにやっていたものでした。

………………

ケータイ速打法の提案

 句読点

【、】=【わた】=【04】
【。】=【わな】=【05】

と単語登録しておけば、【0
♯♯♯♯♯♯…】と何度もキーを押し続けなくてもよいのです。

一回【04】と打って【、】を出した後は、【0】の1打か2打だけで【、】や【。】はケータイの学習機能が働いて出てくるようになりますから、入力し始めだけの打数省略にはなりますけれど…
 
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ