한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2017/4/20

バーベルスベルクは、バベルの塔に似てはいないか?  村のあちこち村おこし

ベルクという語尾は、ハイデルベルクと同じです。

1787(インナー花柄、どんな感性?)という語呂合わせで寛政の改革の年号を覚えましたが、浅間山の大噴火の故もあって天明の大飢饉がありました。

   それよりも(異端バナ)と語呂合わせした方が私には良さそうです。7を(た)と私は読むようにしていますので…

   寛政異学の禁ですから(イタンバナ)はふさわしいと思います。ちなみに1790年のことだったので、異学の古学を0として、押さえつけている様子をイメージさせます。

  天明飢饉があったが故に寛政の改革が必要になったという流れだと把握できます。


   テンキーボードで寛政の改革が始まった1787を表現すれば、《休め》の形をとっていた人が、《気をつけ!》の号令とともに脚を引っ込めて直立不動になるところみたいです。


   松平定信の謹厳実直なイメージの寛政の改革を連想させます。


 天明の大飢饉は、1782年に始まったそうですから、テンキーボードで表現すると、井戸みたいな深い穴になっています。

  穴を覗いても食糧はまったくないという、危機的状態です。

   浅間山噴火がその翌年1783年ですから、今にも噴火を始めそうな噴火口の形と、噴火を始めた形だと思えば、飢饉と噴火を関連づけて覚えることができます。


  また、1793年には松平定信は老中を辞めて将軍家斉のやりたい放題な時代になり、1787年に(気をつけ)で始まった寛政の改革は、わずか6年の1793でしかなかったようで、歴史的に大きな箱(1793)は知名度は高いけれど意外に短いものだったようです。

  その変化を、狭い穴である1782から1793へと、器の幅が広くなったことに託して…

  熊本に関連づけて覚えるとするなら、1755に肥後藩校時習館ができました。作ったのは(肥後の鳳凰)と呼ばれる細川重賢公で、亡くなったのは1785年で、時習館ができて30年後でした。


  その2年後の1787に、寛政の改革が始まったというのは、何かの影響があったと関連させるのが、記憶しやすいですね。

   1755の1101はリスボン大地震として記憶しておきたい。語呂合わせは【津波ゴーゴー)ですかね。

  11月1日というのは、視覚的に津波のイメージですね。311にしろ、1という数字はどうも津波に縁がありはしないでしょうか?


  1791年は、テンキーボードでは、【まらあ】。三角定規の形になります。3対4対5の三平方の定理を思い浮かべながら、3+4=7ということですから七分積金制度を連想します。

   1790年には、囲い米の制度ができました。テンキーボードで表現すれば、

【あまら=179】で直角になっている蔵を思い浮かべ、その中に【わ=0】。

  下の方に隠すかのように、チョコっとずつ米俵を積んでいるイメージになります。

【1790=あまらわ】の囲い米から【1791=あまらあ】七分積金まで、貯蓄が進んだと、連続した動きで絵を描いて覚えることができそうです。

   【あまらあ】の三角定規の形は、ピラミッド状に米俵が積み上がった姿です。

しかし、せっかく蓄えたものを【あまらさ=1793】で、定信が退くと、パーッと使いきってしまおうという家斉のいいなり気ままな時代に移っていくという流れ。

************* 

1841(卑しい店舗水の泡)
天保といえば、 大飢饉が有名だったですかね?

ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω


 ジャボチカバという、ブラジル南部原産のフルーツありと、テレビで初めて知りました。

   ジャンボで、庭に植えたら近場で収穫できるそうなので、ジャボチカバ。



  あるいは、モノマトペを活用して、美味しい巨峰に似た、汁気の多い果実にジャボっとかじりつく瞬間を思い出すことにしました。 

  巨峰みたいな実が、木の幹から直接つくというのです。

  いつか手に入れたいと思います。萌の里あたりに一本植えておけば、人寄せパンダにはなるのではないでしょうか?知人の知人がブラジルにいくとのことですから、チャンスをみつけてジャボチカバを食べて、その種を持ち帰ることが可能かどうか。


ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω

   ゲレロ州イグアラでアヨツィナバ師範大学の学生たち数十名が、市長夫人の指示によって捕まり麻薬組織によって焼き殺されたというはなしあり。

   不気味なイグアナが、アンヨをつっぱりながら、強そうにポーズを取るイメージです。


iPhoneから送信
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ