한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2017/5/6

ヌルハチ・ホンタイジ。秀吉の朝鮮出兵が玉突き。まさに東アジア大戦  村のあちこち村おこし

   明の滅亡は、李自成の乱によって1644で、日本の江戸時代ですね。


    日本では、1639に(広い柵)を設けて鎖国を完成したばかりの頃です。



  大海人とは大甘な人なんでしょうか? わかりません。


   卯胡乱(チョンミョホラン)という、朝鮮へ後金が攻めてきて、王を屈服させた歴史的事件を覚えました。

 162のこと。

  後金がまだ中国に進入して、清を名乗る前のことだったのですね。

163は、子の役(へいしのえき)またはピョンジャホラン


   27年から36年の、9年間隔で、後金つまり後の清国に連続して攻め立てられて朝鮮は屈服させられたということです。

   それから8年後の1644年に明の滅亡。


   原因→結果・原因→結果の連鎖で歴史は進みます。


  ところで、庚午年籍670・壬辰の乱672・庚寅年籍690と、干支名の事件・用語が続きます。

  午から寅で20年の経過。

   この3つのできごとも、セットにして連続で覚えることにいたしましょう。 


  壬申の乱672の原因などは、誰がどうしたのか、さっぱり私の頭に入っていませんが、何とかその構図と意義とを理解するようにならなければ到底、通訳案内士にはなれません。


  のちに天武天皇となる大海人皇子の妻は、天智天皇の娘の持統天皇だとか。

  大海人皇子は権力争いに勝って、天武天皇になったとのこと。非常に複雑ですね。

  頭がこんがらがってしまいますが、根気よく大海人皇子→天武天皇ということだけを覚えることにしましょう。

  壬申の乱と壬辰倭乱とは、申と辰の違いに注目して、混同を避けたいのですが、壬申の乱では、琵琶湖の畔の大津の宮から申の方角に進んでいったことをイメージし、壬辰倭乱は、朝鮮から見て辰の方角から日本軍が侵入してきたことだとして区別することにします。

  壬辰・丁卯は、ワンセットで覚えようと思いますが、二度目となる丁卯は、卯の方角つまり東から侵入してきたとイメージしようと思います。

   1回目には、朝鮮半島南部の晋州ではものすごい抵抗に日本軍はあっていたようですから、今度は卯の方角から…釜山でしょうか?

? ??? ??? ? ? ????. 

   庚午年籍670と庚寅年籍690との間には20年の経過があり、権力争いの戦もあり、再調査の必要があったんでしょうね。

  というよりも20年間隔で調べるのは理にかなっていますね。


? ??? ??? ? ? ????. 

  将棋界では、佐藤天彦名人の名前は覚えておかなければ…将棋から目を離していた間に、全く知らなかった人が名人になっています。

   少し前の名人・佐藤康光さんと間違えないようにしなければ…
  いっそふたりセットにして覚えてみましょう。


  なぜか園田天光光さん(テンコウコウ)という戦後初の女性代議士の名前が浮かびました。なにせ熊本ゆかりの政治家ですから。

? ??? ??? ? ? ????. 

  復習です。

  甲子園ができたのは1924年のこと。

  甲子園の甲は、亀の甲羅の四隅がガッチリしているところをイメージして、1924の4となります。

  乙未事変の乙の字を見たら、(^_^)サイコロマークの五をイメージすることにいたしましょう。 王宮には未(ひつじ)の方角から侵入したのかも知れません。

  《天正壬午の乱》という、本能寺の変の後、甲斐武田の旧領を家康や上杉らが切り取り勝手に攻め合った事件を、知りました。


  家康が勢力を増大させて、秀吉と対峙することになった事件なので、家康が午の方角、すなわち南から進出したであろう姿を想像して、これは覚えることにいたしましょう。 

? ??? ??? ? ? ????. 

  武川鎮軍閥・関隴集団というのが、隋・唐の貴族として支配層になっていたことを、初めて知りました。

  関隴集団とは韓流に似た音になりますが、もちろん関係なく、関は陝西省の函谷関の関でしょうか?そして隴は隴西の隴ということで《かんろう》と読んでもよいのかも知れません。

   隋唐演義を読めば、武川鎮一帯に王気が集まってきたという、その辺の事情を詳しく把握できるかも知れません。


iPhoneから送信
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ