うつ病にはどんな治療法がある?  

うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)で一般的に用いられる治療方法は、以下の通りです。


・薬物療法
・認知療法
・対人関係療法
・分析的精神療法
・環境の見直し

薬物療法では、うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)に効く薬を服用して症状を改善します。


効果には個人差があるんですが、うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)と診断された場合、この薬物療法が用いられることがほとんどです。


ただ、薬の内服のみでは根本的な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)にはならないことが多いため、他の治療方法と併用するのが一般的だといえますね。


例えば、鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも少なくありません)患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)に多い悲観的な考え方を修正する認知療法や対人関係の持ち方を見直すことによってうつ病を解消する対人関係(いかに良好に保つかが日々の生活を快適に過ごせるかどうかの鍵になるでしょう)療法などと併用する為す。


潜在意識を自分で自分の意思によってもコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)できるようにする分析的精神療法という治療方法もありますが、どの療法が効果アリかは人それぞれ違います。


もし、生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)環境がうつ病の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)だったり、発症したきっかけになっているのなら、できるだけその環境を変えるといったのも効果的でしょう。


一言でうつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)といっても症状は人によっては異なる為、自分で治療法を選択するのではなく、医師(不足気味だといわれて久しいですね。
選択の余地もないような地域も少なくありません)の判断に任せるようにしましょう。
0

予備校には通った方がいい?  

周りの受験生が予備校に通っていると、自分も通わない限り不合格になるんじゃないかと焦ってしまう人もいるかもしれませんね。


でも、予備校には通った方が良いんでしょうか?

予備校(明治時代にはすでにあったそうです)は専門的に大学受験対策をしてくれるところではありますが、予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)に通った人がみんな志望校に合格出来るわけではありません。


予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)は通った方がいい人と通うとかえって逆効果にしかならずにしまう人がいますから、自分がどっちなのかを見極めることが大切になります。


例えば、予備校にさえ通っていればなんとかなると思って、惰性みたいにして予備校に通い、能動的に授業を受けているような人は不合格になってしまう可能性が高いわけです。


みんなが通っているから通う、みんなが受けているから講座を受けれねいう態度では、予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)に通っていてもあまり成果があがりないのです。


自分で学習カリキュラムを立てて、貴方には何がいくら要りそうか、そのためには、予備校をどう利用するのがベストなのかをじっくりと考える人なら、予備校(明治時代にはすでにあったそうです)に無駄なお金を支払わなくて済みます。


予備校のいいお客さんになってしまわないためにも、受験勉強は人任せにしないで、自分で真剣に考えるようにされて下さい。
0




AutoPage最新お知らせ