2012/3/23

卒業です  

門出の季節ですね。

うちの二人の子供たちも、卒業&卒園です。
昨日、姫の小学校の卒業式、そして今日は坊の保育園の卒園式でした。

今時の小学校の卒業式ってすごい演出なんですね〜。卒業生と在校生(5年生)がミュージカルのような掛け合いで送る言葉とそれにこたえる誓いの言葉を述べるんです。
それも、出来のいい子が代表でとかじゃなく、全員がちょっとずつセリフを担当するんです。歌も4曲くらい入るし。
このごろ、姫が毎日のように「今日も卒業式の練習が2時間ある」とか言っていたので、証書をもらうのにそんなに練習が必要なのか?と思っていたんですが、実物を見て納得しました。あれは練習が必要です、確かに。

それだけのものを見せてもらって、親としてはもう先生に「よくも仕込んでいただきました」と頭の下がる思いです。
証書をもらうときも、自分の将来の夢を宣言してからもらいに行くんです。ちなみに姫は「オーケストラに入って聴く人を幸せにしたい」だそうです。全然知らなかった…

  
クリックすると元のサイズで表示します


今日の保育園の卒園式は、卒園児が10名だけということもあり和気藹々とした中でほのぼのと行われました。
まだちょっと足元に不安のある坊ですが、証書をもらうのはなかなかきびきびと、びしっときめてくれました。
その後、保護者会からの贈り物の贈呈を代表でもらう役もおおせつかったのですが、こちらはもらうものが大きい&重いのでちゃんと運べるか?と不安でしたが、こちらも難なくクリア…
親が思うよりも、坊はたくましく成長しているようです。

10名のうち、8名が同じ小学校に入学するということで、ちょっと安心。
登校時間の前に出勤しなければならない我ら夫婦にとって、坊が一人で登校できるのか?というのが一番の不安なのですが、これも今までのように保育園に送っていき、登校時間になったら保育園から学校に出してもらう(保育園と学校は細い道ひとつはさんでお向かいにあるのです)ことでなんとかなりそうです。
坊としては「どうして保育園に行かなきゃならないの?」という疑問がわきそうですが。もちろん、自分で「もう保育園にはいかない、自分ひとりで学校に行ける」と言ってくれたらそのときには一人で送り出せるようになっていると思うのですが。

さて、4月になったら今度は入学式が2つです。
こちらは姫のほうがちょっと不安のようです…今まで1学年2,3クラスしかない小さな小学校から1学年5クラス(1クラスの人数も多い)もある大きな中学校へ行くので、知らない人ばかりだったらどうしよう…と思っているようです。
でも、なんとかなるもんだ、と親は自分の経験をもとに語るわけですが、今の姫には気休めくらいにしか聞こえないみたい。

まだまだいろいろありそうな季節ではあります。ドキドキ。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 感染症・ウイルスの病気へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ