東工大アニメ研で部員が日々奮闘しながらアニメ制作をしている様をつらつらと書き連ねるブログ

2011/7/25

2011年前期アニメ研活動記録  制作

みんなメ研ブログ放置しすぎひどすと思ったので更新しておきます。
お久しぶりです。ラフ井です。
せっかく設置されているブログ、
定期的に書き込みする体勢になっていないので
このようにほとんど放置されているのですが、
このところアニメ研内の様々な体制を改善しようとする動きがあるので
そのうちこのブログの定期更新体制も確立されるかもしれません。

では、具体的にどのような点が改善されようとしているのかを中心に
2011年前期のアニメ研の主な活動について記録しておこうと思います。


まず新歓。
2011年の春を迎え、新入生を呼び込むべく、
新歓作品「Titans」を春休み中に制作。
これはゲーム「Rewrite」のOPを元に、
差し替えMAD風にアニメ研の紹介をする作品でした。
監督藤井君渾身の新図書館の3DCGを筆頭に、
作画撮影共に力の入った出来でしたが
肝心の全体オリエンテーションでの初披露では
音響面などでトラブルがあり残念でした。
ですがその甲斐あってかどうかは分かりませんが、
2011年の新入生は大豊作!
10人以上の入部者がおりました。

新歓後は夏の研連上映会向けの作品制作がスタート。
今回の目玉企画は藤井監督5作目の全体制作、
日常OP東方パロディ作品「幻想郷の日常」。
春アニメ「日常」のOPを東方キャラで差し替えた
(ニコニコ動画風に言えば)手描き差し替えMAD。
これまでにも「Kiss×sis of Scarlet 〜 東方紅魔郷」など、
東方差し替え作品を作ってきた藤井君ですが、
今回の制作はこれまで以上の力の入れようで、
怒濤の一人原画、キャラデザ、作画タイミング共に
圧倒的な再現度を誇ります。
「Kiss×sis of Scarlet」よりさらに徹底した原画動画体制を構築、
例によってアニメ制作初体験の新入生にも
容赦のない動画作業の分配、
「中割り」とは何か、先輩方が手取り足取り教え、
絵が描けなくてもやればみんなできちゃう
ということを実感しました(たぶん)。

完成した作品をニコニコ動画にUPしたところ、
何とニコニコデイリー総合1位を獲得!
27万再生を突破、大変な快挙を遂げました。すごい!
(蛇足ですが、にとりが撃っているガトリングの
爆炎や火花を描かせてもらいました。)

研連上映会後、期待していた通り、
新入生たちのやる気が刺激されたようで
早くも新入生習作の作品制作がスタート。
(例年夏休みの合宿が企画スタートなのを考えると異例の早さです)
最近部室内で音ゲーが大流行なのを受けてか
音ゲーをテーマにした作品になるようです。
真面目に作っているようで楽しみです・・・。

結局部内の体制の改善について何も書いていませんでした。
挙げるとすればまず毎週部会後の部室内の掃除。
これまで不定期に行われていた掃除を、
毎週水曜日、部会のあとにみんなでやろう
そういう体制が確立され、きちんと続いております。
大変いい習慣ですが、それでも部室は常にものが散乱し、
だれの物か分からないもので溢れています。
みんな片付けようね!

制作体制で大変重要なRetasの導入の話題とか
あるのですが、専門外なので割愛。

ところで、今年からアニメ研の部誌が変わります。
これまで、部誌と言えば近作集に付属する部員全員の
イラスト集という誰得な冊子だったわけですが、
作品制作の裏話、今期のアニメのレビューなど、
きちんとアニメ研らしい内容の冊子が誕生します。
ご期待下さい。

大変分量の多い記事となりましたが、
滅多に更新されないので仕方ないよね!
最後に!わたくしラフ井の制作について一言。
ただいま、次回作「-CORD-」を制作中です。
30分近い(下手すると以上)大作になる予定ですので、
完成は2012年の冬上映会を見越しての制作です。
出来れば夏の上映会がいいけど・・・どうかなあ。
これまで以上に超!本気の作画をしますのでご期待下さい。
あ、脚本も頑張ってます。はい。

最後の最後に、東工大アニメ研は
今年も和気藹々と楽しくやっております。
(麻雀したりjubeatしたり弐寺やったりetc・・・)
それでは皆さんご機嫌よう。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ