おやじ News! watch-dogs

代表・下爺のひとりごと。
昭和40年代前半・少年時代のお話から、現在取り組んでいる
「まちづくり」のお話、環境、科学、そして家族の事まで、、、。 
全部書きます!!

 

カレンダー

2016年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

京町屋(家)の種類

       厨子二階(つしにかい)       2階の天井が低く、虫籠窓がある。近世後期に完成し、明治後期まで一般的に建築された様式。              総二階(そうにかい)        2階の天井が1階並みにあり、木枠にガラス窓が一般的。明治後期から昭和初期にはやった様式。                           看板建築(かんばんけんちく)       町家の表側を近代的に改装したもので、昭和中期の高度経済成長期に改修が施されたものが多い。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ