Lilypie - Personal pictureLilypie Fourth Birthday tickers Lilypie - Personal pictureLilypie First Birthday tickers
学級閉鎖  

ややちん、3日間学級閉鎖でした。
小学校、クラスで5人インフルだとなります。
朝の10時にメールで案内、正直、恐怖のメールです。

週末の時点でやばいと読んでたので、親に相談。
快く引き受けてくれました。

初日、2日目は実家で。
朝、じいちゃん、ばあちゃんが交代で駅まで迎えに来てくれ、朝も遅刻なく、有り難い限りです。

初日は、ママ祖父の命日。
お坊さんのお参りに、親戚のお参りにと、お手伝いやママ大好きな叔父叔母に会えて、ある意味貴重な体験ができたのかな?と。

2日目は朝からSCに行き、平日ショッピングを楽しみ、ばあちゃん散財させたとか。

ユーホーキャッチャー一回の挑戦でつむつむのぬいぐるみゲットはおみごと。
パスタ食べて、ばあちゃんは、普段なかなか出来ないこと出来たとか。そういってくれると、救われます。

そして3日目。
楽しいけど、遊び相手がいないことがストレスか、学校行きたいと言い出した。

うちで過ごすも、ばあちゃんぐうたらはいかんと、万華鏡ミュージアムに連れていってくれました。

さすがは平日、スタッフさんの対応もよく、館内見学から万華鏡作りまで、すごく満喫したみたい。

3日間とも夕方はお稽古で、助かった面も。

3日間とも面倒見ていただいたことに、感謝と共に正直申し訳なさと罪悪感が高まり、日がたつにつれかなり凹み気味でした。
でも、最終日の夜、お礼かけての電話で、ややちんのこと、よきも悪きも指摘してくれたり、ママのしらないややちんの様子を教えてくれたり、時には優しく時には厳しく接してくれたことに、ある意味、いい機会だったのではと。ややちんにとっては、忘れられない祖父母との時間になったことと思います。

相変わらず、甘えてばかりの娘ですが、本当に
ありがとう。

感謝のきもちを忘れずに、親子でじいちゃんばあちゃんに触れ合いそして支え会う関係を気づけたらと思いました。

そして、姉妹二人のママ、30〜40年後に二人の子供をサポートしてあげたい、したいな〜!と思いました。
0

やや〜!ななたん4才半  

やや〜!
ややちんの事をこう呼ぶ時もあります。

そんなななたん、文字の習得度が急上昇。

秋ごろ、ようやくひらがなたるものを絵ではなく文字と理解し始めたかと思うと、絵本の文字を指しながら声に出し、年末はかるたの読み札を。

そして、あいうえおが理解できると、今度は
まねして書くように。

昨日、おふろでひらがな表を見せて、聞いてね!
というと、
あ、かさたなはまやらわ、いきしちに、ひみいりい、、、の順に、お話カルタの読み札を全て暗記で読み上げてくれました。

これには、ややちんもびっくり、全て読み上げるまで3人湯槽に浸かりっぱなし。からだもポカポカになりました。

ちなみに、ななたん文字スイッチOnのきっかけになったかな?お正月にプレゼントした絵本はこちら。

あっちゃんあがつく―たべものあいうえおクリックすると元のサイズで表示します
0

ふたり仲良く七五三  

大安吉日、晴天の下、姉妹そろって仲良く七五三。

両方のおじいちゃんおばあちゃんが来てくれて、
みんなでお参りすることができました。

これって本当に本当に幸せなことです。
みんなが元気でいること、子供たちのことを思ってくださっているっていうこと。

いろんなこと、いっぱいに感謝して、お参りさせていただきました。

娘ちゃんたちも、この日はおとなしいお姫様〜。

と期待していたのですが、ななたんは、なれない着物姿に境内、下駄は脱げるわ尻もち付くわ、写真を撮っても変顔するし、ややちんもそれにつられて大笑い。そのうち着物がずれてくるし、、、、と、付き添い人のママは大変でした。

でも、これが姉妹そろっての七五三の本当の姿。
一人だった前回とは大違いですが、それも思い出と、楽しませていただきました。

お参りあとはみんなで歩いて、近所のお店で会食。
ややちんんは、名物卵かけご飯をがっつり食べて、元気そのもの。
ななたんも、おじいちゃんおばあちゃんにいっぱい元気な姿を見てもらって、本当に楽しい一日を過ごすことができました。
0

ななたんの水疱瘡  

ななたん水疱瘡になりました。

ことの発端はこの3連休。
台風接近の日曜から39℃のお熱で元気ながらも外出を控えるややちん。台風一過の後もお熱は下がらず、お出かけができない消化不良の月曜の夜でした。

お風呂でななたんの背中に2個ほど水ぶくれが。みずいぼまたできたわ。虫刺されかな〜って思っていました。そのまま翌朝保育園に、そしたら昼前に保育園からお電話。

「ななたん、最初はなんか虫刺されかな?って思ってたのですが、よく見るとぶつぶつが数箇所に。クラスの子でも水疱瘡?のお友達がいるので、よろしくお願いします」って。

水疱瘡って言ったら1週間程登園できない伝染病。なのに今週は仕事がてんこ盛り、、、時限爆弾がついに爆発した気分。
ひとまず、その日は早退して、お迎えし、あれこれ作戦会議!

聞いていたけど使ったことがない病時保育施設を思い出し、だめもとで電話してみたらすんなりOKって。そのまま役所で手続きをして病院に。診断書を貰いスケジュール調整。

翌日から、水疱瘡ななたんの病時保育生活が始まりました。

初日は、初めての病院、ややちんんがお世話になっていただけに、病院に対する憧れがあったのか、未知の世界にワクワク。診断、入室、隔離室での1日を楽しく過ごしました。

が、2日目。朝から「びょういんほいくえん、い〜かない!だってななたんないちゃうもん!」って。2歳児、こんなにしっかり拒否できたかな〜。

道中も昨日の風景を思い出したのか、「行きたくない、行きたくない!」を連呼。
入室後もママから離れず、何があったのか、本当に寂しそうでした。


が、お迎え時には、この日一緒に過ごした2歳前の男の子のお姉さんとして、ニコニコ過ごしていました。さすがはななたん!

お月見のこの日は帰り道にお団子を購入、ペロって食べちゃいました。

病時保育、看護師さんがとても安心できる方で、長期お休みが決まった際には本当に助かる施設です。

そんなこんなで、発症4日目、体調すこぶる◎、たいした事無く、登園許可がでるのもはやいだろうな!

0

漏斗胸手術、術後1ヶ月  

術後のリハビリをちょっと下だけで復帰させちゃった9月。
運動会前で、この時期に体育の授業見学はかわいそうなことをそんなしたものだと、心が痛みますが、そんな不安を考え込む間もないほど、時短→フルタイム復帰の多忙さと家事育児に終われ、あっという間に1ヶ月がたってました。

そして、1ヶ月後のややちんの様子。
・ちょっと食欲がアップした。
・朝が早く起きれるようになった。
・無理はしないことをしっかり理解しているみたいで、結果インドア率が高まった。
ぐらいでしょうか?

就寝時の寝起きの補助意外は、自宅でのサポートも不要で、逆にインドア生活が長いゆえに兄弟喧嘩も増えて、うれしい回復力です。
0

漏斗胸手術 そして新学期  

手術から週間で退院、と大きな副作用もなく予定通りに退院したややちん。

退院後、自宅でリハビリをしていたものの、家での引きこもり生活にも飽きたのか、日中ちょっとお買い物かねて散歩に行ったり、ななたんのお迎えにやってきたり。まだまだお友達の中に入っていくのは抵抗があったみたいですが、慣れ親しんだ保育園の先生方に会うとうれしかったのかな?

日曜日にはお友達のところににもご挨拶にいけるまでに回復し、とりあえず翌日の始業式には三叉させることに。

始業式は術後12日後。
事前に担任の先生に、手術退院の報告とともに、術後3ヶ月はランドセルはもてないこと、手提げかばんで通学すること。重い荷物はもてないこと。体育はできないこと、集団生活での思いがけない怪我が心配なこと、見た目ギブスとかしてないだけに理解してもらいにくいので、できたらお友達に伝えていただきたいこと等々と伝ええの新学期スタートになりました。

教室まで同伴、この日は始業式で生徒全員が大移動に長時間の式で、ずっと付き添う予定でしたが、先生のサポートとややちんの元気さで、お迎えまで付き添いなしで過ごせました。
その後、学童移動で必要事項を伝えついでに同伴したのですが、ここでもお友達が荷物を持ったりゆっくり歩いてくれたりと、うれしいばかりのサポートをしてくれて、本当に助かりました。

学校生活、親の目の届かない場所だけに、本当にお友達先生学校のサポートに感謝です。

こうして、皆様のお陰により、翌日の術後検診を経て、この日から制限下にあるものの通常通りの学校生活に復帰でしたのでした。

学童でも、クラスや性別の枠を超えてみんながサポートしてくれて、スタッフの先生方のご配慮にも感謝でいっぱいです。

今はもらうばかりですが、このやさしさのバトン、確実に次に渡せる親子になりたいと思うばかりです。
0




AutoPage最新お知らせ