2016/6/10

乳がんの検診を受けましょう  

若い女性も乳がん検診を受けましょう!
乳がんエコー検診は、若いかたも、妊娠中授乳中のかたも受けられます。
乳腺専門医による乳がん検診1万円。

小林麻央さんの乳がんのニュースに、ショックを受けられたかたも多いのではないか
と思います。
私たち医療関係者も、ショックです。しかし、12人に1人と言われ増えて続けている
乳がんは、20代、30代におこっても不思議でない状況になっているのは事実です。
私が見た最も若い乳がんは22才の方でした。うちのクリニックでは、早くから若い女
性の乳がん検診に取り組んでいますので、実は40代以上ほど多くないにせよ、20代30
代にも乳がんは見つかっているのです。
自治体の乳がん検診は40代以上、かつマンモグラフィーのみですが、若い女性(35才
まで)は、ぜひまずエコー検診を2年に一度は受けましょう。そして、なんらかの所
見があったとき、あるいは35才以上になったら、マンモグラフィーも組み合わせて。
女性は、男性と違い、メタボ検診やドックは45才以上でいいですが、乳腺エコー、子
宮頸がん検診。子宮や卵巣のエコー、甲状腺膠原病検査、貧血検査ぐらいは、ぜひ20
代から定期的な習慣に!
間が開いても、3年以上開けないようにしましょう!
4

2016/2/12

2016年2月旧暦の新年  

お久しぶりです。皆さまいかがお過ごしですか?
2016年、新年です。
2月は旧暦の新年なので、今月14日の日曜日には、また院内で音開きをし、空間の浄化と今年一年の平和を祈ります。
・・・祝詞奏上、大小田さくらこさんによる古事記やまとかたりと、大倉流の雲竜さんによる古代の笛演奏をお願いしています。
きっと、翌日から院内の空気が清らかになっていますよ。
さて、今年はどんな年になるのでしょうか?
世界に不穏な動きが広がり、日本の国も先がみえなくなっています。
被災地だけではなく全国的にも人口が減り、産業が縮小し、活路を軍事や海外に見出そうとする動きも広がっています。
その中で、わたし自身は、まず自分たちの足元を豊かにしなければ未来はないと思っています。
つまり、人と暮らし、自然を見つめなおして、持続可能な(サステイナブルな)環境を作っていきたいと思うのです。
その最たるカギが女性です。
政治も、産業も、研究も、「女性目線を重んじた」ものにシフトしていかなければ。ちなみに、この場合の女性目線は、女性だけがもっているものではなく、女性性のこと(女性ホルモンの特徴)をさしています。
男性でも女性目線をもっている人がいますし、女性なのに女性目線がほとんどない人もいます。
先日お聞きした経済産業研究所(RIETI)の中島厚志所長のお話によると、大転換期にある世界経済にあって、いまや日本の企業業績と内部留保は過去最高であり、いまは先行投資の絶好の機会である、ということです。
日本はイノベーション力を高め、人材を育成すれば、まだまだ世界のリーダーとして生き残れる。
そこで、講演会後に私が「女性の活躍推進や女性のリーダー育成はどのようにお考えですか?」とお聞きしたところ、「それが最も大事な課題です。
日本企業は女性をほとんど生かせていない。」とおっしゃっていました。
女性目線とは。
私が考える女性目線とは、女性ホルモンの特徴である包容と共感、そして食べること寝ること、日々のこまごまとした労働を慈しみ、次世代を産み、根気よく育てる、感性です。
そしておとなの配慮、生き生きとした感情の交換、暖かい声かけや気配り。
この感性を、日本の産業や政治、経済、外交に、医療や福祉のすみずみにまでも生かしてほしいと思います。男性も、女性も、女性性をもってほしいのです。
それは、ひとつひとつの小さな命を大事に育む心にほかなりません。
女性は、まず自分のこころの内側から生き生きと暮らしてほしい。
自分自身の命の尊厳に気がつき、自分を愛して、大事に育んでほしいと思います。
それこそが、うちの医療法人ウィミンズ・ウェルネスが、最初からずっと、今でも医療やヘルスケアのおおもとと考えていることなのです。
 今年が、たくさんの人たちにとって、より、いのちが実感できる年になりますように。毎日、太陽の光と、海や川の水の輝きと、草木の緑が、心とからだを癒しエネルギーをくれますように。そして、クリニックに来られるかたと、素晴らしい出会いができますように。
 今年もよろしくお願いいたします。
9

2015/10/19

奥入瀬サミット  

9月12日〜13日、星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで、県主催の「奥入瀬サミット」があり参加させていただいたので、ご報告します。
これは、青森県が県内外の女性、とくにこれからのリーダーや経営者となる女性たちを育成しようとするもので、今回は4回目だそうです。
わたしは、八戸ツアーのさいに紹介された県の担当者から相談を受け、どうせ参加するなら、わたしの友人も誘ってにぎやかに応援しよう!ということになり、美容家の吉川千明さん、栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんを誘って3人でトークセッションをやらせていただくことにしました。
 台風が過ぎ去った9月12日の土曜日、雨上がりの田んぼは、少々稲穂がなぎ倒されてはいたけど黄金色に色づき、みずみずしく美しい。
ホテルはたくさんの女性たちの色とりどりの荷物が行きかい、サミットに向けてウキウキした雰囲気が漂っていました。
みちみち、わたしと吉川千明さんは翌日のトークセッションにむけて「女性が自信をもって生きること、そのために大切な健康の要件」についてずっと話し合っていました。ホテルについてからも渓流ぞいのテラスで美しいランチ(りんごカレー)を食べながら・・
「やはりかかりつけ医を持つことや、定期的に検診を受けることは基本よね」「ヘルスケアアドバイスが総合的にできる医師を育てなければ、かかりつけを持てといっても医師に“なんで来たの”と言われかねないんじゃない。」「なんといっても禁煙も大事よ。デパートの美容部員を指導していてよく思うけど、その人の評価が下がるだけじゃなく、お家で子どもも吸うようになって、その子の就職も不利になるわ」「そもそも健康の知識がないと、なぜタバコが悪いのかも、検診が大事かもわからないわよ」「そうね、まずは良い教育だわ。マララ・ユフツザイさんじゃないけど、女子に教育を!」「正しい知識を伝えるって大事よね。特に人に聞きにくい女性のからだに関することって、へんな偏見とか、えっと驚くような間違った情報が多いし。」「やっぱり女性ホルモンを知って自分に自信を持とう、だわ。」「からだのメンテナンス習慣は、心の自信にも、将来の美や健康にもダイレクトにつながるからねえ」「そうそう、わたしが、ナチュラルに、かつ科学的に、と言ってるのはそれよ!」わたしたちの打ち合わせは延々と続きました。(いつもほんとに真面目なわたしたち。)
昼食を食べ終わると、すぐにサミットが始まりました。
最初の講演は、「花子とアン」や「ハケンの品格」「ドクターX」などの脚本を書いた中園ミホさんのお話から始まりました。
彼女のメッセージは、「曲がり角の向こうには何があるかわからない。でも思い切って行こう、きっといいことがまっている」。
仕事も男も失い、シングルマザーとして生きていくしかなかった、それが脚本家の第一歩だったという彼女からのメッセージは、“自分と、自分の未来を信じて生きること”。
素晴らしい!いつも、拠り所のない、不安定な立場の女性たちの強さを描き、応援している彼女と(この日h情熱大陸が密着取材していてすぐに引き上げてしまい、ちゃんとご挨拶するヒマもなかったけれど)一度ゆっくり飲みたいなあと思いました。
 二番目の講演は、ANA重役の河本宏子さん。実は、彼女はわたしの友人です。一度ANAの管理職を対象にした講演会に呼んでいただいて以来、そしてその晩飲んで盛り上がって以来、とても仲良しなのです。
なにしろ、彼女の行動力、有言実行はすごい。「こんど対馬先生のクリニックに行きますね!」と言った初対面のその翌日に、うちのクリニックに現れたのですから!彼女は、民間のヘリコプター会社から徐々に大きくなり世界の空をリードするようになった同じ会社で、CAとして、リーダーとして30年以上じっくり働き、今に至っています。
暖かくおちついた人柄が、頼もしい女性リーダー像を体現していると思いました。
そして夜、懇親会はとても盛り上がりました。青森県内の企業家、管理職の女性たち、そして、日本全国から集まったそれぞれの分野のリーダーたちが、楽しく語り合い、交流しました。国際的ピアニスト熊本マリさんの、幻想的にライトアップされた渓流をバックにひきまくる、超絶技巧のリストを聞きながら。
じつはこの場で、わたしはつい「みなさん!明日のトークセッションでは、みなさんの人生が変わると、お約束します!」なんて調子こいて言ってしまい・・あとでたくさんの参加者に「明日は楽しみにしてます」と声をかけられ、冷や汗・・・自分でプレッシャーかけてどうすんだ?
 いよいよ翌日は、私と、吉川千明さん、ミスユニバース栄養コンサルタント、エリカ・アンギャルさんのトークセッション。
 その前、日曜日の朝は、谷川真理さん指導の奥入瀬渓流ランニングから始まりました。彼女に乗せられながら気持ちの良い渓流沿いをウォーク&ジョグしたあと、講演会場に。エリカさんは前日夜遅く会場入りし、とんぼ返り。でも、私は彼女が言いたいことはわかっているのです。もう何度も一緒にセッションをやったし、そもそも、彼女と初めて出会った日にさえ(それも講演会の控室でしたが)あまりに話がはずんで何時間も座りこみ、いつまでもお話しが止まらなくなったのですから。
彼女の言いたいのは、一言、「日本の女性よ、もっと自信を持とう!」です。私や吉川さんと思いが一緒なのです。
日本女性は、自分のことを太っているとか、胸が小さいとか、欠点ばかりを気にして、謙遜や自己卑下するならいがあるけど、それはもう古い!時代は、女性が自信をもち、一歩前に出て活躍する時代なのです。
ではどうやって自信を持つか。ひとつには、栄養が大事です。やせているほどよいと思い込んでいる若い女性のなんと多いことか。適切な栄養摂取と体力・気力は、表裏一体のものです。私たちは食べるものからエネルギーをもらっています。だからエネルギー(パワー)のあるものを食べましょう。
彼女のおすすめは、ナッツや豆、小魚、玄米など。魚、みそ、海苔、野菜のつけものなど伝統的日本食もお奨めしてくれています。。
そして、究極の自信が出るポーズ。
これは、鏡に向かって腰に両手をあてえっへんと胸を張る。
そして「スーパーマン!」いや「スーパーウーマン!」と言う。脳は、実はだまされやすいのです。
大丈夫と言ってにっこり笑うと、本当に自信にあふれてくるものなのです。皆さん、だまされたと思って毎朝やってごらんなさい?
 
9

2015/8/20

八戸・青森ツアー&対馬ルリ子の男女共同参画に関するパブコメ2015  

まだ暑い日々が続いていますが、皆さまいかがお過ごしですか?

わたしは、今年も8月1〜3日、八戸・青森ツアー(エイトの会ツアー)に行ってきました。

8回目になる今年は26名。八戸の三社大祭、青森ねぶた祭り見物をメインイベントに、八甲田蔦(つた)温泉 入浴&ランチとか、種差(たねさし)海岸バーベキューとか、楽しいサブイベントを散りばめて、本当に楽しく地元の人たちと交流してきました。参加してくださったみなさん、歓待してくださった関係者のみなさん、本当にありがとうございました!私は幸せです!

そして、8月4日からはドトウの連続仕事日!です。診療も毎日入っていますが、とうとう今月末に、女性の包括的健康支援法案が、参議院に提出される見込みが出てきました。ということで、何とか政府や国会議員、関係団体や組織、一般の方々に、女性の健康の重要性について知っていただきたいと、毎日あちこち出かけたり(昨日朝の診療前には、連合・・労働組合連合のこと、に出かけてきました)人と会ってお話したり、手紙やメールを送ったりしています。一昨日は、保育士さんたちの大会で500名以上の方たちに、女性の健康についてお話させていただきました。タイトルは「キレイ・ゲンキの高め方 保育者のからだメンテナンス術」です。全国から集まってくださった保育士さん、聞いてくださってありがとう!


きょうは、内閣府 男女共同参画のパブコメに意見を書きこみました。

第四次男女共同参画計画の策定のため、現在、パブリックコメント(一般の人の意見)を募集しています。みなさん、ぜひ「女性の健康」について女性の活躍にとってもこれが大事だと思う!ということを、書きこんでください。誰でも書き込めます。

http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/ikenboshu.htm
これによって、政府が女性の健康について、法案の重要性について、少しでも考えてくれるといいなあ!と思っています。みなさんも、よろしくお願いします。
以下に、わたしが書きこんだ文章を載せさせていただきますね。


<対馬ルリ子の男女共同参画に関するパブコメ2015>

現場で30年間女性支援をしている産婦人科医師、女性総合診療医。2人の子供を育てながら一度も中断なく仕事してきた。
女性の活躍する時代と言われているが、(急激に人口減少する社会で、女性が子供を産み、かつ労働力としても継続就労してほしい事情はよくわかるが)その基盤となる女性の健康に関しては、これまで国が真剣に取り組んでいるとは言い難いと思う。
 そもそも、女性の健康問題と言えば、妊娠出産、子宮がん乳がんしか考えられていない。これはビキニ医療(ビキニの水着で隠すところだけ女性と考える医療)という。しかし女性はビキニ臓器だけで生きているのではない。全身も、こころも、社会生活も、トータルで女性として生きている。健康政策も、女性のための全人的、包括的な、生涯にわたる健康政策を望む。
 具体的には、思春期のこころとからだの問題(性の健康問題を含む)、更年期のケアや治療、働く女性の健康問題と相談・疾病の早期発見、子宮内膜症や卵巣腫瘍、がん術後サポート、女性検診のありかた(甲状腺、膠原病など性差疾患も含む)、骨盤底、産前産後ケア、妊娠前ヘルスケアや健康教育、自立心や自尊感情を育てる教育(女性は男性よりも弱い)、性暴力予防や被害者救済・支援、運動器や脳の脆弱を予防する治療など。
 これらの問題は、主に女性ホルモン特性によるが、男性と同じ健康問題以外に潜在的な問題になっている。きちんと取り組まれなければ、女性の生涯のQOL(生活の質)が損なわれ医療介護を要し、妊娠や就労の妨げになる。しかし、きちんとした研究機関も研究データもない。
 女性の生涯にわたる健康問題に関して、研究調査と、それに基づいた女性支援を望む。それが、女性の産みやすさ、働きやすさ、生きやすさにつながり、かつ男性の健康支援にもつながると考える。なぜなら、男性は生活習慣の偏りによる疾病(がんや脳血管疾患、心臓疾患)リスクが高いため、特に、女性と仲良く生活・労働することで、健康度が向上すると考えられるからである。
 女性の健康支援は、女性の活躍を支えるばかりでなく、男性の健康や幸福をも支える。また、地域を支え、経済や文化を発展させる原動力となることは間違いない。女性の健康の包括的支援を、国として、男女共同参画の重要な課題として位置づけることを望む。




11

2015/6/1

NPO法人女性医療ネットワークの12周年記念講演会&パーティ  

青い空にまぶしい日差し、お花の咲き乱れる素敵な季節になりましたね!

このたび、5月23日土曜日に、私が所属していNPO法人女性医療ネットワークの12周年記念講演会&パーティを、東京永田町のキャピトル東急ホテルで行いましたので、ご報告させていただきます。ほんとうにたくさんの方々のご参加、ご協力をいただきました。ありがとうございます。心より御礼もうしあげます。

キャピトルホテルは、その昔ヒルトンホテルだったところで、ビートルズも泊まった由緒あるホテルですが、5年ぐらい前に新しく建てかわって、すっかりスタイリッシュなホテルに生まれ変わっています。なおかつ、地下鉄の国会議事堂前駅や溜池山王駅から直結の便利なところにあり、政界や財界でよく利用されるそうで・・とても良い雰囲気です。皆様ぜひ行ってみてください。オリガミというレストランはおすすめです。

この講演会、ほんとうは、12周年なんて半端なのですが、ちょうど昨年来活動している「女性の健康の包括的支援」法案の早期成立にむけて、なんとかアピールしたいという気持ちがあったので、“干支がひとまわりしたから”という口実で、全国の女性医療の仲間たちに集まってもらったのです。

第一部は講演会で、昭和女子大学学長、初代男女共同参画局長の坂東眞理子さんに、「女性の活躍と健康支援」について講演していただきました。また、私たちの活動について12年の歴史と各地の女性医療のとりくみの紹介を、リレー形式でやりました。

そして第二部はドレスコード(オレンジしばり)つきのパーティ。わたしは実家から掘り出してきた昔の母の着物が、紫にオレンジのお花だったのでそれを借り、あとは皆さん思い思いに、オレンジの帽子、オレンジのバッグ、オレンジのドレスなどで集まってくれました。

なんと総勢324名!最後に、皆で集まって撮った写真をどうぞご覧ください。

皆さま、本当にありがとうございました!

また、かけつけてご挨拶してくださった、参議院議員高階恵美子さん、薬師寺みちよさん、内閣官房参与で慶応大学名誉教授の吉村泰典先生、産婦人科学会理事長で京都大学教授の小西郁生先生、東大産婦人科教授の大須賀穣先生、ありがとうございました。連携して活動してくださっている日本産婦人科学会、日本看護連盟、日本女医会、東京女性歯科医師会、神奈川県女性薬剤師会など、さまざまな団体・グループの皆様も、ありがとうございました。

 パーティは、祝詞「天の岩戸」から始まり、イリュージョンショー、ピアノやベース・ギター演奏、歌など盛り沢山。なんとロックバンド、パーソンズのJillさんも飛び入りで、それもアカペラで歌を披露してくれたりして・・・参加した皆は、ほんとうに喜んで盛り上がりました。

企業さんも13社が協力してくれ、ブース出店やおみやげもたくさん出してくれ、華やかで、楽しくて、感動がいっぱいの、思い出深い一夜になりました。

 何よりも、これまで、全国で、女性を助ける診療や地域活動をしてきた多くの女性医療の仲間たちが、黙々と取り組んできたことが、初めて一同に紹介され、それによって初めて、子ども時代から年をとってからもずっとつながるトータルな(包括的な)ウェルビーイングが大切なんだと、集まってくださった多くの方々が、ほんとうに「女性の健康の理念」を共有できたと思います。

 わたしたちは、これからも、たくさんの女性たち、女性を支援する活動をしている人たち、それを理解し応援してくださる人たちや企業さんたちと、一緒に前進し、日本を「みんなが健やかで生きやすい」社会にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ