2016/12/28

冷え対策をいたしましょう!  

今年もあと何日という時期になりましたね。皆さまいかがおすごしでしょうか?
急性腸炎やインフルエンザで寝込むかたもチラホラおられるようです。体が冷えたり、疲れがたまりますと、感染症をおこしやすくなります、どうぞお疲れがたまりませんよう、また冷えたままベッドに入りませんように、気をつけてください。

私は寒い東北地方で育ちましたので、小さいころ冬になると、シャツとパンツ、ズボンセーターとズボン下、上着とズボン、そしてオーバーと、何枚も服を交互に重ねて着させられて、だるまのように着ぶくれていた思い出があります。寒い地方の人たちは、体が「冷えると死ぬ」という切実な現実を生き抜く知恵をもっているのかもしれませんね。
まあ、今はどこも暖かく暖房され、みな薄着ではありますし、少々冷えてもまた簡単に温める方法もあります。しかし、冷え切ったまましもやけになるほど、またお風呂で温めてもまったく温まらないなどの「冷え性」を訴えるかたも実はたくさんいます。
冷え性は、男性よりも女性に圧倒的に多いと思われます。女性は男性よりも血管が細く、筋肉も少なく、またあまり動かない人や保温のための脂肪が少ない人も(最近は)多いので、冷え性は現代日本女性の健康問題とも言えます。
でも、病気としては認知されていません。体格や体質、生活習慣によるものであって、病気というほどではないと思われています。しかし、糖尿病や甲状腺疾患、更年期や卵巣機能低下が隠れていることもありますし、妊娠希望のかた、男性と一緒の職場で働いているかたにとっては、本当に切実な問題だと思います。
よくマッサージ、鍼灸など健康分野で言われる「妊活」は、ほぼ温め、といっても過言ではありません。卵巣は、温かい環境でよく働く(活性化する)からです。そして、我々女性医療の医師は、基礎疾患(隠れた病気)がないか調べたあと、よく処方するのは、血流を改善するビタミンE(ユベラなど)や、当帰芍薬散・人参養栄湯などの漢方、そして月経不順など女性ホルモンが低下している方には、低用量ピル・ホルモン補充などの女性ホルモン薬を使います。そして、保温と運動、栄養の指導は必須ですね!
当院では、イオンドクターという、遠赤外線を発射する鉱物を含んだ綿を使った医療用ウォーマーをお奨めしています。

シャーリングしたふわふわ柔らかいウォーマーで、足首用、お腹用(腹巻です)、首用などがありますが、皮下に血管が通っている首・手首・足首・そして鼠径部を温めると、本当に!温まりますからお試しあれ。私は、夏でもシルクの足首用(そして色はベビーピンク)を旅行にも携行します。ぐっすり眠れるし、頻尿や腰痛、足のつりも改善しますよ!ホントです!
 イオンドクターは医療用のウォーマーで、医療機関やデパートなどで扱っていますが、もちろん、クリニックにも置いています。お洗濯もでき何年も使えますから、値段からしてお得と言えます。
 イオンドクターを詳しく知りたい方はコチラ→ http://www.iondoctor.com/
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、“足のつり”は、芍薬甘草湯がてきめんに効きますから、ぜひお試しください。つってから飲んでもすぐ効く!夜間に足がつる方は(冷えるからね〜)寝る前に飲んで寝てください。
当院では、それ以外に、冷え対策に注射もおすすめしています。体力回復のための注射(にんにく注射、ビタミンCやBなど)、プラセンタ、グルコサミン、高濃度ビタミンCなどもご希望によりやっています。へとへとに疲れている方はにんにく注射、花粉症の季節につらい方は今からプラセンタ、免疫を上げ美白したいかたはグルコサミン、そして、お疲れと冷えが気になる方は体力回復Bという2000円(税別)の注射をどうぞお試しください!
 注射メニューはコチラ→http://w-wellness.com/jyushin/ginza_topics02.html

年末ももう少し。来年はどんな年になるでしょう。わたしは、今年あまり望んでいる方向にブレイクスルーできずに(一気に行きたいと願ったのが甘かった?)うつうつとしておりましたが、年末にむけ、女性医療の次世代が育っていることが実感できて、とても嬉しく、また感慨深い年末になっています。女性診療のムック本、「プライマリケア現場での女性診療」研修医や一般内科医、あるいは女性医療に興味がある方に向けて、若手の産婦人科医、池田裕美枝先生といっしょに企画・監修させていただきました。たくさんの若手医師とベテラン医師が、あれこれディスカッションしたり、何度も書き直したりして1年かかり完成しました。12月25日に日本医事新報社から発売になっています。どうぞ力作、ご覧ください!
クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ