2011/10/7

鈴鹿サーキット 金曜日 フリー1回目  モーターレーシング

DRSのこうかだろうか。
1コーナー手前がものすごい速い気がする。

クリックすると元のサイズで表示します

進入も迫力満点だ。

最初ピットよりのコース際からみるが恐るべき速さ。以前もこの席でみたことがあるが、あんまり気に入らなかったが今回金曜日なら許せる。目の前をあっという間に通り過ぎるので、なんだか訳が分らないがすごい迫力。今年は面白い。

羽がパカッと閉じるので、あの瞬間はどんなインフォメーションなのだろうかといまさら、ながら不思議に思った。

もう少しコーナーに近づくが、やはりレッドブルの安定感がすごい。この時点ではマクラーレンのワンツーだが。

午後はバックストレートにいってみよう。
0

2011/9/15

欧州のシビック  車の運転で感じたこと

北米に続き、欧州仕様のシビックも新型になるようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
(ホンダウェブサイトより)

現行型は2005年の発表のようで、ここでも過去記事がある。

記事でも外観、内装ともに絶賛しているし、今でも独自性のある素晴らしいものだと思う。マルチプレックスのメーターにも言及しているが、こちらは全世界のシビックシリーズに共通で、また今回も継承するようで、これはよいアイデェンティティだと思う。


0

2011/9/14

今年は特別な日本グランプリ?  モーターレーシング

いよいよ今年の日本グランプリまで1ヶ月を切った。

東日本大震災と原発事故が起こり、事態がいまだ収束しない中、世界中から見れば、鈴鹿も同じ日本なのだから、単純に恐怖を感じてもおかしくない。

そんななか、すでにいろいろな動きが伝わってきている。

国家斉唱は小林可夢偉が家族を含めて滞在費と交通費を出すという南相馬市の少女合唱団が歌う事になりそうだ。これまでのような有名歌手が歌うのもいいが、これは美しいシーンになりそうだ。

バーニーは被災者をかなりの数招待するそうだし、開幕同様、各チームからのメッセージもあるだろう。

かつて鈴木亜久里さんが、表彰台に上った時のことを、直接本人に聞いてみたことがある。あの時は本当に速かったです。でも正直マシンの能力を考えると臨むべくもないような速さで、他のレースではその能力そのままの結果だったのに、なぜ、あのグランプリだけは速かったのですかという感じの質問に、答えるにいわく、あの時は速かったねえ、なんでだろうね、とのお答え。何か知っているが言う訳にはいかないのか、本当に何故か解らないけど速かったのか、それは解らないが、いずれにせよ、特別な力が働くということはあるものらしい。

そういう力が可夢偉に働いてくれれば楽しい週末になるだろう。
0

2011/9/7

じりじりあがっていく放射線量  ツインリンクもてぎ

ツインリンクもてぎに出かけるに当たっては福島の原発事故の悪影響を心配することもないのではないかと記事にした。

計測値の上下動から内部被曝をするような状態ではなさそうだという判断をすれば、通過する時の線量としては、もうこれで心配をするならば、なんにもできなくなってしまうようにも思える。

そんな計測結果から汚染地域を通過してみたののだが、やはり柏を中心に流山、守谷という一帯は計測数値はぐんぐんあがっていく。

当該の責任ある立場の人たちは、ここらへんに住む人たちにどういう気持ちをもっているのだろうか。やはり具体的に数値がでてしまうと通過するだけでも、大変不愉快な気持ちになる。
0

2011/9/4

放射線を避ける道筋2  ツインリンクもてぎ

ツインリンクもてぎに東京から行くときの放射線量についての続きです。

123号ルートに点在するクールスポットについて書いたが、もうひとつのルートで、東京方面からは多くの人が最短ルートとなる常磐道方面はどうだろうか。

残念ながら、こちらは放射線量が高い区域になってしまっている。
1

2011/9/1

放射線を避ける道筋  ツインリンクもてぎ

9月にはスポ走目的の人だけでなく、今年で最後となったINDYのために多くの人が訪れるであろうツインリンクもてぎだが、東京から訪れるのに今どの道筋がもっとも被曝を避けられるだろうか。

ツインリンクもてぎ自体は東京並みの線量なことは前にも書いたが、その道筋はルートによって線量が違っている。実測にもとずくデータを公開したい。

測定はDoseRAE2で行った。

東京からツインリンクへの道は大きく分けて常磐道ルートと東北道ルートに分かれる。
0

2011/8/31

ルイスハミルトンはクラッシュ魔?  レーシング・レンタルカート

ルイスハミルトンのベルギーグランプリのクラッシュで間違いなく言えていることは、せっかく小林可夢偉が順調に順位をあげていたのに、それが台無しになったということだ。日本のF1観戦者からすれば、これはかなり腹立たしい

ハミルトンは今年だけでもこういったクラッシュがいくつかあるし、F1でのこれまでのイメージでは、こんな感じのクラッシュを繰り返しているという感じで、そう思っている人は少なくないように思う。

ある時、表には出ていないカート界秘蔵ビデオをみたことがあるのだが、しかしながら、そこでのハミルトンは意外な顔を見せていた。
ツインリンクもてぎ北ショートコースでの世界大会の時のことだ。
さすがに秘蔵ビデオなだけはあった。

0

2011/8/30

東電と同じ厄災を作る仕組み  車の運転で感じたこと

何かを監督、取締りなど行おうとする時に、規則を決める組織と同じところがやるのであれば、機能しないというのが当然なのは、原子力発電における保安院のあり方をみて、やっと一般的な認識になったのではないだろうか。

本当はこんなことは自明の理なのだが。

そして交通取締りもまったく同じ仕組みなのだ。監督、規制するのは公安委員会、たいていはしゃれにもならないが、電力会社の社長とか会長がなっている場合が多い。いわゆる社会の名士がなるのだ

もちろん報酬はたっぷりで仕事はお話を聞いてご高説を述べるだけ。実際には警察庁がガイドラインを決め、各都道府県警察が知事の意向など関係なく勝手に決めている。何を思って決めているかはドライバーなら分っているだろう。

もちろんこんなことは、この二つに限ったことではない。
官僚のやることはすべてこんなものだ。
0

2011/8/29

高速利権の具体例  車の運転で感じたこと

またまた、猪瀬氏が勘違い丸出しの言説を垂れ流している。
高速無料化についてだ。
馬淵氏の呆れた能天気発言、高速無料化で
民主党のおめでたい政治に国民はシラけ切っている

猪瀬直樹の 眼からウロコ だそうだ。

いつもはあきれることしかない猪瀬氏の話だが今回はとても面白い話があった。この件に関しては、猪瀬氏も知らないだろう。この話を読んだ方で猪瀬氏の知り合いがいたら是非読むように言ってやって欲しい。出来るなら直にあってどれだけ世間を欺く話なのか証明してやりたいものである。
0

2011/7/5

新カテゴリーを設置  レーシング・レンタルカート

ツインリンクもてぎの世界一うまくなるマシン、世界で恐らく唯一の常設レンタルフォーミュラMote-la(モテラ)の情報を中心に格好いい楽しい運転をテーマにしてきたのですが、相変わらず当地の北ショートコースでは熱い戦いが繰り広げられ日夜技術向上がなされています。

しかしながら、公式戦が終了してしまったこと、またツインリンクにこれない方のことを考えると、この情報発信の中に誰もが取り組める技術向上について触れたほうがよいだろうと考えました。

アクティブセーフティもそのひとつであり、ツインリンクもてぎでも、そのエリアを拡張工事中、この件もぜひオープン後にご紹介したいが、なんといってもこの分野の王道はカートだろうと思う。

これまでは、情報発信するだけの力量がなかったが、これまたもてぎレンタルフォーミュラをきっかけとしてひょんなことから、多少はというかどこのカート場にいってもそれなりに走れるようになってきたので、新カテゴリーとして情報発信したいと思います。
0




AutoPage最新お知らせ