ご案内。  

「一陽来復」に遊びにきてくださってありがとうございますクリックすると元のサイズで表示します

このブログは、思った事を
気のみ気のまま綴っております。
大したことは書いてません(笑)。
ゆるーい感じで読んでいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたしますクリックすると元のサイズで表示します

2018/2/18

コイノシハジメ。  

「ぴずりんの前世、花魁だったと思うよ」と
親友にまたしても言われました。
花魁道中してほしいんだって、私に。

嫌です。断る。すまん、親友よ(笑)

ぴずです、どうも。皆様お元気ですか?
花魁道中してほしいとゆうリクエスト(苦笑)は
親友だけじゃなく、言われることが多々あり
なんでだろう?と思っている次第。
ま、花魁の件は、またいつか書くことにして。
↑期待せず気長にお待ちくださいf(^ー^;


最近、わたしは、前にも増して
オートレースにハマってましてん。
恋し始めている。
最後の恋かもしれないね。



あのですね
はっきり言って、
オートレース
相当に面白い!!!!!!



まだ実際に
オートレース場で見たことないので、
もっぱらテレビや動画での観戦ですけど
各レースに、ドラマがつまってます。
面白いんだよなぁ、これが。



走りに感動するってことがあるのか?
と思ってらっしゃる方もいると思うのですが・・・



感動するんですよ、これ。
気迫や気合が伝わってくる。
プロのレーサーの皆様の真剣勝負。
命かけて突っ走ってるわけで。
本当に研ぎ澄まされた世界。
泣きそうになる。



レース見始めると、何も出来ない(笑)
1日12レースあるんだもの。
なもんで、
わたしの場合、日曜日は忙しい。
オートレースと競馬で
全力応援してるから、あっという間に
時間が過ぎ去ります。
でも、楽しくて嬉しくて仕方ない。
幸せな時間です(*´ー`*)



まだ実際に
オートレース場で見たことのないわたしが
オートレースときいて、何を思うか
を書いてみますが。

まず
ブレーキのない女としては、当然バイクに注目しちゃうわけで。

えっぴずさん?!注目すべきはレーサーじゃないのかよ??
とゆうツッコミは華麗にスルーします。

なんとなく
ブレーキのないもの同士、解りあえる部分がある
と割と本気で思っています、ええ。

わたしは小さい頃から、ガソリン?オイル?排気ガスのにおいが


大好きだったのよぉ〜〜〜ヽ(´▽`)/。


このにおいの件で
変態だの、変人だの、言われ続けてたんです。
それでも、
好きなものは好きなんだもの
ずっとかいでいたい
と思ってたんだけど(笑)
多分、オートレース場に行けば
全てまるくおさまるんじゃないか。
凄いやん!(笑)
期待しかない。


そして、迫力ありすぎる音。

高校時代から今も、なぜか
飛行機の爆音がとどろく地域に
住んでいましてん。
わたし、爆音慣れしてるんです、はい。
↑慣れるな。
爆音も聞き慣れてくると、音の違いが解ってきちゃうわけで。

ただ、飛行機や戦闘機の音とは、
全く違う迫力ある音なんだろうから、
オートレース場で実際に聞く音が
どんなものか、何を感じるのか、がとても楽しみです。


最後にスピード。

150キロで走るって、凄まじいよね。
一番怖さを感じるかもしれない。
そして
風を切るって意味を
目で見て思いきり理解できるんじゃないかなぁ。
圧倒されちゃいそうだけど、
でもしっかり見てようと思います。

風を切るで思い出したけど、
自転車で爆走するのが大好きな子でしてね、わたし。
坂道があると下りたくなるよね、ガーッと。
それで田んぼに落ちたことある。
全身泥パック、ついでに自転車も泥パック(笑)


昔っから、
つなぎやジャージの似合う人がタイプ
と言い続けてきた点も含めて

実は、自分が好きなものが全てオートレースに通じてる。
それについ最近気づきました。

凄い合点がいってるし、見てて飽きないの。
だから楽しいんです、はい。


いま、それに気づけて、本当に良かったと思うんです。
いまだから、よいの。うん。
何気に幸せ。



本当に長くなってしまいました(汗)
はたして最後まで読んでくださってる方がいるのか
かなり不安を感じてますが
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。



ブレーキのない女が
オートレースへ恋をし始めて
どうなっていくのか
見守ってていただきたい(笑)



きっと、オートレースの新たな魅力を発見して
皆様にお伝えできるような気がします。
いや、お伝えします!


近々、実際にオートレース場に行ってきますんで。
伊勢崎か川口か、が初オートレース場になると思うんです。
いやあ、これ、どっちのレース場が良いだろうか?
わたし、どっちに行けばよい?
↑誰に訊いてるのさ?
悩みますね、でも楽しいね(笑)
ドキドキワクワクしてますよ、楽しみすぎる(*´∇`*)


だいぶ日が長くなってきましたけど
まだまだ寒いので
体調崩さず、元気に過ごしましょうね。
へばね☆






2018/2/11

ブレーキのない女、己を振り返る。  

人生45年と思って
突っ走ってきたわけです、わたくし。
で、どうやら45年生きられそうです、
予想よりはるかに元気に。
ありがたいです。ぴずです。どうも。

いろいろありますよね、生きていると。
生きるって大変だわよ。
なるべく苦労したくないけども
目の前に壁があるよね。
邪魔だな、どいてよ、といつも思う(笑)

向こうからいつだって壁があらわれる。

そのたびに
まずは嫌になる。
で、どうするかなと考える。
ただし、なぜだろう?
逃げるとゆう選択肢だけは
いつだってない。
だから、大変なのよ。
解っているのに。
逃げない。
立ち向かう。
前へ行く。

おそらく
ダメ人間な私が唯一、
自分の中で貫いてきたことは、

逃げない。

という点だけなんじゃないか。
勝ち負けは関係なく
とにかく
正々堂々と
前へ行くために
逃げずに、壁と格闘してきたな。
きつくてつらくて悔しくて
涙が出ても、
前見据えて頑張ってきたな。


私は
腰を上げるのが遅いけれど。
いざ、こうすると決めたら
みんながついてこれないくらいに
爆走しますものね。
↑日本語変。
ぶっちぎりです(笑)

ま、確かにそうだ、そうなのよ。
自分の人生振り返ってみると
そうだよね。



ブレーキのない女。



そうです、私が
ブレーキのない女
です。
↑そうです、私が変なおじさんです調(笑)



私は免許を持ってません。
もし田舎で暮らすなら
車がないと生活できないから
免許取らなきゃいけないだろうけど
まだ都会で生活してるのでね
免許がなくても、不自由してない。

ただ、真面目な話、
周りの皆様に
車やバイクの免許は取るな、
と昔から止められてる。

それ以上に
私が免許を取っていない大きな理由は、
クラスで一番仲良かった子が
突然交通事故で亡くなった・・・
これがあまりにも衝撃的すぎて
なのだ。

あの日、
友達が突然旅立った日以来、
私は自分の人生において
自分のブレーキを取っ払って
後悔なきよう、太く短く
人生45年と決めて
彼女の分も生ききらないと、と思って
前だけ見て、突っ走ってきたんだよね。


そして最近気づいたこと。
人生45年を生ききったあと、
46年目以降をどうするのか
これを考えていなかった(爆)

女性としてはだ、
結婚してみたいような気もするけど
なんてったって
ブレーキのない女ですから
勇ましすぎて、これ、もうね(苦笑)

周りの皆様にも
ブレーキのない女をうまく操縦できる男、、、
探すの大変だよ、、、いないよ、、、
とよく言われます。
うん。確かに。
その点は、納得せざるをえない(苦笑)

が、しかし
わたしとゆう人は、
実は主婦向きだと思うんだけどなぁ。
家事全般嫌いじゃないし。
むちゃくちゃ女らしいところもあると思うよ。
むちゃくちゃ女らしいところは、
本気で惚れた男の前でしか見せませんがね(断言)

ちなみにあれだぜ
黙ってればただの美人と言われるぞ?(爆)
↑全くモテないけどな。
花魁道中してほしいと
スカウトされたこともあるぞ?(爆)
↑しかも有名な某七夕祭りでな。
まあでも、大概、黙ってらんないけど。
曲がったこと大嫌いだもん。

てか、
そもそも美人じゃないです、申し訳ないです。
お詫びして訂正します。


これからこの先、
独身だとしても、結婚したとしても、
凛とした人でありたいと思っております。

そして、
これまでと変わらず、
きびだんごのように(笑)愛もしっかり携えて、
その時、その時の自分の気持ちと判断に任せるってことで。
これからの人生、いろいろと楽しみです。
人生45年を目前にして、
こんなにワクワクドキドキ胸が高鳴るとは
これっぽっちも、想像してなかったです。

ブレーキのない女は、やっぱり前しか見てないし、
経験積んで、よりパワフルです、これ。



夢は実現させないと、ね。
うん。

2018/2/10

全身白コーデ。  

10代〜20代前半を知る友達はあれですね、
私の過去の発言、、、
私自身すっかりまるっとさっぱり覚えてないことを
すげーしっかり覚えてるもんですな。
びっくりしたわ。
ぴずです。モナムール皆様。

私は若かりし頃、
そんなにも
森くん推しを前に出すような
そこまで熱い森くんファンではなかったと
記憶しているんだけど(汗)

ある日突然、友達が
思い出話をし始めて、

ぴずちゃんはさ、、、、



全身白コーデが似合う男なんていないよ。




と声高に言いきってるくせして、



あ、でも森くんだけは別だわ。
あの人だけは全身白コーデ似合うからいいわ。




と贔屓目全開だったよね?
本当に森くん大好きだったよね?
と訊かれましてん。

それを聞いて
私は一体何様なんだろう?って気持ちと
恥ずかしいわ(*/□\*)って気持ちと
正論じゃね?正しいやん私!って気持ちと
でも何よりも
森くんのくだりについて
私、そんなこと言ったっけ?
そんなに大好きオーラ出してたっけ?
全く記憶にない(爆笑)
って気持ちが大きい。


もう昔の思い出をほじくるのは、辞めよう!(苦笑)
本当にもうさ、辞めてくれ〜と思いましたf(^ー^;。
そっと思い出の扉を閉めよう(笑)
たのむぜ、友よ。


あのですね、
全身白コーデについては
いまだにそう思ってますよ、はい。
上から下まで靴まで白ってのはさ、
なかなか着こなすのが難しいと思う。

実際の例として、
前職場の同僚(男)が結婚する際に
「全身白だけは絶対に辞めたほうが良いと思う」
とアドバイスしたにも関わらず
結局、お嫁さんの意向で、
全身白コーデ、真っ白けで、
出来上がってきた写真を見て、
落ち込んでたよね、新郎がね(爆笑)

でも、結婚式の主役はやはり
お嫁さんなんだから、
いいじゃん、頑張ったじゃん
って励ました記憶がありますけども(笑)


全身白コーデは、難易度高い。
でも人生はチャレンジだから、
着てみたいなら着たらよいと思うよ。
強引に話を締めました(笑)


2月に入りましたね。
和菓子が一気に春めく時期で、
見ていて楽しい、食べて美味しい(笑)
ほっこり幸せな月な印象がある(*´ー`*)。
彩り豊か。
笑顔多めに過ごしていきましょうぞ。

まだまだ寒い日も続きますし、
インフルエンザ流行ってますけど、
健康一番で。
へばね(°▽°)/。

2018/1/23

なぜだか。  

どのあたりまでさかのぼって、
過去の記憶をひっぱりだして、
書けばよいのかがわからない(笑)

まさか
森くんのことをブログに書く日がくるなんて
予想してなかった。


森くん吾郎ちゃんと同じ歳のぴずです。どうも〜。


私はかなーり昔から、
実は森くんの存在に支えられてきた。
森くんのファンであります。

どのくらいのファンなのかよく解らないけれど
TURN THE BEAT AROUNDって聞くと、
グロリアではなく、森くんが浮かぶ(笑)
そのくらいなファン。
SMAPのライブ、
ホワイトシアターに行って見たのが
実際に見た最後の森くん。
そのくらいなファン。
ま、やんわりとしたファンといったところか。
↑わからん(笑)

オートレースの車券は、ちょこちょこずーっと買ってます。
ただ、
森くんが好きだから、森くんの車券を買う
みたいなことは、私はしません。
したことない。うん。絶対しない、できない(笑)
なんとなく今日は森くんこなさそうって時は、
勿の論買いません(笑)
↑ゴメンよ、森くん。
ほら、だってさ、私も真剣に勝負してるから。


私、オートレースと地方競馬は負けません(断言)。


でも、ぶっこむ時は、
森くんくるな、これって時は、
ドンと迷いなくぶっこんでますからね。
この前の年末もまさにそう。
森くん、お年玉ありがとうございましたm(_ _)m。


前置きが長くなったので、もう締めますが。


私にとっては、
節目節目の森くん、なのである。

20年以上前から、ぶれない。
本当に変わらない。
森くんが森くんでいてくれて
どんだけ救われてきたか。
なぜだか、森くんを見ると、
前向きな気持ちになれるのです。
デカイ壁が目の前にあっても、
なぜだか、森くんを見ると、
どうにかして乗り越えてやるって
チャレンジ精神のスイッチを押されるのです。
なぜだか、不思議だけど。
昔からそうなんだよなぁ。
なぜだか、森くんを見ると、
何か流れがポジティブな方向に変わる。

例えば、直近だと。
この2年くらいなんて
仕事が本当にキツくて大変すぎて
そんな時に
仕事帰りの小さな励み、支えは、
いつも新橋駅前の大型ビジョンに映る森くんだったからね(笑)
今日も頑張れたよ、ありがとうと森くんに報告をし、
今日もかっこいいな、森くんなって思うことを日課として
↑少々病んでたかも、自分。
乗り切ったんだから(笑)
虎ノ門〜溜池山王近辺が勤務地なのに、
わざわざ新橋まできて
ビジョンに映る森くんを見てから帰ってたからな。
おかげさまで
逃げずに頑張れましたよ。
任務をビシッと完遂できました。



脱線しまくりなので、もう本当に辞めますが。



森くんには本当に本当に本当に感謝していて、
どうしても恩返しがしたいと思っていて、
特に今年と来年は、全力で応援しようと決めています。
満を持して(?)、オートレース場にも足を運びます。
↑遅いよ、もうちょい早く行けよ、オマエ。

私、上京してから3年間、川口市に住んでたの。
社員寮が川口市だったから。
川口オートは近所だった。
オートレース場に入ったことはないけど
お散歩してました、あの辺り。
足立区と共に、初心を思い出す場所として
思い出深い街だったりするわけで。
なんかこう、なんてゆうか、
原点に、0に、戻りたい時に
新たにスタートきる時に
行くべき場所なような
そんな風な気がしてたから、
あまり行かなかったんだよね。

でも、今年は行くぞ。

満を持しては、そんな意味合いを込めてです(笑)



脱線ついでに勢いで書いちゃうけど、



去年1年の話。
私がとんかつやカツ丼を食べて森くんの車券を買うと
森くんが1〜2着になる確率がかなり高いってゆう
なんかそれどうなのよ?ってゆう
ジンクスみたいなもの?があり(; ̄ー ̄A

なぜ、去年の日本選手権の時、とんかつ食べなかったのよ?
と周りの友人達にすっごい責められ突っ込まれましてん。

だってさ、あの日は、
ホンネテレビを見てて
何もできないし、
泣けて泣けて泣けて
食欲がどこかへいってたんだもの。
仕方ないよね。

その分も今年は、任せといて。←
ガッツリ食べるよ、食べまくるよ。
ああ、私、
とんかつが大好きで、
頑丈な胃袋の持ち主で、
本当によかった。ありがとう!

そんな気持ちでいっぱいです♪ヽ(´▽`)/
↑趣旨が違ってないかい?

私は44歳のおばちゃんですがね、
油っこいものは食べれなくなっただの、
肉より魚だの、
沢山の量食べれなくなっただの、
残念ながら、そういった系が全く訪れません(爆笑)

いやもうだって
食べなきゃやってられませんもの、ええ。
ねっ。

カツとつくもの、めっちゃ食べるのでね(食べる気満々)
今年は、おそらく、、、、、、
勝ち運の波が森くん方面にいくのではなかろうかと。
ま、私が太る確率も倍増ですけど、
食べたら動いて太らなきゃよいので、問題なし。
大丈夫です!
↑さすがリスキーぴずさん。





とにもかくにも。
森くん。
日本一になってほしいです。
なれると信じてます。
ガッツポーズ姿、見たいです。
頑張れ。頑張ろう。
私も頑張ります。





今年はブログの更新頻度を高めようと思ってます。
オートレース面白いよってのも
このブログで伝えられたらいいなと思ってます。
あと、地方競馬も。うん。
いわゆる、ぴず眼です、はい。
昔からこのブログを見てくれてる方に好評な(笑)
私のマニアックな?視点=ぴず眼。
お楽しみにしててくださいませ。
へばね(*^ー^)ノ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ