詳細はこちらをクリック


■話題のヨウ素を豊富に含んだスピルリナ




スピルリナは、海草類や藻に多く含まれるヨウ素を豊富に含んでいます。

放射能で、特に症状が出やすいのは、放射性ヨウ素による甲状腺異常です。

これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素剤を先に体内に取り入れて、

放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させておくことが重要です。


ベトナム戦争で使われた枯葉剤の後遺症で苦しむ子供達にスピルリナが

有効であったため、チェルノブイリ原発事故後の後遺症に苦しむ子どもたち

にも与えられ、83%の子どもたちの尿から検出される放射能濃度が減少した、

という研究があります。(For Immediate Release June 1991)

詳細はこちらをクリック

スピルリナは、ダイオキシンの排泄効果があります

ダイオキシンとは一般ごみや産業廃棄物を燃やしたときに発生する有機塩素化合物の

一種で、免疫不全や肝臓障害、生殖障害を引き起す物質です。

ラットにダイオキシン及び20%スピルリナ添加食を与えた結果、体内に入った

ダイオキシンを糞便として体外へ排出するのを促進し、肝臓に蓄積するのを

抑制したという研究結果がでています。

理由は、食物繊維や葉緑素が小腸を通るときにダイオキシンを吸いつけるためと

考えられています。
(衛生化学 42-47(1997))

スピルリナは35億年前から地球に棲息し、食用としても古く歴史のある緑藻です。

国連が「未来の地球の栄養源」と発表したほど、その豊富な栄養成分と95%以上

という高い消化吸収率は世界中で認められています。

ハワイアンスピルリナは、ハワイ島沖深海600mの海洋深層水で作られていますが、

この深さの海水は、 約2000年前の海水 で、亜鉛やセレンなどを代表に多くの

ミネラルを含み、他で作られるスピルリナとは大きな差が出来、ハワイアンスピルリナは

世界でも最高級品質と言われています。


カロチノイドは抗酸化物質で、生活習慣病や白内障・冠状動脈疾患などの予防能力が

あるとされています。さらにβ-カロチンは抗酸化物質というだけでなく、

免疫強化物質とも言われています。



スピルリナは、約35億年前から地球に存在して来た微細藻類の一種です。

形が”スパイラル(らせん)”に似ている事からスピルリナと名付けられました。

スピルリナはわずかな溶存成分と強い太陽光と水と空気を生命原として繁殖し、

藻体内には豊富な栄養素をバランスよく蓄積、強靭な生命力をもち、しかも

消化性がよいのが特徴です。

よくある質問

Q1:放射性ヨウ素についてサプリメントや薬剤での予防法は?

A1:放射性ヨウ素についての対策は、放射能を帯びていないヨウ素を予め体内に

   摂取しておき、放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和させておくことが
   重要です。

   そのためにヨウ素剤があります。ただし、ヨウ素剤は効果がありますが副作用も
   あります。

   緊急の場合は政府が配布してくれますが、通常は使わない方がいいでしょう。

   また基本的には医師の処方が必要になりますので、市販では売っていません。

   ですので、食べ物やサプリメントから要素を摂取することをお勧めします。

   ヨウ素はスピルリナ、昆布やわかめ、ひじきなどに多く含まれています。
   
   また、40歳を超えると放射性ヨウ素による害は少ないのでそれほど意識する
  
   必要はないと思います。但し子供は甲状腺ガンになる確率が高いのでしっかりと

   ヨウ素を摂取して下さい。

Q2: 放射性セシウムについてサプリメントや薬剤での予防法は?

A2:放射性セシウムについての対策は、スピルリナがおすすめです。

   ロシアの放射線医療研究所はスピルリナは体内の放射性セシウムを
   排泄するのに効果があると結論しています。

   ベトナム戦争で使われた枯葉剤の後遺症で苦しむ子供達にスピルリナが
   有効であったため、チェルノブイリ原発事故後の後遺症に苦しむ子ども

   たちにも与えられ、83%の子どもたちの尿から検出される放射能濃度が
   減少した、という研究があります。(For Immediate Release June 1991)

   また、スピルリナは栄養も豊富なので日常の栄養補給にも最適です。

詳細はこちらをクリック

0
タグ: 口コミ 通販 効果

 

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ