2008/7/9

洋食な日々  LESSON(IP)
フランス料理講習会 2回目 〜ドゥ二・リュッフェル氏のメニューより〜

                昨日はイルプルに行っておりました♪
          日曜日にも仏料理講習会に行って一昨日も夕飯はパスタでした
            ちょっと洋食続きでおなかが重たくなっておりますが
           これで老後の海外移住なんて可能なのだろうかと思う(笑)

           クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず「こ・こ・こんなに?!」のムール貝をスープに致しました(笑)フランスのモンサンミッシェル近くからの輸入ムールはとても小ぶりでしたが、とても濃厚な味わいです。こちらはルイユでいただきます。初めはルイユなしで味見しましたが、やっぱりあった方がムールの磯っぽさがマイルドになって更に美味しくなります。

           クリックすると元のサイズで表示します

白く飛んでしまっていますが↑お許しを!あまりじっくりと写真を撮っている雰囲気ではないのでカメラの調整が出来ずでした。こちらは以前ドゥ二さんの夏の講習会に参加した際にも教えていただいたバスク風鶏の煮込み。ベーコンや玉ねぎと炒めた白いんげん豆を添えています。煮込み加減でソースの味の濃さが変わってくるように思います。椎名先生のよりも少しだけ優しかったけど、しっかり塩分を含んだ美味しい濃厚な味わいでした。

           クリックすると元のサイズで表示します

美味しいドゥミグラスさえあればとても簡単にできてしまう”牛の蒸し煮プロヴァンス風”です。そう、ドゥミグラスさえあれば。ここがポイント!つまり、ないのよ(笑)自身でも同じようなお料理を作りますが、私はロゼワインでもう少しトロトロに。今度久しぶりにやってみますかねーとちょっとファイトが湧いてきたような?
こちらもとにかくお味がしっかりしていて濃厚です。やっぱりフランス料理はこういうしっかりとした味わいの伝統料理が素敵だなと思いました。

ところで今回は当ブログを読んでいただいていた師範の方ともお話させていただきました♪実にこのクラス、スタッフの方が「豪華メンバー」というだけあってお料理同様に内容の濃いみなさまがお集まりです(笑)お話させていただいた際に思わず笑ってしまったのですが、どうやらこれだけ美味しいものを食べているので”太った人”を想像されていたのだとか。Mさん、甘いですよ〜洋服で隠しているところをお見せしていませんから!

このフランス料理講習会は次回が最終回。折角仲良くなったのに何となく寂しいけれど、また他の講習会でお会いできるかもというのがイルプルのいいところです。


0

2008/7/15  14:02

投稿者:Y
☆fuwafuwamakikoさま☆
この単発講習会はなかなか内容が濃くて申し込んだのです。
でも念のため申しておきますと、普段は和食
そこにたまにイタリアンとなんちゃっておフランスです(笑)
でも好物は美味しい干物と納豆なのよ〜♪

2008/7/13  10:07

投稿者:fuwafuwamakiko
ムール貝のスープ、バスク風鶏の煮込み、牛の蒸し煮プロヴァンス風す
べて美味しそうで。。。 YPSILONさんのお料理フランスに住んでいる
方のようでおしゃれですね〜^^
フランスではメニューが読めないことを忘れてました〜><。

2008/7/11  11:35

投稿者:Y
☆s.kちゃん☆
そうなの。お料理もメンバーも濃厚ですごい雰囲気で進んでおりますよ(笑)ほとんどの方がフランス料理を受講されているので久しぶりに下っ端?としてはたらかなくてはと焦ってますけど、皆さま手際が速くてアタフタしちゃうのよ(笑)

2008/7/11  11:32

投稿者:Y
☆mrmrさま☆
こちらこそ先日はお世話になりました♪コメントぜひぜひ残して下さいね〜(笑)ワイン蒸しのムールも魅力的ですね!で30個ムールがmrmrさまのおなかに!?(笑)これって贅沢な幸せですよね。次回も仲良くしてくださいませ☆

2008/7/11  9:58

投稿者:s.k
う〜ん、イルプルの濃厚なお料理の香りが漂ってきて、楽しそうな教室が想像できるわ〜♪
ドゥミグラス!お作りになるならば少々多めにお作り頂けると嬉しいんだけど!?(笑)


http://content-sk.at.webry.info/

2008/7/10  21:17

投稿者:mrmr
きゃ〜!!私のことが載っているわ−☆
と感激してしまいました。永久保存しなくっちゃ!先日は楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます!。持ち帰ったムール貝は、にんにくとたまねぎ、ムール貝を炒め、白ワインを投入!!軽く30個は食べたのではないでしょうか??では、次回もよろしくお願いします。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ