離婚相談と離婚の財産分与  離婚

財産分与というのは、一般的に婚姻中にお互いが築いた財産を清算することになります。

たとえ名義は一方の配偶者となっていたとしても他方の協力があってのことでありますので、潜在的に夫婦共有財産と考えられます。


それに妻が職業を持っていた場合であっても、持っていなかった場合も同様になります。


2人で築きあげた財産を分け合うものになりますから、離婚原因を作った側からも財産分与の請求は可能となります。


財産分与というのは二人で築きあげた財産を分け合い清算するものなのですが、清算という以外の要素として扶養的要素や、慰謝料的要素があると理論上はされています。



他にも離婚問題をスムーズに解決するためには、専門家に離婚相談するのもオススメですし、専門家が作成した離婚マニュアルも参考になりますよ。

離婚大全集のレビュー

こちのサイトで詳しい内容がレビューされていますので、ぜひ参考にしてください。
0

離婚問題を解決(財産分与)  離婚

まず、離婚というのは、慰謝料、養育費、財産分与、これらの3つが揃って離婚時のお金の話が完結することになります。

慰謝料の請求ができない離婚であっても、離婚の財産分与は、離婚理由に関わらず請求ができます。
ですが、離婚原因を作った側の財産分与が慰謝料として差し引かれることによって、ゼロとなる場合もあります。


例えばですが、妻の不貞行為が原因となったケースでいうと、たとえ財産分与がされてもその中から慰謝料を支払わなければならないということになります。

逆に夫が離婚原因を作ったとしたら、慰謝料の分だけ妻に分与される比率はその分高くなります。


また、たとえ仕事をしていなくても、財産を築くために夫の労働をバックアップしているのですから、もちろん半分は妻のものになりますが、どうしても家事労働の方が低く評価されてしまいがちのようです。



離婚問題にはこちらのサイトも参考になると思います。

詳細はこちら

役立つ情報を参考にしてください。
0




AutoPage最新お知らせ