村井メモ

 

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:しゅう
投稿に、コメントを頂けるのはほんとうに珍しいことなので、うれしく思います。

>「棘をもつ人間」の着想はすばらしいですね。
ほんとうにそうですね。

  宵ごとに蜜柑色に点つた窓から呻きと祈りの変らぬ連禱(リチユアル)が
  香炉のやうに星々の空に立ち騰つた

ここが特に美しいですね。

  彼等が作つた花々が壮麗な森をなした
  主のない家畜どもがその蔭に跳ね廻つた

ここに意味するものがあるのでしょうか? 何なのでしょうか・・

会田綱雄にも、「伝説」という詩があるのですね〜 それも面白いですね。 会田の「伝説」は、佐々木幹郎の「木」と言う詩に通じているなって思いました。あとで、東風にでも引いておきますから読んでみてください。
昨夜は、ここが開かなかったです。時折とても開くのが遅い、TEA CUPは不安定です。
投稿者:葉山
すばらしい物語ですね。

これまで、会田綱雄とか粕谷栄市などの詩(散文詩)が好きで読んできましたが、

「棘をもつ人間」の着想はすばらしいですね。

真壁仁の名も久しぶりです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ