2011/3/3  22:27

何もそこまで自分を晒さなくても。  MUTTER

反論したいときになんとか耐えて耐えて。
「頭いいけど賢くはないよな」と言われたときにどうすればいいんだろうとよく考える。
相手が学歴だけを見ると勉強はそんなにできない子で、「ほんなら頭良くなくて賢くもないとか最悪やんな」って皮肉で言い返すこともできるけど別にそれでもいいじゃんというか別にその子のことを賢くないとは思ってないし。
張り切ってそういう批判をしたいわけでなく。
自分もその台詞を他人に言いたいときはあるけどやっぱり自分より高学歴の人が対象になってる。
相手より自分が勝ってるところを見つけたくて言うてる。
″ところ″って、この場合は学歴か人柄かの2つしかないわけやけど。
もっとばーっと広く見たら月並みの言葉で言うと人それぞれなわけやから誰が勝ってるとかないしね。
自分より高学歴な人を批判するときに使える(相手に一番効くだろうと思える)言葉がそれなのかなと思う。
うーん、しかしそれを言ってるときの自分ってなんかテンション上がってるのよな。
もちろん言われたらだだ下がりやけど。
やっとこいつを黙らせられるような言葉を見つけた!って思ってる。
そう思ってしまう自分はやっぱり賢くないって言えるんやろうね。
いや実際人に言われてるわけだから賢くないってことだ。
なんていろいろ凹んだりもしてみて、でもそれはおくびにも出さないでいたい。
言われんくても賢くないなんて分かっとるちゅうーねん!と怒りだすこともなく。
「あれ?そう?賢いと思ってたけどなー」っておどけてみせるくらいかな。
自分をそこでは出せていないとはいえその場での作ったノリも自分なわけで、だめだなぁと思う。
うん、だから、もう言わないでいよう、自分は。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ