2019/10/9

特別ハイク妙義山石門群巡り(1日目)191006  アウトドア

特別ハイク
妙義山石門群巡り(1日目)



青葉ハイキング部山仲間達と群馬県にある妙義山(標高1,103.8m)、群馬・長野県県境にある日本100名山の一つである四阿山(標高2,354m)、根子岳(2,207m)への2泊3日の山旅に出かけました。

第1日目
群馬県にある妙義山日本三大奇景の一つとしても有名な岩壁や奇岩が立ち並ぶ石門群巡りだった。
今まで経験したことのないようなくさり、くさりで登ったり・下ったりの連続でした。
くさりの数は画像の撮り忘れも入れれば10数本はあったと思う。
これには参りました。

コース
第1日目(2019.10.6)
市が尾(マイクロバス)〜透明・上信越自動車道〜松井田妙義IC〜妙義山〜菅平高原ホテル(泊)


クリックすると元のサイズで表示します
妙義山登山マップ
因みに日本三大奇景(奇勝・渓谷美)とは、

★妙義山 (群馬県甘楽郡下仁田/富岡市妙義・安中市松井田町)
★寒霞渓 (小豆島、香川県小豆郡小豆島町)
★耶馬渓 (大分県中津市)・・・を指すのだそうだ。


クリックすると元のサイズで表示します
県道に面した一の鳥居(昭和四十九年)


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社参道


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社総門
国指定重要文化財に指定。
鳥居をくぐり急坂を上り詰めると総門(安永二年)がある。


クリックすると元のサイズで表示します
総門の仁王様(1)


クリックすると元のサイズで表示します
総門の仁王様(2)


クリックすると元のサイズで表示します
旧御本社の波己曾社
石段を上がると、旧寺域と同じ高さに銅鳥居(享保四年・県重文)があり、鳥居をくぐった右手奥には波己曾社がある。


クリックすると元のサイズで表示します
石段
銅鳥居から参道を進んで石造の太鼓橋を渡ると、上部神域へと一直線に延びる165段の石段があり、登り切った神域の入り口に随神門(明暦頃・県重文)がある。


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社随神門(明暦頃・県重文)


クリックすると元のサイズで表示します
随神(1)


クリックすると元のサイズで表示します
随神(2)


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社唐門
随身門をくぐり左折して更に階段を登ると唐門にたどり着く。
見事な唐門で国指定重要文化財。


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社拝殿
江戸時代の権現造りで国指定重要文化財。
唐門をくぐった正面が拝殿。


クリックすると元のサイズで表示します
妙義神社総門
社務所側から見た総門


クリックすると元のサイズで表示します
石門群登山道入り口


クリックすると元のサイズで表示します
石門群案内板


クリックすると元のサイズで表示します
石門群登山スタート


クリックすると元のサイズで表示します
くさり1(登り)
スタートしてすぐにくさりの登場で、これからくさり、くさりの連続だった。


クリックすると元のサイズで表示します
石門入口


クリックすると元のサイズで表示します
巨岩の間を登る


クリックすると元のサイズで表示します
第1石門


クリックすると元のサイズで表示します
更に巨岩の間を登る


クリックすると元のサイズで表示します
くさり2(横登り)
カニの横バイ


クリックすると元のサイズで表示します
第2石門


クリックすると元のサイズで表示します
たてばり
くさり3(登り)


クリックすると元のサイズで表示します
くさり4(下り)


クリックすると元のサイズで表示します
第3石門
くさり5(登り)


クリックすると元のサイズで表示します
くさり6(片手下り)


クリックすると元のサイズで表示します
くさり7(登り)


クリックすると元のサイズで表示します
広場
第4石門前にあずまやもある休憩広場があります。


クリックすると元のサイズで表示します
第4石門
石門の奥に見えるのが大砲岩です。


クリックすると元のサイズで表示します
大砲岩(1)
ズームアップ。


クリックすると元のサイズで表示します
大砲岩(2)


クリックすると元のサイズで表示します
大砲岩から見下ろした展望


クリックすると元のサイズで表示します
くさり8(下り)


クリックすると元のサイズで表示します
くさり9(登り)


クリックすると元のサイズで表示します
天狗の評定
くさり10(登り)
ここのくさり場は上り下りもかなり危険な所でした。


クリックすると元のサイズで表示します
天狗の評定から見た展望


クリックすると元のサイズで表示します
見晴台


クリックすると元のサイズで表示します
中之嶽神社へ向かって下山


クリックすると元のサイズで表示します
中之嶽神社本殿


クリックすると元のサイズで表示します
妙義山、中之嶽神社の日本一のだいこく様

ビルの7階建てに相当する高さ20m、重さ8.5トン。
剣を持つめずらしい姿で、病や厄、悪霊を祓い福を招くと言い伝えられている。


クリックすると元のサイズで表示します
峠の釜めし(碓氷峠)
ここで昼食したあとに宿泊地、菅平高原ホテルへと向かう。

この日に歩いた歩数: 8,270歩(約5.4km)

青葉の百姓 2019.10.9記


ネット仲間からのコメントです。
-------------------------------------------------
ふーこさん
2019年10月10日 07:56
石門や大砲岩、すごいですね!
近くで見ると迫力あるでしょうね〜
でも、鎖で登るのは怖いです。高い所苦手なので(笑)

青百
2019年10月11日 11:51
ふーこさん、
幾つかある石門も凄いが大砲岩は更に凄いね!
迫力満点でした。
鎖で登るのは怖いが、降りる方が更に怖く、汗が出たと思ったら冷や汗でした。



マイビオラさん
2019年10月10日 10:05
皆さんで険しい岩場も何のそのでしょうね。
鎖を持って登るのも足元がたいへんだったことでしょう。
仁王門も滝もあり秋の一日たっぷり楽しまれましたね。

青百
2019年10月11日 11:58
マイビオラさん、
険しい岩場の鎖場は1本1本固定している輪を通り抜けて行かないと次の登山者が上り下り出来ない。
この日の歩数は少なかったが結構時間がかかりました。
妙義山神社の仁王門は迫力がありました。
明日は日本百名山、四阿山及び根子岳の登頂です。


青葉の百姓 2019.10.11追記


--------------------------------------------------
けーさん
2019年10月11日 23:00
凄いです〜〜〜〜〜!!!
9月に妙義神社まで行って来ましたよ
その先は〜無理!無理!
今 写真を見て「行かないでよかった」と思っています
そして次の日は根子岳なんて・・・・凄い!しか言葉がありません

青百
2019年10月12日 06:34
けーさん、お早う!
けーさんも妙義神社まで行って来ましたか?
妙義山は信仰の中心となっている神社で、歴代の徳川将軍家に深く信仰された神社でもあり素晴らしい、何と言っても山肌が凄いです。
次の日の100名山四阿山と根子岳登山は歩く距離も長く大変でした。
追ってアップしますね。


青葉の百姓 2019.10.12追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2019年10月16日 14:48
くさりのある道を登れるとは健脚ですね。
下を見れませんよ!

青百
2019年10月16日 16:56
さぬきふじ・2さん、
くさりのある山登りはあまり良い気分ではないですよ。
特にくさりの下りは脚の降りる位置を確認しながら降りるので怖いです!


青葉の百姓 2019.10.16追記





2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ