にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへにほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←ポチッと押して〜〜!

2008/11/9

ラーメン!ラーメン!ラーメン!  ラーメン

今日は第3回RTT!朝家を8時に出発!今日は気合が違います!
途中W氏を拾い、いざ向かうは県南の湯沢市へ・・・下道だけで11時ちょい過ぎに到着!ラーメン食べる為に3時間走ってきました!

一軒目は!【長寿軒】さんへ。
クリックすると元のサイズで表示します
↑ラーメン 500円

ここのお店はラーメンとラーメン大(大盛)しかありません!味も醤油のみ!
こってり醤油だが・・・そんなでもないと思ったが・・・夜になったらきました。
ラーメン一杯が500円で食べられるのは嬉しいことです!県南地方ではラーメンに麩が入ってる所が多いですな〜。
時間が早かったので直ぐに椅子に座れましたが、食べ終える頃には待ち人数人いました!地元の常連さんに愛されてるお店だと感じました。飛びぬけて凄い!とは思わなかったけど、なんか何時も通いたくなるようなお店のような感じでした。


そんで二軒目は近くにある、味噌で有名な【大元】さんへ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑味噌ラーメン 700円

「やってらんし」とは・・・営業中ということです。
ここは味噌で有名なお店で、今回どうしても行きたい店の一つだった!
中に入るとカウンターは満席!待つ人用椅子も15席位かな?ほぼ満席状態で・・・盛況店であることがうかがえる。
しばし待たされてカウンターへ・・・座って待ってていてもなかなかラーメンはきません!その訳は・・・超太麺だから茹で上がるまで時間が掛かるのだ。鍋に麺を入れて5分位茹でてたんでないかな?
食べ始めると、やっぱり美味しい!味噌ラーメンが有名なのが解かります。ただ一つだけ嫌だ?残念だったのが、摺ったニンニクを入れられていたのが好きではない!私はラーメンにニンニクは滅多に入れないし、食べた後のニンニク臭が嫌いなのだ!今度来店した時はニンニク無しで注文しよう!
ここでたまたま隣に座った若いお兄ちゃん達が常連さんみたいで・・・「味噌、麺トリプル、ハジチャー、野菜多め」と注文していた・・・味噌ラーメンの野菜多め+チャーシューの端っこザク切りで・・何と!麺は3玉!(たぶんあってると思うが)
大盛(100円)が麺1玉半で、ダブル(200円)が2玉で、トリプル(300円)が3玉だと思うので・・・それを完食してました!恐るべし!でも考えたら、こちらもラーメン2杯目だから・・・そんなに変わらないかな?

湯沢は考えると、けっこう有名なラーメン屋さんが多いなー!本当は五拾五番さんへ行きたいと思ってたんだけど・・・日曜日定休日だったので残念でした。



腹一杯になり・・・とりあえず夕方まで暇つぶしすることに・・・

向かった先は横手市増田の【まんが美術館】へ。
釣りキチ三平で有名な矢口高雄先生の企画展が開催されてました。ざっと見ても5分位で終わってしまったが、けっこう面白かったです!
なんたって私、幼少の頃は釣りキチだったので!休みの日には友人と自転車に乗って鮒釣りに没頭してました!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そのほかにもいろいろな有名漫画家さんの作品などが展示されていて楽しかったです。
因みに釣りキチ三平の三平三平の住民票の写しが展示されてたんだけど・・・生年月日が昭和48年7月6日生まれだそうです!今年35歳みたいです(笑)


その後大仙市に新しく出来たイオン大曲SCへ。
中に入ったら・・・いきなりマッサージ屋さんのチラシをもらったので・・・いきなり私だけやってもらうことに・・・気持ち良かったです!でも60分で6,300円はかなり高いのでは?たぶんもう行かないかな〜?遠いし!


そして本日3杯目は由利本荘市西目の松風亭へ行こうと思ってたんだけど・・・時間的に遅くなるなー?と考えて・・・秋田市内に戻る事に・・・
そんでやっぱし、最後は外れでない美味しいラーメンで締めたいと思ったので【室蘭ラーメンの店 八屋 本店】へ。
クリックすると元のサイズで表示します
↑味噌ラーメン 714円  野菜半分−50円  なので664円!半端だ!

しかも最後はラーメンの他にチャーライ並189円まで食ってしまった!もう完全にグロッキー!しばらくラーメンは食べたくないな〜!?とりあえず明日から1週間禁ラーすることにしました♪出来るかなー!??
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ