2016/10/4

区民バスハイクF錦秋の戦場ヶ原&日光白根山161002〜03  アウトドア

区民バスハイクF
錦秋の戦場ヶ原日光白根山



青葉区体育協会主催の区民バスハイクFで錦秋の戦場ヶ原&百名山日光白根山(2578m)へ登って来ました。

 日 時: 10月2日(日)〜3日(月)

 行 程: 1日目 午前6時30分 
        田園都市線市が尾駅西口集合〜戦場ヶ原
        〜丸沼高原(泊)
      2日目 日光白根山登山(2578m) 
         一部ロープウエイ利用)〜市が尾

 参加者: 男性16名、女性22名 総勢38名。
        (男女比は男性4割、女性6割でした。)



一日目
クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の茶屋到着(10:03)
ここから湯滝までのハイキングコースを歩いてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の滝
栃木県日光市にある滝。奥日光地域を代表する滝の一つ。
華厳滝湯滝と共に奥日光三名瀑のひとつとされている。
標高は1350メートル。
滝全長は210メートル。滝幅は10メートル。


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の滝から戦場ヶ原へ


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の橋から見た地獄川
突き当りが中禅寺湖


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(1)
昼食
ほんの一瞬でしたが青空が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(2)
倒れている大木
突風で倒れたのか、大雪で倒れたのか分からないがかなりの大木が横倒しになっている。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(3)
白樺の並木


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(4)
男体山と戦場ヶ原の草紅葉
綺麗に黄変していました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(5)
展望台で小休止。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(6)
泉門池(いずみやどいけ)
着替え休憩をしたが、池にはマガモが泳いでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(7)
小田代橋
湯川にかかっている小田代橋を渡り、湯川に沿って上流へ進む。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(8)
途中で湯滝の手前に小滝がある。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(9)
木道をさらに進むと湯滝へ。


クリックすると元のサイズで表示します
湯滝
栃木県日光市奥日光地域の湯ノ湖から流れ落ちる滝。
落差50m、幅25m。華厳滝竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑のひとつとされている。


クリックすると元のサイズで表示します
湯滝茶屋(13:28)
再度バスに乗り丸沼高原へ。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山ロープウェー乗り場(14:17)
丸沼高原、白根山荘へ着いたがまだチェックインの時間前だったので、翌日利用する日光白根山ロープウェー乗り場までぶらり歩きしてきました。


二日目
クリックすると元のサイズで表示します
丸沼高原、白根山荘(7:48)
8:00スタートのロープウェーに間に合うように白根山荘を出る。


クリックすると元のサイズで表示します
登りの日光白根山ロープウェー
乗り口は標高約1400m
全長2500m、高低差600m、定員8人、所要時間15分(片道)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山ロープウェー山頂駅広場
標高約2000m
ロープウェー山頂駅広場へ着くと目の前に日光白根山(2580m)が見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
二荒山神社鳥居(8:32)
日光白根山へ向かってスタート
ここから標高差約600mを登ることになります。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(2)
白根山まで2100m。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(3)
途中で綺麗な山々が見えます。
はるか彼方に同じ100名山の燧ヶ岳(標高2,356m)が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(4)
かなり急坂の山道を登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(5)
森林限界を抜けたところは標高約2400mで、ここから約標高差200mを登ると山頂です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(6)
石ころだらけの山道を登って行きます。
あと残り約150m地点。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(7)
手前の山頂。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(8)
いったん降りて再度登った高い部分が日光白根山山頂です。
あともうすぐ。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(9)
山頂岩山のあいだから五色沼が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(10)
日光白根山登頂(11:31)
山頂は大岩の塊みたいなところで約20人も登ればいっぱいなってしまう狭さです。
二荒山神社をスタートしてから山頂まで約3時間かかったことになります。
この日は風速20mくらいの突風が吹いていて飛ばされそうでした。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(1)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(2)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(3)
標高2,578m


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(4)
正面左側に見える山が男体山(標高2,486mの火山)で中央に見える湖が日光中禅寺湖です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(1)(11:45)
山頂には約10分くらいいて下山開始です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(3)(12:33)
森林限界辺りで昼食しました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(4)
下りも同じコースを下りてきたつもりだが、こんなに急な斜面を登って来たのかと思いながらの下山でした。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(5)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(6)(14:23)
山頂からここまで約2時間38分かかったことになります。


クリックすると元のサイズで表示します
下りのロープウェー
この頃に雨もパラパラと降り出してきました。

このところ台風・前線の影響による天候不順で心配されていた年に1回の一泊バスハイクも、お陰様で2日間ともまあまあの天気でパラパラ雨もありましたが、全員無事に登頂できました。
引率して頂いた青葉区体育協会ハイキング部スタッフの皆様、ありがとうございました。

来月11月20日(日)は
箱根(鷹ノ巣山〜飛龍の滝〜畑宿〜箱根旧街道)ハイキングが予定されています。
また元気に再会しましょう。

歩いた歩数: 一日目16420歩+二日目19810歩(約10.6km+12.9km=約23.5km)

青葉の百姓 2016.10.4記


ネット仲間のコメントです。
----------------------------------------------------
セレスさん
2016年10月04日 15:35
日光はすっかり秋景色ですね!

青百
2016年10月04日 16:15
日光戦場ヶ原の草紅葉は見事でした。
百名山日光白根山の紅葉はもう終わったのか、これからなのかあまり良い色付きはありませんでした。
だが森林限界までの山道には落ち葉が積もっていたので落葉した後なのかね?



★昴☆SUBARU★さん
2016年10月04日 16:24
ヾ(^∇^)こんにちわ♪☆彡
日記、拝読致しました。
白根山と言うお山は、各地にあるようですね。
草津白根山へは、数年前に出かけました。
機会があれば、日光白根山、男体山へ登ろうと思っています。
余談ですが。
約25年くらい前、中善寺湖畔の金谷ホテルに宿泊しました。
当時の中善寺金谷ホテルは、木造のクラッシックな宿だったと思います。
男体山へ登ろうかと思いましたが、大雨で登れませんでした。
では、失礼しました。

青百
2016年10月04日 18:18
★昴☆SUBARU★さん、青百です。
そうなんです。
白根山はなんか色々あるようですが草津白根山も有名な山ですね。
日光白根山は100名山で栃木県で一番高い山だそうで東北、北海道を入れても日光白根が一番高い山です。
日光金谷ホテルや中善寺湖畔の金谷ホテルもどちらも泊ったことはないです。
男体山は大雨で残念でしたね。
私もまだ男体山へは登っていないです。


青百
2016年10月04日 20:10
★昴☆SUBARU★さん、燧ヶ岳(ひうちがたけ)も100名山で福島県にある火山で(標高2,356m)ですよ。
日光白根山へ登っている際に遠くに見えましたよ。



★昴☆SUBARU★さん
2016年10月04日 20:17
青百さん、
 今晩は、コメント拝読いたしました。
中善寺湖畔の中善寺金谷ホテルは、木造二階建てのクラッシックなホテルでした。
廊下を歩きますと、ミシミシと音がしました。
浴室はお湯が下へ漏れたら困るので、一階の浴場へ出かけました。
 男体山への登山は、二荒山神社から始まるようでした。
約5年前、スイス山旅友の会の再会登山で草津白根山へ出かけました。
草津白根山は、活火山ですので山頂を踏むことが出来ませんでした。
スイス山旅友の会とは、2009年7月にスイスへトレッキングに出かけた仲間11名で作っている親睦団体です。
毎年、再会登山と称して各地の山へ出かけています。
では、失礼しました。

青百
2016年10月04日 20:30
★昴☆SUBARU★さんもいつまでもお元気で良いですね。
スイス山旅友の会なんてあり再会登山と称して色々行けて良いですね。
草津白根山は、活火山で有毒ガスも出ていて山頂までは登れないですよね。


青葉の百姓 2016.10.4追記


---------------------------------------------------
★昴☆SUBARU★さん
2016年10月05日 05:41
♪Good Morning♪今朝は、爽やかにお目覚めですか〜♪
 拝復、コメント拝読いたしました。
福島県の燧ヶ岳へは、平成20年10月に単独で登りました。
前日のお宿は、御池の国民宿舎にお世話になりました。
 その時、夕食でご一緒した埼玉県から来られた方も単独で燧ヶ岳へ登られたようでした。
その方とは、燧ヶ岳の登りの登山道で出会いました。
埼玉県から来られた方は、御池から登られたようでした。
小生は、尾瀬沼から登りました。
 最近、来年のスイス旅行について色々考えています。
来年の事を言ったら鬼が笑うと申します。
 2009年7月にスイスへトレッキングに出かけた仲間で「スイス山旅友の会」を作っています。
来年の7月頃、再度スイスへ行こうという話があります。
来年のスイス行きでは、ツェルマット村かグリンデルワルドの貸別荘を利用しようと思って居ます。
 では、失礼しました。

青百
2016年10月05日(水)06:47
昴☆SUBARU★さん、おはようございます。
早々と再コメントありがとうございます。
昴☆SUBARU★さんの自己紹介を見ましたら、山の会に色々と入っているのですね。
それでも趣味の中の3番目ですか? 趣味も多いですね。
青百も多趣味が趣味の何でも屋です。 ではまた


青葉の百姓 2016.10.5追記


----------------------------------------------------
★昴☆SUBARU★さん
2016年10月05日 07:37
青百様へ
 お早うございます(^○^)/
拝復、伝言有り難うございました。
 此方の方で、返信させて頂きます。
青百様は、色々と国家資格とかご趣味をお持ちのようですね。
一級建築士、管理技術者、RSTトレーナー
趣味:富士山登頂歴40数回、釣り(海・湖・川どこでも)、絵画、一人ぶらり歩き、家庭菜園、デジカメ写真、お酒、パソコン、多趣味が趣味の何でも屋です。
 小生は、昔勤めていた会社の総務部営繕課に勤務していた時、清水建設神戸支店の松谷さんに教えて貰って二級建築士の試験を受けました。
その試験は、2年かかりましたが合格しました。
むかしむかし清水建設の常務取締役・設計本部長をしておられた三戸さんは小野高校の同級生です。
 カメラは、昭和36年頃から始めたと思います。
最初に買った一眼レフカメラは、Nikon Fでした。
其れ以降、日本光学工業(現:ニコン)の製品が一番だと思って使っていました。
約13年前、富士フイルムの製品に出会ってから、富士フイルムの製品に切り替えています。
 絵画鑑賞は、国公立の美術館、博物館の無料パスポートを貰ってから頻繁に出かけるようになりました。
国立京都博物館では、当時文化庁長官をされていた河合 隼雄先生から色々な事を教えて貰いました。
河合 隼雄先生は、フルートがとても上手でした。
 むかしは、美術館、博物館の外観の写真撮影をしていました。
その時は、Nikon F3/PにPCニッコールレンズを取り付けて撮していました。
 スイス山旅友の会の仲間に、日本建築学会とか東京都建築士会にお勤めだった人がおられます。
 では、失礼しました。

青百さん
2016年10月05日 08:06
★昴☆SUBARU★さん、会社の総務部営繕課に勤務していて、二級建築士の試験を受けて合格するとは凄い勉強家ですね。
カメラに関しては最初に買った一眼レフカメラは、私も★昴☆SUBARU★さんと同じくNikon Fでしたよ。 そのあとNikon F3も・・・。
たまに変わったカメラも使いましたが、Nikon 製品を多く使っています。
スイス山旅友の会の仲間に、日本建築学会とか東京都建築士会にお勤めだった人がおりましたか?
建築屋って平均してカメラや絵を描く人が多いですね。


青葉の百姓 2016.10.5追記






3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ