2017/10/4

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山二日目



二日目は
蓼科山荘から双子池まで下山し、双子山へ登り大河原峠まで下山するルートです。
このルートはそんなにゴロゴロ石もなく、雨模様だったが雨にも降られず景色も良く気持ちの良いハイキングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

二日目は赤線の◎から◎までのルートです。
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
日の出
早朝起きて日の出を見たが、山荘周辺は樹木で良く見えなく林の間から明るくなったのを確認できただけでした。


クリックすると元のサイズで表示します
ウソの食事
昨日夕方ウソを見たが、翌日も居るかと外へ出るとウソの幼鳥がひまわりの種を食していました。


クリックすると元のサイズで表示します
出発前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
二日目スタート
カラマツ林の中を下る。


クリックすると元のサイズで表示します
紅葉する樹木
ところどころに紅葉した樹木あるがもう終わっているようです。


クリックすると元のサイズで表示します
石ころの沢道


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の中を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
天祥寺平


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(2)
この辺は平らになっていて歩きやすかった。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池
池となっていたがほとんど水がなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(1)


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(2)
倒木と大石を避けながら登る。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(3)
倒木と石ころの山道。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(4)
倒木だらけの山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(5)
亀甲池から登って降りたところが双子池(雌池)です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雌池)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
双子池(雌池)脇から双子池(雄池)へ歩く


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雄池)
役所の方が水質検査をしていました。


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
標高差約200mを登って双子山へ


クリックすると元のサイズで表示します
枯れた熊笹の高原を見ながら歩くと双子山山頂です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山頂へ着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山(標高2224m)山頂で


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
大河原峠(標高2093m)
ここにバスが待機していて白樺湖温泉スズランの湯で入浴し帰宅する。


クリックすると元のサイズで表示します
オコジョ
大河原峠にある食堂の建物床下からオコジョが顔を出しました。

私は初めて見たので調べると、
オコジョとは、ネコ目(食肉目)イタチ科に属する動物。
別名、ヤマイタチ(山鼬)。
夏と冬では印象がガラリと変わりカモフラージュの為なのか、夏は周りの岩や木々と同じ茶色い毛皮、一方冬は一面の雪と同化してしまい真っ白になり鼻だけピンク色だと言います。

早速パチリしたあと、すぐ右の方へ走って消えました。
左端の隅に顔を出しているが判りませんか? 
クリックして大きくすると判ります。


クリックすると元のサイズで表示します
白樺湖温泉スズランの湯


クリックすると元のサイズで表示します
コスモスの花
もうすっかり秋ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
たてしな自由農園 原村店
帰宅途中でたてしな自由農園でお土産品を買い帰宅の途に就きました。
自宅には19:00前には無事につきました。


二日間でこの素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダースタッフの皆さんが事前に下見もされたお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


二日目に歩いた歩数:17,910歩(約11.7km)でした。

青葉の百姓 2017.10.04記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
けーさん
2017年10月06日 11:32
健康で健康な青葉区民さんですね
お見それしました <(_ _*)> 
雨に会わずに何よりでした

青百
2017年10月06日 12:03
けーさん、コメントありがとう。
青葉区の皆さんは全くお元気です。
今回は女性が6割も居て圧倒されました。
二日とも雨に当たらず、帰りのバスでは降っていましたが良かったです。
石ころゴロゴロの百名山は忘れられないですね。



ゆうまさん
2017年10月07日 03:38
蓼科山は麓まではよく行くのですがとても登る元気はありません(ーー゛)
山の上から紅葉も本番になって来るとなんとなく落ち着きません。

青百
2017年10月07日 06:34
ゆうまさん、お早うございます。
蓼科山の麓っていうのは白樺湖周辺ですね?
あそこから良く見えますからね。
遠くから見るとおむすび山のような簡単な山に見えるが、登ってみるとなんとなんと火山で崩れた大石ゴロゴロの急登山道でした。
頂上も全て石ころだらけで歩くことも大変だが、見晴らしは最高でした。
山の麓は紅葉していましたが、上の方は針葉樹が多いのかもう紅葉が終わってしまったのかところどころ紅葉しているだけでした。



名前:ふぅさん
日付:2017年10月07日(土) 02時47分
大河原峠経由の下山は厳しい所も無くて、良かったのでは?
オコジョに出会ったのですか?素敵(^◇^)
冬毛? 真っ白でふわふわきっと可愛かったでしょう。
私は本物を見た事がありません。
冬毛のライチョウは出会ったことがありますが・・・(^◇^)
3連休ですね。
岐阜は信長祭りで行列が出ます。
今年は藤岡弘さんが信長さんになります。
良いお休みを過ごして下さい。

名前:青百
二日目の蓼科山大河原峠下山ルートは良かったです。
双子池を見て、双子山へ登って大河原峠へ降りて来ました。 
幸運にも大河原峠で可愛いオコジョと遭遇しましたよ。
リトアニアとの交流会にも参加したのですか? 
ふぅさんは横文字がペラペラなので心配ないですね。
11日は静岡にいるので会えないですね。  残念!


青葉の百姓 2017.10.07追記





2

2017/10/3

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山一日目171001  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山一日目


青葉区民バスハイクで日本百名山・蓼科山を訪ねる山旅に行って来ました。
二日間とも好天に恵まれ大石ゴロゴロ急登山道を全員何事もなく無事に完歩出来ました。


日 時: 2017年10月1日(日)〜2日(月)
集 合: 10月1日(日)田園都市線市が尾駅西口横浜銀行前 
      6:30集合
コース: 
市が尾(貸切バス)→中央自動車道→諏訪南IC→蓼科山七合目駐車場→蓼科山荘(昼食)→蓼科山山頂→蓼科山荘(泊)


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山七合目登山口スタート
標高1900m


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

青色が一日目
蓼科山七合目登山口(◎印)→蓼科山荘(〇印)→蓼科山山頂(◎印)→蓼科山荘(泊)(〇印)
赤色が二日目
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹のある山道


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林の山道


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苔の花
なんていう名の苔かわ判りませんが花芽を付けていました。


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
登山中の展望
山道を歩いていて遥か遠くに槍ヶ岳が微かに見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(標高2350m)へ到着。
今晩宿泊する山小屋です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘で昼食。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘から蓼科山山頂を目指しスタート。
思い切って一日目に蓼科山山頂まで登ったのは正解で、翌日は朝日が見えたもののそのあとはほとんど曇り空だった。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(1)
とにかく大石の間を気を付けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(2)
次は倒木を避けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(3)
四つん這いで登ったほうが安全なところもありました。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(4)
途中で一休みをして振り返ると見晴らしが良かった。
しかし、このゴロゴロ石の間を再度急下りして山小屋まで下りなければならないと思うときついです。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(5)
見晴らしが最高です。
それにしてもこんなに多くの大石があるのには驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂ヒュッテ到着
やっとのことで蓼科山山頂前にある山頂ヒュッテまで来ました。
頂上まであともう少し。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(1)
蓼科山頂ヒュッテからまたまた大石だらけの山道をジグザグに歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(2)
周りの山々が綺麗に見えてしばし和らぎました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(1)
蓼科山は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2531mの火山で、円錐形の美しい山容から諏訪富士とも呼ばれる。
冬場で天気が良ければ360度の山々が一望出来ると思うし、さすが日本100名山に選ばれた山であることは確かです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(2)
頂上部は大きな溶岩で覆われているため、風が強かったが樹林が育たず見晴らしは最高です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(3)(標高2531m)
頂上には蓼科神社の奥社があり、登山口にあたる七合目にはその鳥居が立っていて、そこからスタートして登り標高差は約630mで良く登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(1)
右にある山小屋は蓼科山頂ヒュッテです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(2)
大石ゴロゴロで登りも下りもかなり危険で注意深く下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(3)
登りもきつかったが、下りも周囲の状況も変わり先ほど登って来た道とは違うように見えてきつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(1)
蓼科山荘へ無事に到着し、夕食前の団欒をしました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(2)
団欒中に山仲間が蓼科山荘の外にウソという鳥がいると聞いて急いで外を出ると、沢山のウソが集まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
初めて見た鳥だが首のあたりが赤くなっているが、この鳥は雄の親鳥だという。
ウソとはスズメ目 アトリ科 ウソ属に分類される鳥類の一種で全長16cmくらいで、ヒ、フーなどと口笛のような鳴き声を発するようです。
本州以北の高い山で繁殖し、秋冬は低地や四国、九州の林でも見られるとの事だが、たいへん愛らしい鳥ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
こちらは胸のまわりを膨らませてひまわりの種を食している。
幼鳥のようです。
この山荘ではウソにひまわりの種で餌付けされていて、かなりの数のウソがやってきます。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(4)
夕食
登山の一日目が無事に終わりホッとしました。
夕食しながら当日の登山の話や翌日の登山ルートの話で話題が尽きなかった。
二日目の事もあり、21:00頃には就寝しました。

一日目に歩いた歩数:11,510歩(約7.5km)でした。

この素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダーやスタッフの皆さんのお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


青葉の百姓 2017.10.3記

--------------------------------------------------
バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/33.html
--------------------------------------------------

青葉の百姓 2017.10.4追記



ネット仲間からのコメントです。

----------------------------------------------------
マイビオラさん
2017年10月03日 22:26
お天気にも恵まれ蓼科山登頂頑張られましたね。
大きなごろ石ばかり見ているだけでため息が出ますね。
登り切った喜び
空気も美味しかったことでしょう。

青百
2017年10月04日 06:41
マイビオラさん、お早うございます。
コメントありがとう。
運よく蓼科山登頂までは天気も良かったです。
蓼科山七合目登山口スタートしてから山頂まで石、石、石ころだらけの山道でした。
始めは小さかったが頂上近くになるに従い大石だらけで大石の間を探しながらの登山です。
蓼科山は富士山頂の赤茶けた岩だらけと違い、大石を割って噴火したのか河原にある大石と同じものが急坂にごろごろ置かれているって感じですね。
頂上の見晴らしの良さは最高でした。



プー太郎さんへ
2017年10月03日 08:21
昨日やっと山から無事に帰って来ました。
趣味人倶楽部の会員登録2007年12月頃ですか?
凄いの一言。
趣味人倶楽部プロフィール紹介の119ヶ月目、2007年11月頃の登録…これまた凄い!
良く続けられて来られましたね。
これからもず〜〜っと素晴らしい日記を続けて下さい。 
ではまた 青百


プー太郎さん
2017年10月03日 09:56
青百先輩、
今年は、あちらこちらで、熊が出没しております。
行かれた山では、熊と遭遇する危険などはなかったのでしょうか?
先輩が長年続けて来られたブログに比べれば、大したことはありません。

青百
2017年10月03日 10:42
プー太郎さん、お早うございます。
大岩ゴロゴロ山道の蓼科山も林に入れば時々熊が出没しているそうですね。
我々の仲間達は単独ではなくあれだけ大勢の集団で山へ登れば熊も察知し避けるのではないかと思います。
そう言えば私のHPやブログも立ち上げてからあっという間に14年にもなりました。
早いものですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。



さぬきふじ・2さん
2017年10月04日 11:33
1泊しての登山は気持ちもゆっくりしますのでいいですよね。
温泉に入って泊まれるのは最高の気分でしょう。
頂上は大きな石がゴロゴロのようですが座る場所も考えませんとお尻が痛い事だろうと思いましたね。

青百
2017年10月04日 11:46
さぬきふじ・2さん、お早う。
1泊しての登山と言っても山小屋に泊まるだけで、下に降りて来て白樺湖のスーパー銭湯に入っただけですよ。
それでも疲れがとれました。
蓼科山は大石ゴロゴロで、座ることも出来ず寄りかかって休むだけでした。


青葉の百姓 2017.10.4追記




5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ