2019/6/23

区民ハイクE新緑の玉川上水190623  アウトドア

区民ハイクE新緑の玉川上水


2019.6.23
6月の区民ハイクで初夏の玉川上水緑道を歩いて来ました。
天気はあいにく雨模様でしたが、ほとんど雨に降られず多少蒸し暑い中でしたがウォーキングが出来ました。


8:00 JR南武線武蔵溝ノ口駅改札口前集合
コース 
JR南武線武蔵溝ノ口駅→立川駅(乗換)→JR中央線「三鷹駅」〜富士見が丘〜東京身代わり不動尊〜築地本願寺和田堀廟所〜明大前 (約14Km)


クリックすると元のサイズで表示します
太宰治入水地

作家・太宰(1909年〜1948年)が入水自殺したのは謎だが、武蔵野を流れる玉川上水の紫橋の辺りだと言われている。

現在の玉川上水は水も少なく川幅も狭く、入水自殺できたなんて到底考えられない水量です。
今では住宅が立ち並んでいて入水自殺するような環境ではないが、当時は玉川上水は水量も多く、樹木もいっぱい繁っていて周辺には人の往来もなかったのではないか?


クリックすると元のサイズで表示します
同上太宰治記念碑文
太宰治「乞食学生」の一節
昭和23年(1948)6月太宰治は近くの玉川上水で自らその39年の生涯を終えたと記されている。
記念碑文の一節を読んでみると、何か入水自殺と関係がありそうな一節ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
山本有三記念館(1)
山本 有三(1887年〜1974年)は大正から昭和にかけて活躍した日本の小説家、劇作家、政治家。


クリックすると元のサイズで表示します
山本有三記念館(2)
路傍の石碑


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(1)
多摩の羽村から四谷までの全長43kmが1653年に築かれた。
上流のみ開渠で川のように流れている。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(2)
浅間橋跡付近(開渠から暗渠に変わる部分)
三鷹から玉川上水の下流へ向かって歩いてきたが、浅間橋跡付近で止まりその下流は水路が残っていない。
これから下流は暗渠になっていて、玉川上水の上は土盛りして緑道になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(3)
右側は中央自動車道。


クリックすると元のサイズで表示します
東京身代わり不動尊(1)
身代わり不動尊大明王院は神奈川県川崎市高津区下作延の別格本山大明王院と、熱海・横浜・東京の三別院があり 宗派に関係なく日々多くの方が参拝しています。
神奈川県内では厄除けのお寺として有名な名刹です。


クリックすると元のサイズで表示します
東京身代わり不動尊(2)
幹事さん、スタッフの特別な計らいで事前に身代わり不動尊にお願いして、堂内の集会所をお借りして昼食をとることが出来ました。
トイレは綺麗で温かいお茶も冷たいお水も飲めてゆっくり出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(4)
昼食後の玉川上水歩きは暗渠の上は土盛りし緑道となっていて第一、第二、第三公園と繋がり緑道を歩きました。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(5)
紫陽花の道


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水を歩く(6)
ツツジの花のある道


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(1)

親鸞聖人を宗祖と仰ぐ浄土真宗本願寺派(本山は西本願寺)の寺院で、築地本願寺の分院のひとつ。
1923(大正12)年の関東大震災による築地本願寺境内の墓地・石碑移転に伴い、和田堀廟所は設立されたと記されている。
和田堀廟所内はかなり広く綺麗なお寺で、有名人のお墓もたくさんあるという事で廟所内を廻って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(2)
古賀政男の墓
昭和期の代表的作曲家であり、ギタリスト。
国民栄誉賞受賞者で母校明治大学の脇にある和田堀廟所に古賀政男が眠っている。


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(3)
廟内の係員にお願いして、古賀政男の墓前でお参りした後に、当人の名曲である東京ラプソディーをハーモニカの伴奏で全員で合唱しました。
天国で本人も喜んで戴けたら有難いです。


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(4)
樋口家先祖代々の墓
ここに樋口一葉も眠っている。


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(5)
水谷竹紫の墓と水谷八重子の碑
水谷竹紫(1882年〜1935年)は日本の劇作家、演出家、編集者で第2次芸術座の中心人物として活動している。
女優の水谷八重子は義妹です。


クリックすると元のサイズで表示します
築地本願寺和田堀廟所(6)
水谷八重子の碑裏側には川口松太郎書で水谷良江が建てたと記されていました。

和田堀廟所を出てから明大駅前で解散となり、井の頭線渋谷駅経由で田園都市線青葉台駅で下車し自宅へ着いた。


本日歩いた歩数: 26,510歩(約17.2km)

青葉の百姓 2019.6.23記


ネット仲間からのコメントです。
-------------------------------------------------
ふうちゃんさん
2019年06月24日 14:59
いつもながら、沢山の方が参加されていますね。
お疲れ様でした。
梅雨空の中のハイキングも、緑が綺麗で気持ちよかったでしょうか^^

青百
2019年06月24日 15:23
ふうちゃんさん、
今回も50名以上は参加していると思います。
ハイキング部のスタッフの方達がきめ細やかに企画してくれて有り難いです。
知らない場所へも連れて行ってくれるので知識も広がります。
梅雨空の中でも雨にあたらないで歩けたし、特に女性の参加者は直射日光に当たらず良かったと言っています。
この時期は紫陽花も咲いているし新緑も綺麗ですね。



甲斐犬さん
2019年06月24日 19:30
こういうイベントできるだけ参加したほうがいいですわよね。

青百
2019年06月24日 19:47
甲斐犬さん、有難う。
このように青葉区体育協会ハイキング部では区民ハイクを実施していて参加費も保険付きで500円/人です。
暑い8月・暮れの12月を除いて、年に10回行われています。
申込もなく集合場所へ時間通りに集まれば誰でも参加出来ますよ。
平均年齢は70歳くらいだと思いますが、歩くことは良いことだし皆お元気です!


青葉の百姓 2019.6.24記







1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ