年度別、青葉区体育協会青葉区民ハイク  アウトドア

年度別、
青葉区体育協会青葉区民ハイク


青葉区体育協会ハイキング部URL: 
http://www.aoba-portal.net/group/hiking/index.html



2018年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク



区民ハイクF奥武蔵・日和田山181028 
https://orange.ap.teacup.com/aohyaku/40.html



区民ハイクE初夏の玉川上水を歩く180624
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/39.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクD名瀑・西沢渓谷散歩180528
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/38.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクC皇居周辺散策180422
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/37.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクB桜の道・弘法山180325
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/36.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクA観梅ウォーク田浦梅林180225

http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/35.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイク@新春の江の島&鎌倉180128
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/34.html

クリックすると元のサイズで表示します



2017年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク


バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171001
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/33.html

クリックすると元のサイズで表示します


バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山一日目171001
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/32.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳170924
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/31.html

クリックすると元のサイズで表示します


特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

クリックすると元のサイズで表示します


特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/28.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクD納めの秩父札所巡り170626
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/27.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクC新緑の百蔵山170528
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/26.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクB新緑の石老山170422
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/25.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクA大高取山&越生梅林170226
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/24.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイク@新春・鎌倉四つの切り通しを歩く170122
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/23.html

クリックすると元のサイズで表示します



2016年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク


区民ハイクG箱根・鷹巣山161120 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/22.html

クリックすると元のサイズで表示します



区民バスハイクF錦秋の戦場ヶ原&日光白根山161002〜03
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/21.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクE青梅丘陵ハイキング160925
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/20.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクD秩父札所巡り第25〜30番160626
http://sun.ap.teacup.com/kazu/141.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクC奥多摩新緑の大岳山ハイキング160522
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/19.html

クリックすると元のサイズで表示します
奥多摩、大岳山山頂


区民ハイクB花の県立秦野戸川公園160327

http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/18.html

クリックすると元のサイズで表示します
水無川添いを歩く(菜の花とオカメザクラ並木)


区民ハイクAロウバイの宝登山160228
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/17.html

クリックすると元のサイズで表示します
宝登山山頂


区民ハイク@新春・鎌倉アルプス縦走160124
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/16.html

クリックすると元のサイズで表示します
六国見山展望台


2015年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク


去年(2015年)は青葉区体育協会主催の月1回ハイキングをしていると聞き初めて参加しました。
2月は雨のため中止になり、7月、8月、12月の3ヶ月は開催されていない為、計8回開催されている。
8回すべてに参加しましたが、一つ一つ想い出になったハイキングでした。

区民ハイクに参加された皆さん、
1年間の例会をまとめてアップしましたので、どうぞご覧ください。

青葉区体育協会ハイキング部スタッフの皆さんには本当にお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
青百こと竹田



区民ハイクG晩秋の九鬼山151122
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/309.html

クリックすると元のサイズで表示します
九鬼山頂上で昼食
天気が良ければ富士山がよく見えるところらしいが、あいにく曇天だったため見れませんでした。


区民ハイクF錦秋の三頭山・バスハイク151026
http://green.ap.teacup.com/aoba3/63.html

クリックすると元のサイズで表示します
三頭山から観た富士山
奥多摩三山の最高峰から、雲の上に聳え立つ富士山の眺めは最高でした。


区民ハイクE初秋の奥多摩渓谷150927
http://green.ap.teacup.com/aoba3/62.html

クリックすると元のサイズで表示します
奥多摩渓谷
渓流沿い歩き
巨岩が並ぶ脇を歩く。


区民ハイクD秩父札所巡り150628
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/283.html

クリックすると元のサイズで表示します
秩父札所8番清泰山西善寺本堂


区民ハイクC百名山赤城山(第二日目)150601
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/275.html

クリックすると元のサイズで表示します
赤城駒ヶ岳山頂(1685m)
赤城黒檜山展望台から黒檜山山頂へ戻り、下っては登りしながら、赤城駒ヶ岳まで約1時間かかり到着しました。


区民ハイクC百名山赤城山(第一日目)150531 
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/274.html

クリックすると元のサイズで表示します
地蔵岳頂上
赤城地蔵岳(標高1674m)
バックに頂上のシンボル電波塔群が建っている。
ここで休憩がてら昼食をとりました。


区民ハイクB山北・大野山150426
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/261.html

クリックすると元のサイズで表示します
大野山山頂で昼食
山頂は大きなヤマザクラの木があり、満開時期は過ぎたが食事中に花吹雪のもとで昼食をしました。

区民ハイクA長興山紹太寺しだれ桜150329
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/255.html

クリックすると元のサイズで表示します
長興山紹太寺しだれ桜
江戸時代の小田原藩主、稲葉正則が植えたといわれた。
樹齢約340年、樹齢約340年、高さ約13m、株元周囲約4.7mの大木。


区民ハイク@逗子から鎌倉へ150125
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/243.html

クリックすると元のサイズで表示します
朝夷奈切通し
鎌倉七口(三方を山に囲まれた鎌倉への陸路の七つの入口)の中で一番切通しらしい雰囲気を持っているのが朝夷奈切通しで良く切り開いたものだと思う。
朝夷奈切通しを歩く。


青葉の百姓 2016.1.23記



8

2018/10/29

区民ハイクF奥武蔵・日和田山181028  アウトドア

区民ハイクF奥武蔵・日和田山


2018.10.28
6月の区民ハイクで初夏の玉川上水緑道を歩いて以来、相次ぐ台風により中止になり4ヶ月ぶりのハイキングでした。
参加人数は約50人くらいの参加しました。


7:30 JR横浜線長津田駅改札口前集合
コース 
JR横浜線長津田駅(乗換)→八王子駅(乗換)→高麗駅-----日和田山(305m)-----駒高-----北向き地蔵-----、武蔵横手駅 約12Km


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
右下高麗駅スタート、反時計回りで左下武蔵横手駅まで
右下に見える巾着模様の川付近はヒガンバナで有名な巾着田です。

高麗駅から巾着田脇を抜けて登ったが、高麗(こま)というのは朝鮮の関係があり、百済が滅び、間もなく高句麗も滅び、朝鮮半島から多くの朝鮮人が日本に逃れてきて、関東だとこの辺りに集められたのだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
金比羅神社鳥居
高麗駅からスタートして雑木林を約30分くらい登ると鳥居が建っている。


クリックすると元のサイズで表示します
男坂、女坂分岐点
滝不動明王を経て男坂道で、右側が一般登山道の女坂道です。
今回は一般登山道の女坂道を登る。


クリックすると元のサイズで表示します
女坂道(1)


クリックすると元のサイズで表示します
女坂道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
金刀比羅神社鳥居


クリックすると元のサイズで表示します
金刀比羅神社
巨岩の上に立っている。


クリックすると元のサイズで表示します
金刀比羅神社前


クリックすると元のサイズで表示します
金刀比羅神社から日和田山へ


クリックすると元のサイズで表示します
日和田山山頂(標高305m)


クリックすると元のサイズで表示します
日和田山山頂からの眺め


クリックすると元のサイズで表示します
駒高集落の見晴台
ここで昼食及び山の歌を合唱するが、今回の歌は紅葉(もみじ)でした。
そのあとハイキング参加者の誕生月祝いがあったが、数か月分を一緒にしたので人数が多かった。


クリックすると元のサイズで表示します
駒高集落から物見山へ


クリックすると元のサイズで表示します
物見山山頂(標高376m)


クリックすると元のサイズで表示します
物見山から北向き地蔵へ


クリックすると元のサイズで表示します
北向き地蔵(1)


クリックすると元のサイズで表示します
北向き地蔵(2)


クリックすると元のサイズで表示します
北向き地蔵から五常の滝へ
杉林の間を抜けるなだらかな下りの山道で歩きやすかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
五常の滝(1)
入口
埼玉県日高市にあるが、この日は閉鎖していました。
※大人10名以上の団体様のみ受け付けている。(土日祝日の入山受付はなし)
 大人:600円(高校生以上)
※小・中学校の遠足(学校行事)での入山は毎月第一火曜日の無料開放日のみ受付します。


クリックすると元のサイズで表示します
五常の滝(2)
入り口脇から五常の滝通路を撮る。
滝は入口から奥へ登るとあるらしい。

滝の名称にもなっている「五常」とは、
仁義礼智信という人が身につけるべき五つの徳を表し、は「思いやりの心」、は「人を守るべき正しい道」、は「礼儀礼節を重んじる心」、は「善悪を正しく判断する知恵」、は「人に信頼される誠実さ」を表すようです。
(五常の滝HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
五常の滝(3)
参加者全員が無事に下山し、武蔵横手駅まで緩やかな山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
西武池袋線、武蔵横手駅

数日前に100名山瑞牆山へ登った後なので疲れました。
この日に歩いた歩数:23,040歩(約15.0km)でした。

青葉の百姓 2018.10.29記


ネット仲間からのコメントです。
---------------------------------------------------
ふうちゃんさん
2018年10月29日 15:19
お天気が良く、ハイキング日和でしたね。
登山に続くハイキング。
お元気ですね!

青百
2018年10月29日 16:25
ふうちゃんさん、昨日は天気が良かったですよ!
また明日・明後日は友人と二人で千葉館山にある33観音霊場巡りとその周辺を歩きます。
天気が良さそうなので嬉しい。



ふうちゃんさん
2018年10月29日 17:42
また明日もですか〜!
4・50分程度のウォーキングで、疲れた〜なんて言ってる自分が恥ずかしい〜。
お気をつけて行ってらしてください^^

青百
2018年10月29日 17:54
ふうちゃんさん、
予定が重なる時は重なりますね! 10〜11月は重なっています。
ふうちゃんさんも40〜50分程度のウォーキングであれば充分ですよ。
ただ毎日続けないとね。
明日は朝早いので早く寝ないと・・・。


青葉の百姓 2018.10.29追記







1

2018/6/25

区民ハイクE初夏の玉川上水を歩く180624  アウトドア

区民ハイクE初夏の玉川上水を歩く


2018.6.24
6月の区民ハイクで初夏の玉川上水緑道を歩いて来ました。
今回は早朝雨が降っていたため、参加人数が少なく、約40人くらいの参加でした。


8:00 JR南武線武蔵溝ノ口駅改札口前集合

コース JR南武線武蔵溝ノ口駅→立川駅(乗換)→国分寺駅(乗換)→西武国分寺線「鷹の台駅」〜JR中央線「三鷹駅」 約10Km


クリックすると元のサイズで表示します
小平市立中央公園
ウォーキング前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水緑道を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水立坑


クリックすると元のサイズで表示します
巨大なケヤキの木の脇を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
行幸松と行幸松の碑
明治16(1883)年に 明治天皇が小金井堤に観桜に出かけてこられたことを記念して植樹された「行幸松」とその記念碑


クリックすると元のサイズで表示します
名勝、小金井桜の碑
小金井桜は、元文2(1737)年に、武蔵野新田世話役であった川崎平右衛門が 幕命により植えたもので、小金井橋を中心に玉川上水の両岸、およそ6kmにわたり、2千余本が植えられていました。 その桜並木は、江戸時代から関東随一の桜の名所として知られていました。
(小平市HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(1)
東京都小金井市と一部が小平市・西東京市・武蔵野市にまたがる東京都立の都市公園。
面積約80haの広大な敷地をもつ公園。


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(2)
江戸東京たてもの園ビジターセンター
江戸東京たてもの園内は時間が足りなかったので入らなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(3)
失われてゆく江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し展示する目的で東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館。
東京都墨田区にある、東京都江戸東京博物館の分館である。
(Wikipedia HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(4)
小金井公園内で昼食を済ませ、例によってその季節に合った歌を全員で合唱する。
歌は「夏は来ぬ」「牧場の朝」「われは海の子」「夏の思い出」の4曲でしたが一番のみ合唱。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水の碑


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水
水量は少なかった。


クリックすると元のサイズで表示します
国木田独歩文学碑
玉川上水脇にある桜橋のたもとに国木田文学碑がある。


クリックすると元のサイズで表示します
石造庚申供養塔
庚申塚ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔。
欅橋のすぐ近くにある「石造庚申供養塔」は三鷹市の指定文化財になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
三鷹駅付近で解散
9:50からスタートし、13:30くらいで目的のコースを完歩したが、皆さんはまだ余力があるのか、ここから井之頭公園まで歩き公園内の自由散策をしました。


クリックすると元のサイズで表示します
太宰治が玉川上水に入水自殺した地といわれる場所

作家・太宰治が入水自殺したのは武蔵野を流れる玉川上水ですが、現在の玉川上水は水も少なく川幅も狭く、入水自殺できたなんて到底考えられない水量です。
今では住宅が立ち並んでいて入水自殺するような環境ではないが、当時は玉川上水は水量も多く、木もいっぱい繁っていて周辺には人の往来もなかったのではないか?


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(1)
万助橋を渡り井の頭公園の西園から入園したが、アジサイのような花が咲いていて花名は判らなかったが綺麗だったのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(2)
池の中央でカイツブリの子育て場所を発見。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(3)
浮き水草の上に巣をつくっているので陸上の外敵には安全だと思うが、カラスに雛を食べられないのかなと心配する。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(4)
あじさいもまだまだ綺麗です。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(5)
この日は日曜日なので公園池にはたくさんのボート客が漕いでいました。

この日は井之頭公園散策をした後にハイキング仲間有志とと一杯やる予定があり、更に井之頭公園駅から電車に乗り、渋谷〜新丸子まで行きました。

ハイキングコースだけの距離は約10kmでしたが、アチコチへまわりかなり歩いて疲れました。

本日歩いた歩数:34,180歩(約22.2km)


青葉の百姓 2018.6.25記


-----------------------------------------------------
mocoさん
2018年06月25日 13:18
青百さん、こんにちは。
小金井公園までいらしていたんですね。
Pさんのお宅がここから近いですよ。
私は会社に行く時に鷹の台の津田塾の脇を通るのですが、この玉川上水の緑の木陰はとても気に入っています。

青百
2018年06月25日 15:39
mocoさん、
こんにちは、久しぶりのコメントありがとう。
小金井公園は大きい公園だね。
昼食休憩時間が少なく良く回れなかったです。
Pさんのお宅がここから近い?? 
私はPさんと言えばプー太郎さんしか知らないが、プー太郎さんは青百の最寄り駅と同じで青葉台駅ですよ。
ひょっとするともう一つ自宅があるのかな?
mocoさんは会社に行く時に鷹の台の津田塾の脇を通るという事は緑道と並行している道路かな?
確かに玉川上水の緑の木陰は良いですが、10kmも同じようなところを歩くし変化がなくちょっと物足りないかな?
何時か桜の時期に行って見たいですね。



ふうちゃんさん
2018年06月25日 16:02
ブログを拝見しました。
お写真を見てるだけでも、緑が綺麗で癒されますね^^
歩いた距離が22キロとは! お疲れ様でした^^

青百
2018年06月25日 16:14
ふうちゃんさん、
何時も何時もブログを見て頂き、コメントも頂き有難う。
この玉川上水緑道は緑が多く地元の人はウォーキングに最適ですね。
春は桜の時期、秋はモミジもたくさんあり紅葉時期も綺麗だと思います。
そうそうウォーキングが終わった後も、井之頭公園散策をしたり、そのあとも新丸子まで足を延ばして一杯やったり、一日中でこんな距離まで歩く羽目になりました。



mocoさん
2018年06月25日 16:49
私が書いたPさんとは女性でぺ◯サスさんです。
ご存じだと思うのですが…😅

青百
2018年06月25日 16:58
mocoさん、
Pさんとはあのぺ◯サスさんですか? 判りました。
今年の新年会で久しぶりにお会いした時にはいつも和服なのに、洋服で来られて一見スチューワデスのようでびっくりしました。
良いところに住んでおられるのですね😅



セレスさん
2018年06月25日 18:22
井の頭公園の赤い花はボタンクサギのようですね!

青百
2018年06月25日 19:14
セレスさん、
井の頭公園の赤い花はボタンクサギですか?
有難う。
綺麗な花ですね。


青葉の百姓 2018.6.25追記


---------------------------------------------------
マイビオラさん
2018年06月25日 22:30
健脚で羨ましい!
去年階段から滑り落ちてから腰の調子が悪くもう無理かもしれません。
新緑を仰ぎながら季節の紫陽花や川面を見ながらのハイキング楽しいお話も弾んだことでしょう。

青百
2018年06月26日 06:02
マイビオラさん、お早う。
新緑を仰ぎながら季節の花々を見ながら歩いて来ました。
縁があり富士山頂の仕事もしていて富士山に執り付かれてから数十回は登っている。
お陰様で脚は丈夫ですが、年々衰えてきたし2015年夏をもって富士山登頂は卒業しました。
今は富士山周辺の山々へ登り霊峰富士山を眺める事に切り替えました。
マイビオラさんは階段から滑り落ちてから腰の調子が悪くなったのですか?
お気の毒ですね。
歩けなくても趣味の花の絵を描いたり、花育てや野菜づくりをゆっくりと楽しんでください。
 

青葉の百姓 2018.6.26追記


----------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2018年06月28日 15:46
毎月区民ハイクがあるのですね。
1か月といっても、早く過ぎてしまうので忙しいでしょうに・・・・
でも、考えればこの企画があるから、色々景色を眺めながらウオーキングできますので、いいのかもしれませんね。

青百
2018年06月28日 17:21
さぬきふじ・2さん、コメントありがとう。
区民ハイクは毎月1回と言うより、暑い7月8月と暮れの12月はないので年に9回実施しています。
私の場合は自らの一人ぶらり歩きもあり、他の仲間達との旅行もあり結構忙しいです。
このような企画があるから、色々景色を眺めながらのウオーキングやハイキングもあり充実しています。


青葉の百姓 2018.6.28追記





2

2018/5/29

区民ハイクD名瀑・西沢渓谷散歩180528  アウトドア

区民ハイクD名瀑・西沢渓谷散歩

2018.5.28
5月の青葉区民ハイクは貸し切りバスにて滝と淵をめぐる渓流散歩・西沢渓谷ハイキングをして来ました。

数ある滝や淵でランクを付けるとすると。
  第1位:何と言っても七ツ釜五段の滝です。
  第2位:三重の滝
  第3位:滝ではないが横から滝のように流れている母胎淵かな?


行程:
田園都市線市が尾西口駅前集合〜圏央道〜中央自動車道〜勝沼IC→西沢渓谷散歩→市が尾西口駅前解散

コースは一周約12.3kmの散策コースです。
参加者はスタッフも含めて26名でした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる西沢渓谷一周ハイキングの軌跡
右側の市営駐車場から反時計回りに歩き西沢渓谷を一周するコースで、所々に細道があり沢に落下する危険もあり一方通行になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山
中央自動車道勝沼ICへ向かうSAから富士山が見えました。
3年間も仕事で富士山頂及び周辺の気候を経験している私は、薄曇りながらも富士山に雲がかかっていない状況からしてハイキング中は雨が降らないと確信する。


クリックすると元のサイズで表示します
市営駐車場から西沢渓谷入口へ


クリックすると元のサイズで表示します
西沢渓谷入口
歩行者のみ通行可能。


クリックすると元のサイズで表示します
なれいの滝
遠くに水量は少ないが滝を確認しました。


クリックすると元のサイズで表示します
西沢山荘


クリックすると元のサイズで表示します
二俣吊り橋


クリックすると元のサイズで表示します
大久保の滝から魚止の滝へ


クリックすると元のサイズで表示します
大久保の滝
西沢渓谷滝見道入口から約50分くらい歩くと、落差は30m程で新緑の中を静かに流れ落ちている姿がなんとも言えない。
紅葉の時期には素晴らしい滝に映るのではないかと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
魚止の滝
段々になっている滝で魚が上流へ登りにくい為、この名が付いたのかな?


クリックすると元のサイズで表示します
三重の滝
その名の通り三重(三段)になり全体としては10m程度の落差、水量は多い。
この下流に深い淵があり見晴らし台になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
三重の滝からフグ岩へ


クリックすると元のサイズで表示します
フグ岩
真ん中の大岩がトラフグに似てるという事でフグ岩と付けたらしい。
あまり似ていないけど・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
人面洞
岩肌に自然が刻んだ模様が、人の顔に見えるところからその名が付いた様だが、どの部分が人面なのかよく判からなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
人面洞から竜神の滝へ


クリックすると元のサイズで表示します
竜神の滝の脇を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
竜神の滝
落差6m

クリックすると元のサイズで表示します
恋糸の滝
確かに細い糸のような滝でした。


クリックすると元のサイズで表示します
貞泉の滝


クリックすると元のサイズで表示します
貞泉の滝から母胎淵へ


クリックすると元のサイズで表示します
母胎淵
落差2mの滝横に丸く大きな馬蹄形の開口部が見られ部分。
エメラルドグリーンの水を湛える穴は、その姿形から母胎淵と呼ばれているそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
カエル岩へ向かって歩く。
中央のカエルのような形の大岩がそうらしいが、カエルには見えないです。


クリックすると元のサイズで表示します
方丈橋


クリックすると元のサイズで表示します
七ツ釜五段の滝(1)下部
西沢渓谷、最大の滝、日本の滝百選に選ばれている七ツ釜五段の滝。
下部滝つぼのある部分の滝から数えて三段しか確認できません。


クリックすると元のサイズで表示します
七ツ釜五段の滝(2)上部
もう少し上がった位置へ登ると上段の2段の滝滝つぼもあるのを確認しました。



クリックすると元のサイズで表示します
七ツ釜五段の滝(3)中間にある滝つぼ


クリックすると元のサイズで表示します
不動の滝
さらに上流へ登ると不動の滝がある。
七ツ釜五段の滝を観た後なので、落ち着いている滝だが感動が少なかった。


クリックすると元のサイズで表示します
西沢渓谷終点まで100m地点
10ヵ所くらいの滝を観ながら歩き、西沢渓谷往路最後の登り坂は結構きつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
昼食後、旧森林軌道を下る。


クリックすると元のサイズで表示します
旧森林軌道を歩く。
復路の山道は険しい崖を削り、トロッコ軌道を作ったためなだらかな山道をいくつもの橋を渡りながら崖に作った旧軌道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
大展望台
ここからの山々は素晴らしい眺めだそうだが、曇っていて奥の山頂は見えなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
旧森林軌道(旧三塩軌道)を歩く。
旧三塩軌道は,山梨県山梨市にある廃線跡で、三富村と塩山駅を結ぶことからこのように称され,1928年(昭和8年)から1968年(昭和43年)まで、主に西沢・東沢一帯の県有林の木材搬出に活躍。
全長は36kmで,自然勾配をせび(ブレーキ)だけで塩山駅まで下り,当時登りは馬で2台ずつ引き上げていたそう。


クリックすると元のサイズで表示します
大久保沢を渡る橋


クリックすると元のサイズで表示します
旧西沢森林軌道を通るトロッコと切り取った丸太
このトロッコは県有林からの木材搬出の合間に、炭・薪・繭等の搬出、生活物資の搬入に利用されていた。


クリックすると元のサイズで表示します
シャクナゲ群生地
今までシャクナゲの木を観ているシャクナゲと違い、栄養もない山土と厳しい気候に耐え抜いた樹木なので、幹は細く伸びていて葉も少ない。
今回は残念ですがシャクナゲの花の時期を過ぎていたので観れなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
山つつじ
同じように過酷な条件での山つつじの花はこれが本当の花だよと言っているように美しかった。

森林セラピー基地、西沢渓谷一周を昼食休憩、トイレ休憩も含めて約6時間半のハイキングでしたが、あっという間に終わったように感じる。

この日に歩いた歩数:23,860歩(約15.5km)
そのうちハイキングだけの距離は約12.3kmくらいでした。

青葉の百姓 2018.5.29記


ネット仲間からのコメントです。
-------------------------------------------------
Kumilyさん
2018年05月29日 13:14
ここは行きたいところです。

青百
2018年05月29日 13:18
Kumilyさん、滝、滝、淵の連続で最高でした。
ぜひ行かれてみて下さい。



セレスさん
2018年05月29日 14:20
森林浴、たっぷりできましたね!

青百
2018年05月29日 14:24
セレスさん、
予報では雨も降りそうなことを言っていたが、雨にも降られず新緑の中を滝の脇を歩きたっぷりと森林浴が出来ました。



うみさん
2018年05月29日 15:04
爽やかさが伝わってきますね!

青百
2018年05月29日 15:14
うみさん、
空気の美味しい新緑の西沢渓谷も良いですが、紅葉時期の西沢渓谷へも行って見たいですね。


青葉の百姓 2018.5.29追記


----------------------------------------------------
ふうちゃんさん
2018年05月29日 21:57
新緑が綺麗ですね。
爽やかさが伝わってきました^^
上り坂、階段・・・・・私には辛いかも(@_@;)

青百
2018年05月30日 06:16
ふうちゃんさん、お早う!
新緑の中、沢歩きをしながら数々の滝を観る楽しみは格別、疲れも飛んでしまいます。
往路(登り)の後半はかなりの登り坂、登り階段もありくたびれました。
私には辛いかも(@_@;) ←西沢渓谷は変化がありゆっくり歩けば大丈夫ですよ。
復路(下り)は距離は長いが昔軌道のあった緩やかな下り路を歩くため、ステップを踏みながら歌の一つや二つ口ずさむ事が出来そうなルンルン気分でした。



名前:ふぅさん
日付:2018年05月29日(火) 15時36分
区民ハイク、西沢渓谷散歩されたのですね。
写真有り難うございました。
5段滝ですか?素晴らしいです。
マイナスイオンがいっぱいで、リフレッシュできますね〜
青葉区はいろんな行事があるので、羨ましいです。

青百
青葉区体育協会ハイキング部の企画は夏の暑い時期の7月、8月と暮れの12月を除いて年に9回もあります。
色々な場所に行けて青葉区民は楽しみにしています。



さぬきふじ・2さん
2018年05月30日 08:33
新緑の沢歩き・・・・気持ちよいでしょうねえ〜
奈良に住んでました時には、沢歩きしてましたね。
やっぱり若い時だと、山も楽しめますよ・・・・・

青百
2018年05月30日 09:18
さぬきふじ・2さん、
新緑の沢歩きは気持ちが良かった。
やっぱり若い時だと、山も楽しめますよ・・・←今でもお若くて何処へでも行かれていますよ!
奈良へは修学旅行と仕事で行った以外に訪れていないし、古刹巡りにゆっくり時間をかけて行きたいですね。



さぬきふじ・2さん
2018年05月30日 13:58
青百さん、
最近修学旅行生が奈良には来なくなったようです。
外国に行くのかな?
奈良では「赤目八滝」がありまして、行きましたね。
小さな滝がありましたよ。
奈良では伊勢、白浜、和歌山など山を越えて行ったものです。
温泉が好きですから、温泉求めて・・・・が多かったですね。
京都は観光客が多くて、交通渋滞!
これが嫌で、電車で行くには遠すぎる・・・でしたよ。
やっぱり、出かけるには年齢もありますね。
若い時は興味示す事は現在と異なってますが・・・・・うまくいきませんよ。

青百
2018年05月30日 15:05
さぬきふじ・2さん、
最近修学旅行生は奈良へは行かなくなったようですか? 知らなかった。
奈良は何と言っても東大寺大仏殿や奈良公園の鹿を想い出します。
「赤目八滝」ですか?
奈良県は北西部の盆地部を除き、険しい山々がそびえているので素晴らしい渓谷が多いだろうね。
これからは歳と共に温泉に浸かって一杯が良いですね。


青葉の百姓 2018.5.30追記





3

2018/4/23

区民ハイクC皇居周辺散策180422  アウトドア

区民ハイクC皇居周辺散策


2018.4.22
4月の青葉区民ハイク
田園都市線たまプラーザ駅〜表参道駅(乗り換え)〜日比谷駅〜日比谷公園→二重橋→皇居東御苑→北の丸公園→靖国神社→千鳥ヶ淵公園→桜田門までの約10kmの散策コースです。
参加者は約60名ほどでした。



クリックすると元のサイズで表示します
日比谷公園入口
幕末までは松平肥前守などの屋敷地でしたが、明治時代に陸軍練兵場となりました。
その後「都市の公園」として計画、設計、造成された、日本初の「洋風近代式公園」が誕生し、平成25年に開園110年となりました。
(日比谷公園HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる皇居周辺散策の歩いた軌跡
日比谷公園入口から皇居及びその周辺を反時計回りで歩いた軌跡。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居二重橋
この日は物凄く暑かったが、中国人観光客の多いことには驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
皇居二重橋と伏見櫓
記念写真を撮る観光客が多くやっとのことで近くへ行き二重橋を撮る。


クリックすると元のサイズで表示します
江戸城百人番所(皇居東御苑)
中国人以外の外国人客も居ました。


クリックすると元のサイズで表示します
アヤメ? カキツバタ?


クリックすると元のサイズで表示します
富士見櫓
昔は富士山が見えたらしいが今はビル群で見えなくなりました。


クリックすると元のサイズで表示します
江戸城天守台とつつじ



クリックすると元のサイズで表示します
桃花楽堂
昭和41年(1966年)に香淳皇后のご還暦を記念して建てられた音楽堂。
建物の屋根は「テッセン」の花を模し八角の外壁は華やかな陶片とタイルで彩られている。


クリックすると元のサイズで表示します
江戸城天守台広場
ここへ登ると見晴らしが良いです。


クリックすると元のサイズで表示します
北の丸公園
ここで各自昼食を済ます。
いつもの通り全員で「夏は来ぬ」を合唱し、参加者で誕生月の方のお祝いをしました。


クリックすると元のサイズで表示します
日本武道館
この日は何かの催しがあり凄い人数の方が集まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
靖国神社参拝


クリックすると元のサイズで表示します
千鳥ヶ淵公園散策(1)
春は桜の綺麗なところです。


クリックすると元のサイズで表示します
千鳥ヶ淵公園散策(2)


クリックすると元のサイズで表示します
桜田門
桜田門で区民ハイクは解散したが、ハイキング仲間が新丸子の居酒屋で飲もうと誘われ行く事になったが、何せ早く解散したので時間がありすぎた。
私は東京駅から築地本願寺・築地場外市場をブラリし、まだ時間があるので待ち合わせの新丸子駅手前の田園調布駅で下車し、一人ぶらり歩きして来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
東京駅


クリックすると元のサイズで表示します
親鸞聖人と築地本願寺
築地本願寺は浄土真宗本願寺派のお寺で、京都の本願寺(西本願寺)が本山です。
親鸞聖人は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の僧。
浄土真宗の宗祖とされる。


クリックすると元のサイズで表示します
築地場外市場
今後築地市場はどうなるのか良く分からないが、まだまだ混み合っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
田園調布駅
以前立ち寄った時とは違い、屋根はマンサード・ルーフという欧州中世紀の民家がモデルといわれるハイカラな駅舎(2000年1月復元)が出来ていました。


クリックすると元のサイズで表示します
宝來公園
昭和19年4月『宝来公園』として開園。
田園調布駅から放射状に伸びるいちょう並木の南西の端に位置する自然林を生かし、武蔵野の面影をしのばせる閑静な公園です。

新丸子の居酒屋へ16:30に待ち合わせし仲間数人で一杯飲み帰宅する。
今日も良く歩き、良く飲みました。
歩いた歩数: 32,140歩(約20.9km)でした。

★5月の区民バスハイク(名瀑・西沢渓谷)
日 時 5月28日(月)  
午前7時 田園都市線市が尾駅西口集合 雨天決行
参加されたい方は
青葉区体育協会ハイキング部HPへ
http://aoba-portal.net/group/hiking/hiking2.html

青葉の百姓 2018.4.23記


ネット仲間からのコメントです。

---------------------------------------------------
プー太郎さん
2018年04月23日 11:19
区民ハイクでも、東京都心に出てくることがあるのですね。
歩かれたコースは、時期が時期なら桜の花見のコースですが、あえて時期をずらしたようです。

青百
2018年04月23日 11:25
プー太郎さん 、
たまには東京都心へ出てくることもあります。
本当は新緑の皇居及び皇居周辺散策よりも、桜の花見時期に行きたかったですよ。
まあ脚の運動にはなりました。



セレスさん
2018年04月23日 16:02
ツツジが綺麗に咲いていて良かったですね!

青百
2018年04月23日 16:38
セレスさん、
有難う。
この時期はツツジが綺麗に咲いているし、ツツジだけのお花畑もありましたが、せっかくここまで来たので江戸城天守台とツツジを入れて撮りました。


青葉の百姓 2018.4.23追記


----------------------------------------------------
小野小町さん
2018年04月24日 22:20
区民ハイクで皇居、千鳥ヶ淵(ここは桜の名所)靖国神社など何年か前行ったところです。
いいところのハイキングでしたね。

青百
2018年04月25日 05:52
小野小町さん、お早う。
月1回ある区民ハイク(7月、8月、12月は休み)で新緑の皇居周辺散策をして来ました。
皇居、北の丸公園、千鳥ヶ淵、靖国神社はこの辺の定番コースです。
この日は皇居一周を走っている人たちが多くいました。
それにしてもこの日は暑かったです。


青葉の百姓 2018.4.25追記


---------------------------------------------------
拍手したユーザ
由☆彡さん、セレスさん、日記に拍手ありがとう。

青葉の百姓 2018.5.2追記




2

2018/3/26

区民ハイクB桜の道・弘法山180325  アウトドア

区民ハイクB桜の道・弘法山

2018.3.25
神奈川県秦野市にある弘法山へ登り桜の道を歩く。
天気も良く桜は5〜6分咲きと言ったところですが、桜の道を歩きところどころで富士山が見え、丹沢山系の山々も見え、快適なハイキングが出来ました。
参加者は約60名。

解散した後も時間が早いのでハイキング仲間有志達と桜花見歩きをする。
小田急相模原駅で下車し、さがみの仲良しの小道へ立ち寄り桜並木を観る。
ついでにもう一つ長津田駅で下車し、つくし野の近くにある民家の敷地内の樹齢350年伯楽の山桜も観て来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法の清水
秦野駅を下車してからすぐ近くにあります。
秦野盆地湧水群が環境庁により「全国名水100選」に選定された中で、特に有名なのが伝説の残るこの弘法の清水です。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる弘法山公園ハイキングで歩いた軌跡

左端から浅間山(せんげんやま)、権現山(ごんげんやま)、弘法山(こうぼうやま)の3つの山一帯の弘法山公園を歩き、吾妻山を経て鶴巻温泉駅まで歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山公園入口
ここから急坂道を登り浅間山


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山へ行く山道


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山山頂(標高237m)
広場の桜は3分咲きです。


クリックすると元のサイズで表示します
権現山へ向かって歩く


クリックすると元のサイズで表示します
途中で山桜の林がありパチリ。
遠くに丹沢山系の山々が見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
権現山山頂へ


クリックすると元のサイズで表示します
権現山展望塔から見た富士山


クリックすると元のサイズで表示します
権現山(標高243.5m)
権現山は別名「千畳敷」と呼ばれ山頂部分が広くなっています。
権現山の名前の由来は、山頂に権現堂があったために名づけられたと言われる。


クリックすると元のサイズで表示します
権現山の桜
5〜6分咲きと言ったところ。


クリックすると元のサイズで表示します
さくらの道を歩く(1)
登ったり下ったりの桜の道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
さくらの道を歩く(2)
暖かくなり一枚シャツを脱ぎたくなるほどでした。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山山頂(標高237.1m)
江戸時代には既に「弘法大師の祀られる山」として信仰の山として知られていて弘法大師の社もある。
ここで昼食休憩になり、昼食後は例によって誕生月祝いと全員で季節にあった「花」を合唱する。


クリックすると元のサイズで表示します
吾妻山へ進む山道(1)
弘法山から吾妻山へ
新緑の時期も快適な山道だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
吾妻山へ進む山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
吾妻山山頂(標高125m)
山頂には、吾妻神社の石碑が建っています。
ここで休憩した後に鶴巻温泉駅まで下りて行き駅で解散。



ハイキング仲間有志達との桜花見歩き


時間も早く鶴巻温泉へ入った仲間もいたり、我々は同じ電車に乗る仲間達と小田急相模原駅で下車して桜花見、再度田園都市線長津田駅を下車し桜花見歩きをして来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
さがみの仲良し小道の桜(1)
小田急相模原駅で下車し歩いて約10分。
仲間の情報で4年間にわたって整備が進められてきた「相模が丘仲よし小道」の工事が3月中旬に終了したと聞き、歩いて来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
さがみの仲良し小道の桜(2)
まだ植えたばかりの桜が多いが、この小道はスタート地点から終点の北端まで1600mあるようだが何はともあれ桜の種類が多い。
10年後は見事な桜小道になるでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
さがみの仲良し小道の桜(3)
アーコレード
調べてみると、イギリスにおいてベニヤマザクラとコヒガンの交配により作出された品種だそうです。
この桜は日本に導入された時に春と秋の二季咲きが確認された桜です。


クリックすると元のサイズで表示します
さがみの仲良し小道の桜(4)
神代曙
1912年に日本から米国のワシントンD.Cにソメイヨシノが贈られて、後に米国現地でこのソメイヨシノと別種のサクラが交雑して出来たソメイヨシノの実生から米国現地名で「Akebono」(アケボノ)と呼ばれる品種が誕生したそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
長津田谷戸のしだれ桜とミモザアカシア
伯楽の山桜の巨木を見に行く途中で道を間違えたために、偶然見つけたしだれ桜とミモザアカシアです。


クリックすると元のサイズで表示します
長津田伯楽谷戸にある林地蔵


クリックすると元のサイズで表示します
長津田谷戸にある山桜
手入れもせずに自然に育った見事な満開の山桜です。


クリックすると元のサイズで表示します
樹齢350年の伯楽の山桜(1)
民家の敷地内にある横浜市指定の山桜の古木
期待していった山桜でしたがやっと開花した状態でした。
あと1週間くらいには満開になるかな?


クリックすると元のサイズで表示します
長津田谷戸桜花見巡り(5)
樹齢350年の伯楽の山桜(2)
仲間達は古木の生命力にあやかりたいと気を頂いていました。

当日歩いた歩数: 34,630歩(約22.5km)
弘法山ハイキングをしたあと、2ヶ所の駅へ下車して桜花見歩きもしたのに、皆元気で驚きました。

青葉の百姓 2018.3.26記


ネット仲間からのコメントです。

-------------------------------------------------
セレスさん
2018年03月26日 14:27
たくさん歩かれたのですね!
富士山も綺麗に見え、桜とのコラボも撮れ最高のハイキングでしたね!

青百
2018年03月26日 15:35
セレスさん、
昨日は好天気に恵まれ気持ちよく歩いて来ました。
富士山も綺麗に見え、丹沢の山々も見え、桜とのコラボも撮れて最高のハイキングでした。
ハイキングのあとも桜を観ようと山ガールの誘いに乗り、電車を利用して2ヶ所の桜名所を鑑賞して来ました。
何はともあれ山ガールのパワーには呆れました。



うみさん
2018年03月26日 16:24
お天気にも恵まれ
気持ちのいい ハイキングでしたね!
こんなコースが何時までも残る事 願っています。

青百
2018年03月26日 17:02
うみさん、コメントありがとう。
今回の区民ハイクは弘法山公園・吾妻山コースで、小田急線秦野駅から桜のスポットとして有名な弘法山公園を通り、緑豊かな林の多い道をアップダウンを繰り返し進み、吾妻山を経由して鶴巻温泉駅へと続くコースです。
温泉でのんびり一汗流せるところもありますよ。
好天に恵まれ気持ちのいいハイキングが出来ました。



うみさん
2018年03月26日 17:47
吾妻山 わたしも登りましたが、、

青百
2018年03月26日 18:40
うみさんは吾妻山へ登って弘法山、権現山へ行く逆コースで登られたのかな?
どちらでもそんなにきつくなくハイキングが楽しめるところですね。


青葉の百姓 2018.3.26追記


----------------------------------------------------
ふうちゃんさん
2018年03月27日 15:35
待ちに待った桜の季節ですね^^
ハイキングには沢山の方が参加されたのですね。
桜と富士山を見ながらのハイキング。
気持がよかったでしょう^^
お写真。
素敵な展望塔ですね。

青百
2018年03月27日 17:30
ふうちゃんさん、コメントありがとう。
今年の異常気象で桜の開花がおかしかったが、ここへ来て一気に開花して来ました。
区民ハイクには沢山の方が参加されているが、平均して70歳前後の方が多いのですよ。
桜と富士山を見ながらのハイキングは天気が良かったのもあるが最高です。
疲れも吹っ飛びます。
そうそう権現山にある展望塔はなぜか中国風か韓国風みたいですね。



けーさん
2018年03月27日 17:11
二度ほど行ったことがあります
鶴間巻温泉駅から行くコースですが
登り口がわからず 一度目はR246を一時間さまよい
時間かかりましたが 秦野駅までたどり着きました
二度目は 登り口はわかりましたが雨で途中リタイア
鶴巻温泉に入ってきました。
今は登り口わかりやすいですか?

青百
2018年03月27日 17:46
けーさん、コメントありがとう。
弘法山には二度も行ったことがありますか?
私は秦野駅から行くルートしか登ったことはないですが、確かに鶴間巻温泉駅から行くコースは登り口が判りにくいと思います。
秦野駅からのルートは弘法山公園の尾根伝いを歩き吾妻山から下って東名高速道の下を潜って鶴巻温泉駅までなのだが、その反対だからね。
雨で途中リタイアしても鶴巻温泉に入って来られたのは良かったね。


青葉の百姓 2018.3.27追記


----------------------------------------------------
長津田伯楽の山桜再訪180403

桜の道・弘法山180325ハイキングの帰りに、時間があり仲間と一緒に長津田駅で下車し、つくし野の近くにある民家の敷地内の樹齢350年の伯楽の山桜も観て来たがまだ蕾のままで開花すらしていなかった。
気になり再度行って見たが、今度は葉桜になっている。
たった一週間後だったのに・・・残念でした!
http://green.ap.teacup.com/aoba_aoba/163.html


クリックすると元のサイズで表示します
満開の山桜(2016年4月6日撮影)
これは2年前に観た樹齢350年の満開の山桜です。


青葉の百姓 2018.4.25記





3

2018/2/25

区民ハイクA観梅ウォーク田浦梅林180225  アウトドア

区民ハイクA観梅ウォーク田浦梅林


2018.2.25
青葉区民ハイクで観梅ウォーク田浦梅林に参加して来ました。
参加者は約50名。


クリックすると元のサイズで表示します
東逗子駅下車
二子山自然遊歩道登山口スタート


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
緑丸印
左上から東逗子駅〜田浦梅林〜三浦安針塚〜安針塚駅


クリックすると元のサイズで表示します
二子山自然遊歩道の山道を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
馬の頭飾りをした馬頭観音

観世音菩薩の化身で、六観音の一つ。
忿怒相(ふんどしょう)をもち人身で頭が馬のもの馬の頭飾りを戴くものとがある。
馬頭は諸悪魔を下す力を象徴し煩悩を断つ功徳があるとされる。
一般には馬の無病息災の守り神として信仰されている。
(コトバンクより)


クリックすると元のサイズで表示します
白赤稲荷神社鳥居をくぐり神社へ
田浦大作町の谷戸の奥にある児童公園を少し過ぎた右手の山の中腹にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林まで階段を歩く(1)
下から557段あると聞いたが、梅の花を観ながら登ったのでそんなに多くある階段とは思わなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林へ557段の階段を歩く(2)
白梅


クリックすると元のサイズで表示します
紅梅
途中で7分咲きの紅梅林の脇を通り田浦梅林山頂へ


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林山頂展望台が見えて来ました


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林山頂展望台から撮る(1)
下の広場で昼食をしました。
奥は横須賀港で、その奥が東京湾です。


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林山頂展望台から撮る(2)
白梅が満開です。


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林山頂展望台から撮る(3)


クリックすると元のサイズで表示します
昼食後に例によって全員で冬景色を合唱


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林を下り安針塚へ(1)


クリックすると元のサイズで表示します
田浦梅林を下り安針塚へ(2)


クリックすると元のサイズで表示します
白梅


クリックすると元のサイズで表示します
ピンクの梅


クリックすると元のサイズで表示します
安針塚(塚山公園)
二基の宝筺印塔(ほうきょういんとう)がある。
宝筺印塔とは墓塔・供養塔などに使われる仏塔の一種。
右塔が安針、安山岩製の左塔が妻・ゆきのものです。


クリックすると元のサイズで表示します
安針塚展望台から見た横須賀港


クリックすると元のサイズで表示します
紅梅


この日は雨は降らなかったが、かなり寒かった。
今年は例年になく寒波が押し寄せ、田浦梅林の梅も5分咲きと言ったところでした。
早く暖かい春がやってきて欲しいものです。
帰りは京急安針塚駅から乗り帰宅。

歩いた歩数: 24,110歩(約15.7km)

青葉の百姓 2018.2.25記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
セレスさん
2018年02月26日 11:24
557段の階段を上がるのですか?
一度行きたいのですが、吾妻山の階段が300段ほどでその倍近くありますね。
24000歩も歩かれ、お疲れさまでした。

青百
2018年02月26日 12:01
吾妻山の階段も結構ありますね。
田浦梅林は企画した幹事さんが下見で数えたのか判りませんが、梅林を観ながら登って行ったのでそんなに多くあったとは気が付かなかったです。
それより結構アップダウンの山道を登って行ったので足が少し痛いです。



プー太郎さん
2018年02月26日 14:42
50名と言うのはすごい参加者の数ですね。平均年齢は70歳超?!
田浦梅林が何処にあるのかは、さっぱりわかりませんが、わたしなどは、子どもの国の梅林で十分です。
本当は、府中の森博物館の梅が、この近郊では一番と思っているのですがね。

青百
2018年02月26日 15:11
プー太郎さん、
今回約50名の参加は少ない方であり、平均年齢は70歳弱だと思いますが、皆いたって元気です。
子どもの国の梅林も良いですが、田浦梅林は遠いですが梅園面積はかなり広いです。
場所はJR田浦駅から徒歩25分、京急田浦駅または安針塚駅から徒歩30分〜40分くらいです。
田浦梅林は昭和9年(1934)皇太子殿下(現在の天皇陛下)のご生誕を記念して、山の所有者である石川金蔵さんを中心とした地元の人たちによって梅林組合がつくられ、700本の梅を植樹したことに始まったそうですが、現在では横須賀市の管理になっている。
面積は約6000平方メートルあり、白梅、紅梅約2700本が咲きほこる三浦半島でただひとつの梅林として知られています。
(横須賀市HPより)


青葉の百姓 2018.2.25追記


-----------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2018年03月08日 15:59
階段の数で驚きです。  
達者でないとこの階段は辛いものですよ。
私ならば、下りが辛いですね。
梅を見ながらですと、少しは階段も苦にならなかったかな?
50名とは梅に釣られて出かけたのかもしれませんね。

青百
2018年03月08日 16:54
さぬきふじ・2さん、
確かに田浦梅林は階段の数が多いですね。
でも梅の花に気をとられて階段の数はすっかり忘れていました。
私はどちらかと言うと下り階段の方が楽です。
この横浜市青葉区ハイキングクラブは皆が楽しみにしているのか50名は少ない方ですよ。


青葉の百姓 2018.3.8追記






4

2018/1/29

区民ハイク@新春の江の島&鎌倉180128  アウトドア

区民ハイク@新春の江の島&鎌倉


2018年1月、青葉区民ハイクで新春の江の島&鎌倉に参加して来ました。
参加者は約70名。

日 時: 
1月28日(日)午前8時00分 田園都市線中央林間駅改札口前集合
コース: 
中央林間駅8:10発→片瀬江ノ島駅8:54着→江島神社(辺津宮-中津宮−奥津宮)……龍口寺〜満福寺〜稲村ケ崎(昼食)〜極楽寺〜御霊神社〜江の島長谷駅  歩行距離 約10km


クリックすると元のサイズで表示します
片瀬江ノ島駅


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
江の島から鎌倉まで


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社鳥居
日本三大弁財天を奉る江島神社は、田寸津比賣命を祀る「辺津宮」、 市寸島比賣命を祀る「中津宮」、多紀理比賣命を祀る「奥津宮」の 三社からなる神社


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社(辺津宮へつのみや)
土御門天皇 建永元年(1206年)、時の将軍・源實朝が創建。


クリックすると元のサイズで表示します
江ノ島大橋
上から見ても判るように片瀬江ノ島駅から江ノ島大橋までのアプローチや片瀬橋、片瀬東浜海水浴場も綺麗に整備されている。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社 絵図


クリックすると元のサイズで表示します
江の島、ヨットハーバー
オリンピック会場になるので数年前に来た時より数段整備されていました。
時々海釣りに出かけた江の島漁港もありました。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社(中津宮なかつのみや)
中津宮は、もとの上之宮で、文徳天皇仁壽三年(853年)に慈覚大師が創建。


クリックすると元のサイズで表示します
江の島サムエル・コッキングエン苑(1)
明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した和洋折衷で南国ムード溢れる植物園。
1月はウィンターチューリップが綺麗。


クリックすると元のサイズで表示します
江の島サムエル・コッキングエン苑(2)
赤いウィンターチューリップ


クリックすると元のサイズで表示します
江の島シーキャンドル(展望灯台)へ行くイルミネーショントンネル。


クリックすると元のサイズで表示します
江の島シーキャンドル(展望灯台)
湘南のシンボルとして2002年の江ノ電開業100周年事業の一環として、2003年にオープンした。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社奥津宮へ行く参道
夏になるとごった返す参道だが、冬は静かです。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社1(奥津宮おくつのみや)
鳥居


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社2(奥津宮)
社殿は天保十二年(1841年)に焼失。
翌十三年(1842年)に再建。(入母屋造り)


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社3(奥津宮)
八方睨みの亀」。
拝殿天井に描かれていて、どの角度で見ても睨まれている感じ。
江戸の絵師・酒井抱一によって描かれ、平成六年(1994年)に片岡華陽が復元。
実物は社務所にて保管されています。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社(龍宮)


クリックすると元のサイズで表示します
稚児ヶ淵
波による浸食でできた江の島西端で、昔ここで白菊という稚児が海へ身を投げ入れ亡くなったことに由来して、「稚児ヶ淵」の名がついたと言われる。
岩屋洞窟へは現在入場禁止となっている。


クリックすると元のサイズで表示します
江島神社4(奥津宮)
イチョウの神木かわからないが、幹を切った上に猫が座って居ました。
何時もここに登って観光客を見下ろしているのかな?


クリックすると元のサイズで表示します
龍口寺
神奈川県藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山。
右奥に五重塔が建っています。


クリックすると元のサイズで表示します
江ノ電


クリックすると元のサイズで表示します
腰越、万福寺
744年(天平16年)、行基による開創。
源義経が兄源頼朝の許しを得るために「腰越状」を書いた寺として知られる。


クリックすると元のサイズで表示します
七里ガ浜から稲村ケ崎へ


クリックすると元のサイズで表示します
稲村ケ崎
ここで昼食
天気が良ければ江の島の右側に大きく見える富士山だが、雲があり見えなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
稲村ケ崎にいた鳶
昼食中を狙ってサンドウィッチやおにぎりをさらっていくので要注意です。
サンドウィッチを持って行かれた参加した仲間も居ました。
大きな木の枝に餌を狙って待機している鳶をパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
昼食後
冬景色を合唱


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉極楽寺山門


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉極楽寺本堂
鎌倉唯一の真言律宗のお寺。
正永和尚が深沢に建てた念仏堂(極楽寺と称していた。)を起源としている。


クリックすると元のサイズで表示します
御霊神社
御霊神社は各地にあるが、祖先の霊を守る社と、怨霊鎮護の為に祀る神社とある。
この社は、鎌倉始祖の鎌倉権五郎景政を祀った神社。
1259年(正元元年)に北条義時(よしとき)の三男、重時(しげとき)が建立。
クスノキ科 タブノキの大樹があります。


今回はこの御霊神社で解散となり、江ノ電長谷駅で乗り帰宅する人、そのまま鎌倉まで歩いて帰る人に分かれる。


今年は坂東33ヶ所霊場結願を目標としている。
私は時間もあり鎌倉の寺社仏閣巡りをして帰宅する。
坂東33ヶ所霊場のうち、神奈川県の霊場はほとんど参拝しているが神奈川県には9霊場もあり、鎌倉で残っているお寺(3番札所、安養院)があり、参拝して来ました。
実は日蓮上人の鎌倉安国論寺へ行く途中で安養院があり、写真を撮っただけだったので境内を隈なく見て来ました。
http://green.ap.teacup.com/aoba2/95.html


この日に歩いた歩数: 32,300歩(約21.0km)

青葉の百姓 2018.1.29記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
セレスさん
2018年01月29日 13:55
昨日は寒くなかったですか?
チューリップも見れて良かったですね!

青百
2018年01月30日 06:21
セレスさん、風もなくそれほど寒いとは思わなかったが停まっていると寒いです。
チューリップはハイキングクラブのスケジュールに入っていないので、皆さんが奥津宮、稚児が淵へ行っている時に急いで苑内に入りチューリップを見て来ました。
それでも奥津宮・稚児が淵の降りるところまで行き合流しましたよ。



ゆうまさん
2018年01月30日 01:51
厳冬期でも湘南は暖かいのでしょうね〜♪
区民ハイキングって楽しそうですね。

青百
2018年01月30日 06:32
ゆうまさん、
厳冬期でも湘南は暖かいです。
区民ハイキングは平均年齢65歳は超えていると思うが、皆元気ですよ。
月1回(7月、8月、12月の3回は中止)は実施しているので年に9回開催している。
それぞれ楽しんでいますよ。
それにしてもハイキングクラブのスタッフの方は大変で有り難いと思うし、頭が下がります。


青葉の百姓 2018.1.30追記





1

2017/10/4

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山二日目



二日目は
蓼科山荘から双子池まで下山し、双子山へ登り大河原峠まで下山するルートです。
このルートはそんなにゴロゴロ石もなく、雨模様だったが雨にも降られず景色も良く気持ちの良いハイキングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

二日目は赤線の◎から◎までのルートです。
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
日の出
早朝起きて日の出を見たが、山荘周辺は樹木で良く見えなく林の間から明るくなったのを確認できただけでした。


クリックすると元のサイズで表示します
ウソの食事
昨日夕方ウソを見たが、翌日も居るかと外へ出るとウソの幼鳥がひまわりの種を食していました。


クリックすると元のサイズで表示します
出発前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
二日目スタート
カラマツ林の中を下る。


クリックすると元のサイズで表示します
紅葉する樹木
ところどころに紅葉した樹木あるがもう終わっているようです。


クリックすると元のサイズで表示します
石ころの沢道


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の中を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
天祥寺平


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(2)
この辺は平らになっていて歩きやすかった。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池
池となっていたがほとんど水がなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(1)


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(2)
倒木と大石を避けながら登る。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(3)
倒木と石ころの山道。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(4)
倒木だらけの山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(5)
亀甲池から登って降りたところが双子池(雌池)です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雌池)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
双子池(雌池)脇から双子池(雄池)へ歩く


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雄池)
役所の方が水質検査をしていました。


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
標高差約200mを登って双子山へ


クリックすると元のサイズで表示します
枯れた熊笹の高原を見ながら歩くと双子山山頂です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山頂へ着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山(標高2224m)山頂で


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
大河原峠(標高2093m)
ここにバスが待機していて白樺湖温泉スズランの湯で入浴し帰宅する。


クリックすると元のサイズで表示します
オコジョ
大河原峠にある食堂の建物床下からオコジョが顔を出しました。

私は初めて見たので調べると、
オコジョとは、ネコ目(食肉目)イタチ科に属する動物。
別名、ヤマイタチ(山鼬)。
夏と冬では印象がガラリと変わりカモフラージュの為なのか、夏は周りの岩や木々と同じ茶色い毛皮、一方冬は一面の雪と同化してしまい真っ白になり鼻だけピンク色だと言います。

早速パチリしたあと、すぐ右の方へ走って消えました。
左端の隅に顔を出しているが判りませんか? 
クリックして大きくすると判ります。


クリックすると元のサイズで表示します
白樺湖温泉スズランの湯


クリックすると元のサイズで表示します
コスモスの花
もうすっかり秋ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
たてしな自由農園 原村店
帰宅途中でたてしな自由農園でお土産品を買い帰宅の途に就きました。
自宅には19:00前には無事につきました。


二日間でこの素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダースタッフの皆さんが事前に下見もされたお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


二日目に歩いた歩数:17,910歩(約11.7km)でした。

青葉の百姓 2017.10.04記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
けーさん
2017年10月06日 11:32
健康で健康な青葉区民さんですね
お見それしました <(_ _*)> 
雨に会わずに何よりでした

青百
2017年10月06日 12:03
けーさん、コメントありがとう。
青葉区の皆さんは全くお元気です。
今回は女性が6割も居て圧倒されました。
二日とも雨に当たらず、帰りのバスでは降っていましたが良かったです。
石ころゴロゴロの百名山は忘れられないですね。



ゆうまさん
2017年10月07日 03:38
蓼科山は麓まではよく行くのですがとても登る元気はありません(ーー゛)
山の上から紅葉も本番になって来るとなんとなく落ち着きません。

青百
2017年10月07日 06:34
ゆうまさん、お早うございます。
蓼科山の麓っていうのは白樺湖周辺ですね?
あそこから良く見えますからね。
遠くから見るとおむすび山のような簡単な山に見えるが、登ってみるとなんとなんと火山で崩れた大石ゴロゴロの急登山道でした。
頂上も全て石ころだらけで歩くことも大変だが、見晴らしは最高でした。
山の麓は紅葉していましたが、上の方は針葉樹が多いのかもう紅葉が終わってしまったのかところどころ紅葉しているだけでした。



名前:ふぅさん
日付:2017年10月07日(土) 02時47分
大河原峠経由の下山は厳しい所も無くて、良かったのでは?
オコジョに出会ったのですか?素敵(^◇^)
冬毛? 真っ白でふわふわきっと可愛かったでしょう。
私は本物を見た事がありません。
冬毛のライチョウは出会ったことがありますが・・・(^◇^)
3連休ですね。
岐阜は信長祭りで行列が出ます。
今年は藤岡弘さんが信長さんになります。
良いお休みを過ごして下さい。

名前:青百
二日目の蓼科山大河原峠下山ルートは良かったです。
双子池を見て、双子山へ登って大河原峠へ降りて来ました。 
幸運にも大河原峠で可愛いオコジョと遭遇しましたよ。
リトアニアとの交流会にも参加したのですか? 
ふぅさんは横文字がペラペラなので心配ないですね。
11日は静岡にいるので会えないですね。  残念!


青葉の百姓 2017.10.07追記





2

2017/10/3

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山一日目171001  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山一日目


青葉区民バスハイクで日本百名山・蓼科山を訪ねる山旅に行って来ました。
二日間とも好天に恵まれ大石ゴロゴロ急登山道を全員何事もなく無事に完歩出来ました。


日 時: 2017年10月1日(日)〜2日(月)
集 合: 10月1日(日)田園都市線市が尾駅西口横浜銀行前 
      6:30集合
コース: 
市が尾(貸切バス)→中央自動車道→諏訪南IC→蓼科山七合目駐車場→蓼科山荘(昼食)→蓼科山山頂→蓼科山荘(泊)


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山七合目登山口スタート
標高1900m


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

青色が一日目
蓼科山七合目登山口(◎印)→蓼科山荘(〇印)→蓼科山山頂(◎印)→蓼科山荘(泊)(〇印)
赤色が二日目
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹のある山道


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林の山道


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苔の花
なんていう名の苔かわ判りませんが花芽を付けていました。


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
登山中の展望
山道を歩いていて遥か遠くに槍ヶ岳が微かに見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(標高2350m)へ到着。
今晩宿泊する山小屋です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘で昼食。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘から蓼科山山頂を目指しスタート。
思い切って一日目に蓼科山山頂まで登ったのは正解で、翌日は朝日が見えたもののそのあとはほとんど曇り空だった。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(1)
とにかく大石の間を気を付けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(2)
次は倒木を避けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(3)
四つん這いで登ったほうが安全なところもありました。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(4)
途中で一休みをして振り返ると見晴らしが良かった。
しかし、このゴロゴロ石の間を再度急下りして山小屋まで下りなければならないと思うときついです。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(5)
見晴らしが最高です。
それにしてもこんなに多くの大石があるのには驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂ヒュッテ到着
やっとのことで蓼科山山頂前にある山頂ヒュッテまで来ました。
頂上まであともう少し。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(1)
蓼科山頂ヒュッテからまたまた大石だらけの山道をジグザグに歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(2)
周りの山々が綺麗に見えてしばし和らぎました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(1)
蓼科山は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2531mの火山で、円錐形の美しい山容から諏訪富士とも呼ばれる。
冬場で天気が良ければ360度の山々が一望出来ると思うし、さすが日本100名山に選ばれた山であることは確かです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(2)
頂上部は大きな溶岩で覆われているため、風が強かったが樹林が育たず見晴らしは最高です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(3)(標高2531m)
頂上には蓼科神社の奥社があり、登山口にあたる七合目にはその鳥居が立っていて、そこからスタートして登り標高差は約630mで良く登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(1)
右にある山小屋は蓼科山頂ヒュッテです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(2)
大石ゴロゴロで登りも下りもかなり危険で注意深く下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(3)
登りもきつかったが、下りも周囲の状況も変わり先ほど登って来た道とは違うように見えてきつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(1)
蓼科山荘へ無事に到着し、夕食前の団欒をしました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(2)
団欒中に山仲間が蓼科山荘の外にウソという鳥がいると聞いて急いで外を出ると、沢山のウソが集まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
初めて見た鳥だが首のあたりが赤くなっているが、この鳥は雄の親鳥だという。
ウソとはスズメ目 アトリ科 ウソ属に分類される鳥類の一種で全長16cmくらいで、ヒ、フーなどと口笛のような鳴き声を発するようです。
本州以北の高い山で繁殖し、秋冬は低地や四国、九州の林でも見られるとの事だが、たいへん愛らしい鳥ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
こちらは胸のまわりを膨らませてひまわりの種を食している。
幼鳥のようです。
この山荘ではウソにひまわりの種で餌付けされていて、かなりの数のウソがやってきます。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(4)
夕食
登山の一日目が無事に終わりホッとしました。
夕食しながら当日の登山の話や翌日の登山ルートの話で話題が尽きなかった。
二日目の事もあり、21:00頃には就寝しました。

一日目に歩いた歩数:11,510歩(約7.5km)でした。

この素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダーやスタッフの皆さんのお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


青葉の百姓 2017.10.3記

--------------------------------------------------
バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/33.html
--------------------------------------------------

青葉の百姓 2017.10.4追記



ネット仲間からのコメントです。

----------------------------------------------------
マイビオラさん
2017年10月03日 22:26
お天気にも恵まれ蓼科山登頂頑張られましたね。
大きなごろ石ばかり見ているだけでため息が出ますね。
登り切った喜び
空気も美味しかったことでしょう。

青百
2017年10月04日 06:41
マイビオラさん、お早うございます。
コメントありがとう。
運よく蓼科山登頂までは天気も良かったです。
蓼科山七合目登山口スタートしてから山頂まで石、石、石ころだらけの山道でした。
始めは小さかったが頂上近くになるに従い大石だらけで大石の間を探しながらの登山です。
蓼科山は富士山頂の赤茶けた岩だらけと違い、大石を割って噴火したのか河原にある大石と同じものが急坂にごろごろ置かれているって感じですね。
頂上の見晴らしの良さは最高でした。



プー太郎さんへ
2017年10月03日 08:21
昨日やっと山から無事に帰って来ました。
趣味人倶楽部の会員登録2007年12月頃ですか?
凄いの一言。
趣味人倶楽部プロフィール紹介の119ヶ月目、2007年11月頃の登録…これまた凄い!
良く続けられて来られましたね。
これからもず〜〜っと素晴らしい日記を続けて下さい。 
ではまた 青百


プー太郎さん
2017年10月03日 09:56
青百先輩、
今年は、あちらこちらで、熊が出没しております。
行かれた山では、熊と遭遇する危険などはなかったのでしょうか?
先輩が長年続けて来られたブログに比べれば、大したことはありません。

青百
2017年10月03日 10:42
プー太郎さん、お早うございます。
大岩ゴロゴロ山道の蓼科山も林に入れば時々熊が出没しているそうですね。
我々の仲間達は単独ではなくあれだけ大勢の集団で山へ登れば熊も察知し避けるのではないかと思います。
そう言えば私のHPやブログも立ち上げてからあっという間に14年にもなりました。
早いものですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。



さぬきふじ・2さん
2017年10月04日 11:33
1泊しての登山は気持ちもゆっくりしますのでいいですよね。
温泉に入って泊まれるのは最高の気分でしょう。
頂上は大きな石がゴロゴロのようですが座る場所も考えませんとお尻が痛い事だろうと思いましたね。

青百
2017年10月04日 11:46
さぬきふじ・2さん、お早う。
1泊しての登山と言っても山小屋に泊まるだけで、下に降りて来て白樺湖のスーパー銭湯に入っただけですよ。
それでも疲れがとれました。
蓼科山は大石ゴロゴロで、座ることも出来ず寄りかかって休むだけでした。


青葉の百姓 2017.10.4追記




5

2017/9/25

区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳170924  アウトドア

区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳ハイキング


2017.9.24
9月の区民ハイクは初秋の箱根・明星ヶ岳ハイキングに行って来ました。
前日雨が降って山道は滑りやすくなっていたが、曇り時々晴れのまあまあの天気でした。
参加人数:約60名

コース
田園都市線中央林間駅改札前集合→小田急中央林間駅→相模大野駅(のりかえ)→小田原駅(のりかえ)→箱根湯本駅(のりかえ)→箱根登山鉄道強羅駅……明星ヶ岳……阿弥陀寺……箱根湯本駅


クリックすると元のサイズで表示します
登山電車(緑線)
箱根登山鉄道箱根湯本駅→箱根登山鉄道強羅駅

歩いた軌跡(赤線)
箱根登山鉄道強羅駅→箱根登山鉄道箱根湯本駅


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳登山口(1)
準備運動


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳登山口(2)
ここで準備運動を済ませた後にスタートしました。


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の山道を登る。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根大文字焼き説明板


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(1)
明星ヶ岳登山口から大文字山まではほとんど急坂できつかったが、登山口から約1時間かけて無事に到着しました。
ここで早めの昼食となりました。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(2)
昼食
大文字焼きのある場所は見晴らしも良いし、眼下に箱根強羅温泉の街並みが見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(3)
昼食
近くへ来ると大文字の大という字が確認できない大きさです。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(4)
昼食が終わり明星ヶ岳頂上へと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
大文字山から竹林トンネルを歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
針葉樹林を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
尾根道を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上御岳大神
神奈川県小田原市と箱根町の境にある標高924mの山で、箱根山の古期外輪山の一峰である。
富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
山頂には石碑と祠がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上
小田原方面からは高く見え、宵の明星が当山の上に輝くことからこの名がついた。
大文字焼きの行われる山として地元では「大文字山」 と呼ばれる。
毎年8月16日の夜、先祖供養の送り火として盛大に行われている。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上で箱根八里を合唱


クリックすると元のサイズで表示します
下山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(1)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(2)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(3)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰から阿弥陀寺へ向かう
この辺は急下りで滑りやすく滑らぬように無駄な筋肉を消費し疲れました。


クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀寺(1)
箱根湯本にある塔ノ峰の中腹にある古刹で、別名をあじさい寺と言います。
幕末を生きた皇女・和宮の位牌が祀られている。


クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀寺(2)
お地蔵さんと阿弥陀寺

阿弥陀寺で解散となり、箱根登山鉄道箱根湯本駅まで歩き電車に乗り帰宅する。
今回も雨上がりでのハイキングであったため、下山中の山道は非常に滑りやすく何回か滑り大変でしたが、特別なトラブルもなく全員完歩出来ました。


この日に歩いた歩数:23,150歩(約15.1km)

青葉の百姓 2017.9.25記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
小野小町さん
2017年09月25日 15:36
60名の参加者で健脚な人ばかり12キロもそれも雨の中を、いいご趣味
です。健康のためにもいいことなさっている。

青百
2017年09月25日 16:07
小野小町さん 、コメントありがとう!
当日は曇り天気でしたが、前日に雨が降って山道は滑りやすく危険でした。
60名の参加者は平均70歳くらいですが、健脚な人ばかりですよ。
今回のハイキングは急登あり、急下りありの12キロでしたが、何事もなく全員無事に完歩出来ました。
一週間後も仲間達と一泊二日で日本百名山である蓼科山へ行く予定です。
楽しみ!


青葉の百姓 2017.9.25追記


--------------------------------------------------
マイビオラさん
2017年09月25日 22:12
素晴らしい!!健脚ですね。
平均年齢70歳で12K踏破!益々健脚になれますね。
この頃みなさんお元気ですね。
私の卓球クラブは、75歳平均で最高齢は83歳です。
明日主人は、一人旅に10日間出かけます。
今私はついていくべきか否か迷っています。
お出かけは大好きですがお天気が良すぎて植物のことが気がかりで。

青百
2017年09月26日 06:21
マイビオラさん、お早う。
青葉区民ハイクは平均年齢70歳だと思うが、結構お若い山ガールも来ていますが、皆お元気です。
むしろこちらの方がきつくなったし、脚もまだ痛いです。
富士山に毎年登頂した頃よりは年々衰えて来ましたね。
マイビオラさんのかよっている卓球クラブは、75歳平均で最高齢は83歳ですか?
皆、昔と違ってお若いですね。
ご主人さんは、一人旅に10日間出かけるのに留守番ですか?
私も夫婦で海外旅行などに行く時は、植物が心配で息子たちに水撒きに来てもらいました。
マイビオラさんは誰かに頼めないですか?
植物が沢山あり、特に鉢物が多いとこれが悩みの種ですね。



ゆうまさん
2017年09月26日 01:25
山道を12キロのハイキングは立派ですね。
しかも60名もの大所帯、楽しまれましたね。

青百
2017年09月26日 06:30
ゆうまさん、お早う。
10時ごろ登山口をスタートして12キロの山道を歩き、16時ごろ箱根湯本駅まで歩いたですからね。
今回はまだ少なかったが参加者が多いとトイレタイムでかなり時間をとられてしまうが、山の中は無いので皆良く我慢しましたね。
昼食場所の大文字山は見晴らしがよかったです。



さぬきふじ・2さん
2017年09月26日 09:12
毎月の区民ハイク、出かけてますと1カ月は早く過ぎ去りますね。
毎回、大勢参の加で賑やかでしょう。これからは山の景色も楽しみが増えてきますよ。

青百
2017年09月26日 09:37
さぬきふじ・2さん、
毎回、毎回、大勢の参加があり賑やかです。
写真はアップ出来ないが、山頂では山歌を歌い、その月の誕生月の参加者を全員でお祝いするのですよ。
毎月の区民ハイクに参加すると1カ月はあっという間に月日が過ぎ去っていきます。
10月、11月はスケジュールがいっぱいで忙しいし、あっという間に大晦日、お正月を迎える事になるのかな?



ふぅさん、
日付:2017年09月26日(火) 08時08分
急登は登りも下りも厳しいですね。
暑い時は山登りは暑いだけで疲れますね。
お弁当の写真拝見しました。眺めが良さそうでした(^◇^)
涼しくなってきましたし、アウトドアには最高の季節。
出かけたい場所も沢山です。

青百
日付:2017年09月26日(火) 11時51分
箱根・明星ヶ岳の急登、急下りも大変だったが、金華山山頂へ行くめい想の小径登山コースも結構厳しかったですよ。
登山道のあちらこちらには「危険」「がけ」などの注意看板が立っているが、所々にある「ビューポイント」からの景色は最高でした。
写真を撮りながら登って行きました。



やどさん
2017年09月26日 14:55
ご無沙汰しております。
流石青百さん・頑張っていますね〜羨ましいです。

青百
2017年09月26日 15:07
やどさん、こちらこそご無沙汰しております。
久しぶりのコメントありがとう。
今回の箱根・明星ヶ岳ハイキングはくたびれました。
未だ脚が痛いですよ。


青葉の百姓 2017.9.26追記


---------------------------------------------------
名前:ふぅさん
日付:2017年09月27日(水) 03時50分
金華山の瞑想の小径は登山道の中で一番距離もあります(^◇^)
でも、ビューポイントがあるので癒されますね。
その節はありがとうございました。
箱根はたまに行きますが美術館巡りが多くて・・・(;´・ω・)
秋はやっぱり山が良いですね。

青百
金華山の瞑想の小径は登山道の中で一番距離があったのですか?
それに急登だし。
道理で別ルートから登ったふぅさんの方が金華山山頂へ着いたのが早かったのでびっくりでした。


青葉の百姓 2017.9.27追記


-------------------------------------------------
名前:ふぅ
日付:2017年09月27日(水) 22時58分
金華山に「馬の背」という登山道があるのですが、ここはロープウエイの下の直登で、険しいけど、早いです。
「老人子供は入らないように」という立札があります(笑)
蓼科山、楽しんできて下さい。
山の秋は速いですね。

青百
青葉の百姓 2017.9.28追記
金華山ロープウエイの下の直登に「馬の背」という登山道があったのですか?
しかし何も見えないところを登るより「瞑想の小径」を登って良かった。


青葉の百姓 2017.9.28追記




2

2017/8/6

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801   アウトドア

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)

特別ハイクE苗場山3日目は前日は和田ロッジに泊まり、帰りに水澤観音へ立ち寄り参拝した後、昼食に水沢うどん「大澤屋(第一店舗)」でマイタケ天ぷらとうどんを食べました。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ
朝食


クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「みつまた
旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口に「道の駅みつまた」ができました。
館内には地元湯沢の農産物やお土産をはじめ、アウトドアをサポートするグッズも充実。
館内外に設置された足湯で心も体もリラックス出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
水澤観世音入口
群馬県渋川市にある天台宗の寺院である。
山号は五徳山。本尊は十一面千手観音で、坂東三十三箇所第16番札所です。


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音鐘楼


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音本堂(観音堂)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音六角堂


クリックすると元のサイズで表示します
水沢の観音杉
樹齢700年以上と言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
弁財天


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
(第一店舗)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
マイタケ天ぷらうどんで昼食。
日本三大うどんの一つにあげられている群馬県の水沢うどんは、400年以上の歴史を有するコシの強いをうどんと言われるが、揚げたてのマイタケ天ぷらは美味しかったが、うどん自身はそれほど美味いと思いませんでした。
何といっても四国お遍路の旅であちこちで食べた讃岐うどんの方が遥かにコシがあり美味しいかった。

因みに日本三大うどんを調べてみると、
「定説はない」との見解だが、現状では「讃岐」と「稲庭」はほぼ「当確」という見方が強い。
第三のうどんには、長崎県の「五島」、群馬県の「水沢」、富山県の「氷見」のほか、名古屋の「きしめん」が挙がることもあるそうです。


特別ハイク苗場山登下山の2日間は悪天候もありかなりきつかったが、2泊3日であったため3日目はゆっくりし早めに帰宅出来ました。

青葉の百姓 2017.8.14記


ネット仲間からのコメントです。

-------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月14日 20:08
讃岐うどんのほうがおいしかったと書いてあり
ほっと安心しています。マイタケ天ぷらはいかがでした?

青百
2017年08月14日 20:20
小野小町さん、早々とコメントありがとう。
採れたてのマイタケ天ぷらは美味しかったですよ。
数年前に仲間3人でお遍路の旅をして疲れ切った時に立ち寄った讃岐うどんは安くて美味しかったです。
忘れられないですね!


青葉の百姓 2017.8.14追記




1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731  アウトドア

特別ハイクE苗場山2日目(下山)

苗場山からのご来光を観ようと早朝4時30分に起床。
5時前には外へ出たが霧がかかって残念ながら観ることは出来なかった。
出発する7時40分頃からは霧も消えて午前中まで好天気に恵まれたことは幸運でした。
最大の見せ場である苗場山頂湿原、自然に群生している高山植物のお花畑を観ながら下山しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山頂湿原
5時前は霧がかかって見えませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山頂から和田小屋までの下山した軌跡。
大きな丸印緑色の歩いた軌跡が祓川コースです。

苗場山頂(標高2145m)→お花畑→雷清水→神楽ケ峰(標高2029m)→上ノ芝・中ノ芝・下ノ芝→和田小屋


クリックすると元のサイズで表示します
準備体操
苗場山山頂自然体験交流センター(一泊)からスタート前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター前
霧が消えて高層湿原が一望出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂へ
まず苗場山自然体験交流センター前から近くにある山頂へ向かい出発しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂(標高2,145mの火山)
ここから雄大な大湿原を歩いて下山します。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(3)
池塘(ちとう)群
頂上部は多くの池塘を光らせた4km四方に及ぶ高層湿原を展開していて、その景観と特異な山容から、越後の名山として注目され県内外の登山者に親しまれている。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(4)



クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を歩く
この岩場を抜けると高山植物のお花畑が広がります。


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(3)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(4)
お花畑から後ろを振り返ると苗場山山頂が良く見えたのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(1)
ハクサンフウロ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(2)
クルマユリ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(3)
シモツケソウ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(4)
ホタルブクロ(ツリガネソウ) か?


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(5)
撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(6)
菊のような黄色い花は何て言う花か不明?


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(7)
シシウドと撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(6)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(8)
ニッコウキスゲ


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水から苗場山を仰ぎ見る。


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水(かみなりしみず)
標高(1920m)
ここの清水は冷たくて美味しかった。
飲料水と残った清水はウイスキーを入れて水割り用に、空いた500mmペットボトルに3本も入れて下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(9)
コイワカガミ


クリックすると元のサイズで表示します
再び登り斜面を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
神楽ヶ峰(6合目)


クリックすると元のサイズで表示します
股すり岩
確かに名前のごとく脚を擦るように大股で登らないと移動できなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩だらけの道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
休憩


クリックすると元のサイズで表示します
木道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
ワタスゲ
夏の風物詩、群生したワタスゲの白い綿穂が風に揺れている。


クリックすると元のサイズで表示します
なだらかな斜面を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
再度岩だらきの道を登る。
とにかく歩きにくい山道です。


クリックすると元のサイズで表示します
又、下ります。


クリックすると元のサイズで表示します
下の芝


クリックすると元のサイズで表示します
緩い下り坂を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋到着


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋で昼食
かき揚げそばを頼んだが、夏は暇なのか従業員が少なく約30〜40分も待たされました。
昼食後、和田小屋からシャトルバスに乗り和田ロッジまで行き一泊する。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ(泊)
夕食はこのメニューにあとから鰻のかば焼きまで出て来ました。
一泊二食付きで8,100円は安かった。

この日に歩いた歩数:15,960歩(約10.4km)
かかった時間は約4時間40分でした。
悪天候での二日間登山はとにかく疲れました。

3日目は水沢観音へ立ち寄り、昼食を取ったあと帰宅する予定。

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/30.html


青葉の百姓 2017.8.4記


ネット仲間からのコメントです。
-----------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん、
投稿日:2017年 8月 4日(金)17時33分18秒
3日間も行ってこられたのですね!
素敵な山行きでしたね〜
ご来光は見れなくても、雰囲気が味わえて良かったです。
苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、見せていただいてありがとう。初めて見ました。
素晴らしい所ですね。
山でお花に出会うと、心が和みます。
高山植物を見るのは、私にとっては山登りの楽しみの一つです。

青百
ふぅさん、お早う。
苗場山山頂までの1日目は悪天候で体中ビショビショになり、岩道の急登あり、10ヵ所くらいの鎖場がありで頂上まで行けるのかと思いながら歩きました。
登頂翌日は下山中に雄大な苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、自然に群生している高山植物のお花畑を観れたことは幸いでした。
とにかく疲れましたが、数日経ってみるときつかった山登りも素晴らしい想い出になります。
その二日後は高尾山ビアマウントで仲間達と暑気払いがあり、この日は別の登山ルートを使い仲間達と合流しました。
またアップします。 ではまた


青葉の百姓 2017.8.5追記


---------------------------------------------------
Kumilyさん
2017年08月05日 23:21
おーーーーー良い景色ですね
山頂に、湿原ありなんですねー

青百
2017年08月06日 07:37
山頂大湿原には無数に池塘(ちとう)があり、前日の雨で打たれた登頂の疲れは吹っ飛んでしまいました。
是非行かれてみて下さい。


青葉の百姓 2017.8.6追記


---------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
日記にいいねをしてくれました。

青百
日記にいいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.9追記






1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730  アウトドア

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)


青葉、山の会に初参加で日本百名山の苗場山(標高2,145mの火山)へ行って来ました。
天候不良で心配していたが、1日目、2日目とも小雨降る中の登山で大変だったが、苗場山翌日は幸運にも3時間ばかり好天に恵まれ、雄大な高層湿原を歩き、下山中には高山植物のお花畑を満喫しながら無事に下山できました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山まで歩いた軌跡
赤丸印
右上の緑の軌跡は翌日和田小屋まで下山した軌跡です。


クリックすると元のサイズで表示します
赤石澤国有林入口
スタート


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の樹林帯を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
雨の中を登る。
雷のせいか辺りを見渡すと何本かの巨木が折れている中を登って来ましたが、霧もかかって何とも異様な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
急坂を登る。
これから大きな石を避けて注意深く登っていく。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(1)
これから急な登り坂が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(2)
ここもかなり急な岩場です。
雨が降っていて体中は蒸れ切ってべとべとになっている中、転落に注意し少しづつ登りました。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目
5〜6本くらい鎖場がある岩場を登るとやっと6合目に着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
茂みの中を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
またまた鎖場が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(7合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(8合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所
8合目を登りきると広々とした休憩所がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
木道


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(1)
ワタスゲの群生地を歩く。
初夏の湿原の風物詩として白い綿帽子のような綿毛がゆらゆら揺れるワタスゲだが、ここまで来ると咲き始めでまだ綿のようにはなっていませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(2)
6月に行った尾瀬を想い出すような広々とした湿原が続く。


クリックすると元のサイズで表示します
9合目
9合目を超えるとまた樹林帯に入り、急登岩場に入って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
急登岩場
更に急な岩場を登って行くが、ここも雨が降っているし岩が滑りやすくゆっくり登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を登りきると広々とした湿原に着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(1)
この辺には何の植物が咲くのだろう?


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の雪渓
山東付近には雪渓が残っていて滑らないよう注意深く歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(3)
山頂付近の雪渓を歩き切ると、更に湿原が続き、遠くに苗場山自然体験交流センターの屋根が見えて来ました。
ホッと一息つき疲れがどっと出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター
全員が無事に到着し、雨で体中がびしょびしょで早々と着替えました。
濡れた登山着は乾燥室へ、
夕食は山小屋の定番メニューであるカレーライスでした。

この日の歩いた歩数:9,570歩(約6.2km)
かかった時間は約4時間45分でした。

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

青葉の百姓 2017.8.2記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月02日 15:20
ご苦労様です。健脚でいいですね。
この写真を見ていたら、女性の方もいらっしゃるのですね。

青百
2017年08月02日 15:48
小野小町さん、早々とコメントありがとう!
この雨の中を、年齢も70歳前後の集まりで一人も脱落者も出ず完歩出来る元気な方たちです。
その中で女性も4割いるし、青百の方が負けそう・・・。



ももっちさん
2017年08月02日 15:56
未だ雪が残っているのですね。
普段目にしない草花も
高度によって色々変化していくのでしょうね。

青百
2017年08月02日 17:46
ももっちさん、
この辺へ来ると未だ雪が残っていましたね。
普段目にしない草花は翌日午前中3時間ばかり好天になり、下山中に自然高山植物のお花畑を見てきましたよ。
下山2日目を追ってアップしますのでご覧ください。



セレスさん
2017年08月02日 16:06
雨の中、大変でしたね!
無事下山され良かったですね!

青百
2017年08月02日 17:48
セレスさん、ありがとう!
雨の中は普段の二倍の体力と気力が必要です。
無事下山しましたが、2回も滑りましたよ。



Kumilyさん
2017年08月02日 16:38
おーーーー雪がたくさんあるー🙊
こういうところ 登山したいです

青百
2017年08月02日 17:51
Kumilyさん、
まだ頂上付近には雪が残っていました。
雪渓ではアイゼンは持って行かなかったので見事に滑りました。
しょっぱな滑ったのでゆっくりと気を付けて歩きました。



ふぅさん、
日付:2017年08月02日(水) 17時46分
お帰りなさい〜!
苗場山へ3日間も行ってこられたのですね。
苗場はスキー場しか知りません( ;∀;)
白いのは雪渓なんですね。
2000m超えの山だから、雪渓もありますよね。
足元、滑りませんでした?(^◇^)
良いお天気の時間もあって、良い思い出ができて良かったです。

青百
日付:2017年08月02日(水) 18時48分
私も若い頃に苗場スキー場へは来たことがありますが、苗場山頂へは初めて登頂しました。
この山頂近くにある緩い雪渓を歩かないと遠回りになり、縦断しましたがしょっぱなで滑ってしまいました。
その後はゆっくり気を付けて歩き雪渓を歩き切りました。


青葉の百姓 2017.8.2追記


--------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年08月03日 02:14
足元が悪そうで大変でしたね。
でも登頂の喜びもひとしおだったでしょう(^−^)

青百
2017年08月03日 05:50
ゆうまさん、お早う!
今回の苗場山は今まで登った山でも3本の指に入るような足元が悪さです。
それに悪天候でカッパは来ていても体中蒸れてびしょびしょでリュックも重いし、疲れました。
でも苗場山へ着いてTシャツに着替えたら生き返りました。
翌日は晴れて素晴らしい高原の大湿原と自然の高山植物を観れたことは幸運でした。
今日はプー太郎さん主催の高尾山ビアマウントで暑気払いです。
例によって私は大垂水峠から登り高尾山頂経由でビアマウントで仲間達と合流します。
ゆうまさんも来れれば良いですが、何せ遠いですよね。


青葉の百姓 2017.8.3追記


---------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん
投稿日:2017年 8月 3日(木)05時44分48秒
お疲れ様でした。
長い雪渓なので滑らなかったかと気になりましたが、やっぱり滑りましたか?
それだけに充実感は大きかった事でしょう(^◇^)
私も立山へ登る時、雪渓で足を取られました。
山へ登る時は装備をきちんとしないと・・・ですね。

青百
ふぅさん、コメントありがとう。
立山は登ったことも無いですが、室堂の上にそびえている山が山頂なのですか? 素晴らしいところですね。
苗場山山頂近くの雪渓は急斜面ではなく大丈夫だと思いましたが、雪渓に足を踏み入れた途端に足を取られました。
雪渓が急斜面でしたら当然迂回しますが、体ごと滑って行く斜面ではないのでそのあとは気を付けて歩きました。


青葉の百姓 2017.8.4追記


--------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
特別ハイクE苗場山1日目にいいねをして頂きました。

青百
いいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.12追記




4

2017/6/27

区民ハイクD納めの秩父札所巡り170626  アウトドア

区民ハイクD納めの秩父札所巡り


2017.6.26
6月の区民ハイクはバスに乗って秩父観音霊場、第31番札所〜第34番札所の4ヶ所の霊場を巡拝して来ました。
天気予報では曇りのち雨だったが、一日中薄曇りの好天の中で快適に巡拝することが出来ました。

コース
市が尾駅前6:30集合→東名・圏央道・関越高速道→花園IC→第31番札所観音院→第32番札所法性寺→第33番札所菊水寺→第34番札所水潜寺→満願の湯→花園IC


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(1)
バス駐車場
9:27着、約3時間で着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(2)
山門(仁王門)
両脇の仁王像は、高さ約4bもあり石造り仁王像としては日本最大だそうです。
但し、仁王門が貧弱です。
仁王門なんて取り外して、左右の石造り仁王像だけが立っていた方が遥かに威圧感があり良いと思いますが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(3)
参道


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(4)
観音院の梵鐘
秩父札所の中でもっとも険しい難所に建つ寺で、296段の長い石段を登りつきると、最初に梵鐘にたどり着く。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(5)
観音堂
観音堂の背後には大岸壁が覆い、左には落差約30メートルの聖浄の滝が落ちているはずだったが、カラ梅雨のため滲んでいる程度でした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(6)
聖浄の滝
残念ながらカラ梅雨で水がなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(7)
新生代第三紀の地層

ネットで調べると、新第三紀は約2300万年前から約258万8千年前くらいの地層だそうです。
新生代に入ると地球は徐々に寒冷化してゆき南極大陸に氷床が発達し氷河期に入る。
動物は中生代に栄えた大型爬虫類の多くが絶滅し、地上は哺乳類と鳥類の適応分散が始まったと記されていました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(8)


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(9)
お堂


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(10)
観音院の東裏山を登ると奥の院があると言い登って来ました。
振返えって境内をパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(11)
東奥の院


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(12)
東奥の院を更に進むと、岩廂(いわひさし)の中に石仏群がある。
更に進みたいと思ったが、時間的に迷惑をかけると思い同じ道を引っ返してきました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(1)
鐘楼門
堂々とした二層の山門(仁王門)は秩父札所唯一の鐘楼門で、般若山の額が掲げられている。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(2)
赤い仁王様


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(3)


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(4)
観音堂
崖の中腹に舞台造りの観音堂がある。
江戸中期に建てられたという観音堂へは苔の付いた石段を上る。
秩父の苔寺とも言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(5)
この裏山には鎖の付いた岩場を約20分登と石舟山の名を持つ巨岩の岩窟の中に金銅の大日如来が祀られていて、奥の院の岩上には岩舟観音が立っている。
下から見上げると山の上に微かに見えました。
残念ですが時間がないので法性寺奥の院までは行けませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(6)
観音堂の裏側
岩壁になっているが、浸食が海岸で見かける窪みのようで、大昔に隆起した地層のようにも感じました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(1)
入口


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(2)
ここで昼食をとりました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(3)
観音堂
文政3年(1820)建立で間口8間、入母屋造りの威風堂々たるたたずまいです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父華厳の滝
第34番札所水潜寺へ行く途中に秩父華厳の滝があり、立ち寄って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(1)
日本百観音霊場結願寺
日本百観音霊場の(西国33ヶ所・坂東33カ所・秩父34ヶ所)の結願寺(けちがんじ)として、巡礼者が打ち留めの札と笈摺(おいずり)を納める寺です。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(2)
六地蔵
参道脇に六地蔵が立っていて迎えてくれました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(3)
観音堂
大きな流れ向拝をつけた六間四面の方形造りで、文政11年(1828)の建築で、本尊は、一木造りの千手観世音菩薩だそうですが観れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(4)
百観音の功徳車と仏足の碑のあるお堂
百観音の寺の名が刻まれていて、廻すと百観音の功徳が得られるそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(5)
本堂


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(6)
三十三観音の石仏
参道にずらりと並ぶ三十三観音の石仏が参拝者を迎え、見送る。
水潜寺は秩父の札所が三十三から三十四に増える前から水潜り観音と呼ばれ親しまれていた。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父満願の湯
入浴料は800円のところ、団体割引で720円でした。
内湯も広いが、露天風呂から見た川の景色の方が良かったです。
カラオケもあったがこの銭湯には合わない気がするが・・・。


この日に歩いた歩数: 12,730歩(約8.3km)


青葉の百姓 2017.6.27記





4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ