2012/7/6

紅茶キノコのマチュドニア  紅茶キノコ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マチュドニアとは、色々な果物で作る、フルーツポンチのようなデザートのこと。
紅茶キノコと合わせると、とってもおいしいので、しょっちゅう作ります♪
キーウイやアメリカンチェリー、ブルーベリーを入れ、ごまのような物は、バジルシードです。

ウーニンさんのブログによると、紅茶キノコは大腸に善玉菌を増やす乳酸菌たっぷりの美腸発酵飲料で、解毒作用も強く、消化器官の毒素の中和もしてくれるそうです。

紅茶キノコ、手渡しできる方に限りますが、希望があれば株分けしますよ(*^ ^*)v
2

2012/3/3

紅茶キノコの今  紅茶キノコ

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りの登場ですが、毎日欠かさず飲んでます。紅茶キノコの記事はこちら
ほんの2センチ四方だった株も、今では直径10センチくらいになり、瓶も2本にして育てています(そろそろ新居に移そうかと…)
毎回、味が少しずつ違い、飲むのが楽しみです♪

今回は、とてもいい出来でした。
見て下さい、この発泡具合。シュワシュワの微炭酸で、とっても美味〜♪
甘い紅茶がなんで発泡するのか不思議…。
詳しいことは知りませんが、天然酵母菌の一種で腸内環境を整えてくれる働きがあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/8/28

2ヶ月後の紅茶キノコ  紅茶キノコ

クリックすると元のサイズで表示します

紅茶キノコの花ちゃん
2ヶ月が過ぎ、こんなに大きく成長しました(^ ^;
瓶の直径に合うように、キレイな丸になり、厚みもあります。

10日位ごとに新しい紅茶と入れ替えるので、冷蔵庫にはエキスが常備されてます。
水や炭酸水で割って飲むと、とってもおいしい〜♪
それにしても、不思議な飲み物だわ。

欧米ではKombuchaと呼び、健康飲料として売られているそうです(20世紀初頭に昆布茶と混同されたらしい)

クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/7/15

紅茶キノコのその後  紅茶キノコ

リンダさんから里子に貰った、紅茶キノコの花ちゃん(それぞれ名前を付けて可愛がっているようです)
暑いので成長も早く、すでに2回エキスを引き上げ、現在3回目を仕込み中です。
来た当時は、ほんの3センチ四方だったのに、今は直径8センチほどに成長しました(見た目がイマイチなので、写真はパスね(^ ^;)

クリックすると元のサイズで表示します

煮沸消毒したビンに移して冷蔵庫へ入れ、元のビンに少しエキスを残しておき、再び甘い紅茶を加える行程を繰り返えせばエンドレスに作れます。
酵素ドリンクと同じように、空腹時や食事前に飲むのがいいようです。
リンダさんがあまりたくさん飲む必要はないとおしゃっていたので、朝起きてすぐと、夕方お猪口に1杯ずつ飲み、朝は、その後しばらくしてからグリーンスムージーを飲むようにしまてす。

私はウーニンさんと言う方のブログを見て、紅茶キノコの事を知り、欲しいなぁ〜と思っていました(面識はありません)
リンダさんの記事によると、この株の元々の持ち主はウーニンさんのようで、巡り巡って我が家にやってきたのかと思うと、不思議なご縁を感じます。


クリックすると元のサイズで表示します

ウーニンさんが、色々な果物を入れているでマネっこしてみました。
りんごを入れて一晩置いた物。
エキスが微炭酸なので、アップルソーダのようでとっても美味〜♪
起き立ての身体に染み渡る〜(*^ ^*)/


クリックすると元のサイズで表示します

これはキウイ。
なんでこんなにおいしいのかしら…。
ゴクゴク飲みたいわ(^ ^;
まだまだ未知の飲み物ですが、色々検索しながら、楽しみたいと思っています(*^ ^*)v
0

2011/7/4

紅茶キノコ  紅茶キノコ

先日のGreenSmoothieBarさんへ行った記事に、ちょこっとだけ登場した紅茶キノコ
見た目がとってもアレなので、せめて名前だけでもかわいくしたいと思い、私の名前の一文字を取って「花ちゃん」と命名して、頑張って育てていくことにしました。

【Wikipediaより抜粋】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅茶キノコは、モンゴル原産で、シベリアで伝統的に飲まれている発酵飲料。
紅茶、もしくは緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させる。

乳酸菌の一種であるラクトバチルス・アシドフィルス、消化酵素であるブロメリン、及びパパインを多く含み、消化器官全域にわたって毒素を中和し、免疫機能を高めると同時に、ビタミンB群の生産活動も確認されている。

日本では昭和40年代末から50年代初頭にかけて、健康食品としてブームとなり、流行した。家庭で栽培できたことから、株分けにより口コミ的にも広まったが、ブームは『紅茶キノコ健康法』の発行によるところが大きい。

欧米ではKombuchaと呼び、健康飲料として売られている。20世紀初頭に昆布茶と混同されたらしい。マンゴー味やストロベリー味といった、欧米向けに加工されているものもある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローフードで、紅茶キノコを飲んでる方が多く、欲しいなぁ〜と思っていたら、GreenSmoothieBarのリンダさんが株分けしてくれるとブログに書かれていたので、早速、分けて頂きました。
リンダさんが瓶から取り出した物体は、何ともグロテスク(^ ^;
それをキッチンばさみでチョキンと切って、持参した小瓶に入れてくれました。
それがこれです↓
クリックすると元のサイズで表示します

大事に持って帰り、エキス作り開始しました。
【作り方】
@煮沸消毒した少し大きめの瓶に移す。
A500ccの濃いめの紅茶を作り、白砂糖を50g程を入れて煮溶かし、30度くらいになるまで冷ましてから注ぐ。
Bガーゼやキッチンペーパーでフタをして直射日光の当たらない常温に置きます。

数日すると、上の方に膜が張ってきます↓なんかエイリアンみたいです(^ ^;
クリックすると元のサイズで表示します

泡が出てきて、お酢のような匂いがしたらできあがり。
違う瓶にエキスだけ入れて冷蔵庫で保存し(常温でも可)、また新たに紅茶を入れて作ります。エンドレス〜♪
これを繰り返していくと、株がどんどん成長し、大きくなるそうです。
実際、頂いた日よりも若干多くなってます(◎o◎; 恐るべし、キノコ菌!!
成長するに従って瓶も大きくし、紅茶の量も多めにしたり、株分けもOK。
味見しましたが、ティーソーダのようでおいしかったです。
スムージーに、酵素ドリンクに紅茶キノコ、おいしいドリンクがたくさんあって嬉しいな♪

※紅茶キノコでも白砂糖を使いますが、菌のエサになるので、弊害はありません。
※長く放置すると、お酢になってしまうそうです(^ ^;

【参考サイト】
http://shantiom.exblog.jp/14952104/

http://d.hatena.ne.jp/valiha/20070130

http://www.peacefulcuisine.com/2010/03/kombucha.html

http://ameblo.jp/13-24-33/theme-10019716785.html
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ