2006/1/30

沖縄本島  旅行関連

今日は本土(沖縄の人達は本土と呼ぶが、小笠原や伊豆諸島では内地と呼ぶ。何で違うんだろう?)へ帰る日。朝起きてから、昨日の朝と同じように阿真ビーチへ散歩に行き、その後朝食を頂く。少し部屋でダラダラしていると港へ行く時間に。お土産などを見たかったので少し早めに宿を出発する。二晩お世話になっただけだけど、非常に良い印象をもった民宿でした。またいつか、今度はオンシーズンに行ってみたいと思える宿だったなぁ。それにしても島旅に行く度思うんだけど、宿泊した宿の印象って、その旅した島の印象にかなり影響を与えていると思う。宿泊した宿が良いと、別に何か特別なことしなくてもその旅した島の印象が強く残るし、またこの島に来てみたいって思えるし。オーナーやおかみさん、色々とありがとうございました。
そして10:00座間味港出航の高速船クイーンざまみ3で沖縄本島へ。
沖縄本島では、飛行機の時間まで4〜5時間ほど空き時間があるので、一緒に旅行に行ったごんずい氏が、前もって友達のご両親(1年前沖縄に移住されたとのこと)に連絡を取ってくれていて、泊港北岸で会うことになった。すぐに港で会うことが出来、その後はみんなで沖縄楽器のお店に。一緒に旅行に行ったAZちゃんが、三線を買うことにしたので、宿のオーナーに三線の専門のお店を教えて頂いてあったからだ。すこし距離があり歩いたが、店内は何か雰囲気があるお店で、AZちゃんは見た目も凄く良い、ちゃんとした三線を購入していた。楽器や音楽など全然分からないオイラにも、良い買い物したなぁ〜って思える三線だった。
で、その後タクシーを拾い「首里城公園」へ。城大好きなおいらとしては、首里城は是非一度来てみたい所だったので、守礼門を見た時点で感激。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてその後は世界遺産にも登録されている「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」を見て、「瑞泉門(ずいせんもん)」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
首里城公園内は、「首里城花まつり」を開催している期間中とあって、いたるところ綺麗な花で飾り付けられている。そのくせ月曜日なので、観光客も殆どいない。実は凄く良い日に来ちゃったのではないのだろうか?奉神門の前に来ると、なぜかしらアイヌの民族衣装を着た人達が何名か歩いている。なんだろうと思っていると、「花まつりの特別企画」として「北と南の交流ステージ」を行うために北海道から来ていた「阿寒アイヌ工芸共同組合とトライアンクル」の人達でした。
「御庭(うなー)」に入って正殿を見ようとすると、アイヌの民族衣装を着ている人達が、みんなで正殿をバックに集合写真を撮っているではないか。こんな場面はめったに見られることはないと早速写真を撮っているその場面を写真に撮らせてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
これは首里城「正殿」の写真。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこれが正殿内部の「(正殿二階)大庫理」の写真。
ここに来るまで、沖縄の歴史や琉球王朝のことを何も知らなかったので、とても勉強になったし、興味を持つことが出来ました。それにしても石垣からして、本土の城とは造りが全く違っていて、とても興味深いものでした。
クリックすると元のサイズで表示します
そして「円覚寺」の方へ行き、この写真をパチリ。
とても満足のいく、首里城公園見学でした。
それから昼食のために予約を取っておいてくださったとのことで、「琉球茶房 あいびうなぁ」で食事をすることに。食事はソーキそば定食を頂き、とても満足。凄く美味しかったです。またここのお店はとても雰囲気が良い!庭園などもあり、今度は夜に泡盛を呑みに来てみたいなぁ〜という願望が・・・(笑)今度沖縄に遊びに行ったら、また行ってみようと思いました。で、ここのお店で、ごんずい氏の友達のお父さんと合流。デザートを食べに、これから「ぜんざいの富士屋」へ行くことに。旦那さん曰く、「富士屋のぜんざいはとても美味しい!」やはり住んでいる人に教えてもらって行くお店にハズレはないと思うし、実際に、富士屋の「富士屋ぜんざい」はとても美味しかったです。また是非行ってみたいお店の一つになりました。沖縄に移住してくる前の話しや、移住してきてからの話し等々、色々と聞かせて頂き楽しい時間を過ごしていると、いつの間にか出発しなければいけない時間に。やっぱり楽しいときは時間が過ぎるのが早い。Wさんに車で空港まで送っていただき、無事帰りの飛行機に。短い時間でしたが、沖縄本島での4〜5時間は中身の濃い、充実した時間を過ごすことが出来ました。Wさんご夫妻、突然伺ったにも拘らず(それも見ず知らずの人間が)、色々として頂き、ありがとうございました。感謝してもし切れないくらい感激しました。

そして無事羽田空港へ到着。そのまま静岡へ帰るのではなく、川崎駅へ移動。今回一緒に旅行には行かなかった島旅仲間が集まってくれるので、みんなで食事をしようということに。仕事があった月曜日にみんなが集まってくれることに感激。居酒屋で、今回の旅行の話し、今後の旅行の話し、今までに行った旅行の話し等々で盛り上がり、新幹線の終電にギリギリ間に合うくらいの時間におひらき。楽しい旅の締めくくりには最高の食事会でした。集まってくれたみんな、ありがとうございました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ