2008/6/22

EURO 2008  サッカー関連

眠い目を擦りながら、朝3:30起床。ベスト4をかけた試合を観るためだ。
今朝の試合は、死の組と呼ばれたグループCを圧倒的な強さで首位通過したオランダと名将ヒディング監督が率いるロシアとの対戦。
今回の優勝候補にスペインを挙げているオイラであるが、あの圧倒的な攻撃力を誇るオランダの試合は見逃せない。
で、試合開始。試合前は、オランダが優勢に試合を進めていくだろうと予想していたが、ものの見事に裏切られた。試合開始後、それも序盤の序盤だけはオランダが試合を優位に進めているように見えたが、途中からは完全にロシアが試合のペースを握っていた。どちらのチームにも惜しいシュート場面があったが、前半は0−0のまま終了。
オランダは、両サイドを広く使った攻撃や、カウンターを完全に封じられていた。
ただ、オランダは主力選手をグループリーグ三戦目に休ませていたのに対して、ロシアは中二日での試合。ロシアの足が後半最後の方で落ちるだろうとオイラは見ていた。
そして後半開始。オランダはファン・ペルシを後半最初から投入。後半11分攻め続けていたロシアが先制!!あまりに鮮やかなゴールで完全に目が覚める。
ここからオランダが矢継ぎ早に選手交代。一気に反撃に出て得点するのかと思いきや、あいかわらずロシアが主導権を握ったままの展開。かろうじてファン・デル・サールのファインセーブで追加点を許していないといった状況。
応援の方もロシアサポーターの声がスタジアム中響き渡っているのに対し、オランダサポはものの見事に静まり返っている。たまにTVに映るオランダサポはみな泣きそうである・・・こんな展開まったく予想しなかっただけに驚きまくってTVを観ていた。
そしてこのままロシアが勝つのかぁ〜って思いを強くしながら観ていた後半41分、ファン・ニステルローイによる起死回生の同点ゴールが生まれた。これまた凄いゴールだった。え〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってな感じでTVに釘付け!
で、延長戦に突入。後半足が止まるだろうと思われていたロシアの選手は、まだまだ元気。すげー。
延長戦前半、同点ゴールでオランダは勢いづくだろうと思ってみていたが、相変わらずロシアペースで試合が進む。惜しいシーンが何度かあるも1−1のまま。
で、延長後半、左サイドをドリブルで上がったアルシャビンが、ゴールラインぎりぎりでクロスを上げ、中に走りこんできたトルビンスキが左足アウトに当ゴール!!すげーよ、ロシア!そしてアルシャビン!
オランダはここまで来たらロングボールを放り込んだサッカーになるだろうなぁと思いきや、全く足が止まらないロシアは(それに比べてオランダ足が止まっていたなぁ)攻撃の手を緩めない。で、またもアルシャビンがロシアのスローインボールをゴール前で貰い、キーパーの股抜きで3−1。ここで勝負あり!
ロシア選手の運動量の豊富さ(W杯で4位になった時の韓国サッカー見ているようだった)、アルシャビンの凄さ、そしてヒディング監督の凄さが良く分かった試合だった。

それにしても今回のEURO、決勝トーナメントになってから勝っているのは全て予選2位通過のチーム。頼む、明日の試合はスペイン勝ってくれ!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ