2007/6/30

新島旅行@  旅行関連

ここ数ヶ月、遠出をしていないはずだ。。。イライラが募り、精神的にもいっぱいいっぱいの日が続いた。こんな時は、どこかへぱ〜〜〜っと遊びに行かなくては。
当初は、徳島の友達の所へ遊びに行くことも考えていたが、昨夜、会社の仲間達と飲みに出かけたので、その案はボツ。
で、あと考えていた案が、@新島へ一泊の旅 A伊豆大島へ一泊の旅 B旅仲間ごんずい氏宅訪問。今朝起きるまで、未決定のまま昨夜は寝た。で、朝4:00に起き、インターネットで天気予報を確認。一番天気が良さそうだったのが、新島だったので、急遽決定。5:00頃家を出発。で、例の如く中伊豆コースで行き、下田港に8:00頃到着。
チケット購入前に、新島の常宿「民宿梅与」へ電話を入れ、予約完了(笑)で、船のチケットを購入。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も下田船は、神新汽船の「あぜりあ丸」。正確には、貨客船。あんなの客船じゃねぇ〜って言う人もいるけど、おいらはなかなか好きな船だ(笑)
今回は土曜日のため、下田−神津島−式根島−新島−利島−下田の順路。9:20に下田を出航。外海に出ると、見た目以上にうねりがある。酔い止め飲んでおいて良かったぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
風が強かったため、今回も神津島は多幸湾へ。その分天上山がとても綺麗に観ることが出来た。
そして式根島へ。
クリックすると元のサイズで表示します
式根島は穏やかなもんだった。一瞬ここでも良かったかなって思ったり。。。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし目を前に向ければ、新島が。やっぱりあっちへ行って、海で泳いで、酒飲んで、温泉入ってのんびりしたいなぁ〜って思い直したりして。。。(笑)
新島へ着くと、梅与の旦那さんが迎えに来てくれていました。で、早速梅与へ。
ここの宿は、確か2002年から、毎年、最低年に1回は行かせてもらっているはず。
食事も美味しく、海にも近く、旦那さんや女将さんが凄く良い人達なので、今まで何人の知り合いをここの宿へ送り込んだことか(笑)
とりあえず車を借り、富士見峠展望台へ。下田からは、利島、新島、式根島など見えたのに、今はガスってしまい、新島の本村すら展望台から見えない。。。
しょうがないので、羽伏浦海岸へ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
大抵は、サーファーが何人かいるはずなのだが、ベタ凪のため、誰も海の中にはいなく、人も全部で10人ほど。みんな浜辺に寝転がっているだけ。。。
汗でベトベトだったので、泳ぎたかったが、誰も泳いでいない所で(10人ほどいる中で)泳ぐのは気が引けたので、羽伏浦展望台へ移動。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの景色は最高だった。誰も周りに人がいないし、とてものんびりリラックスすることが出来た。
で、その後は若郷へ行き、誰もいなかったので、そこで海に入ることに。
クリックすると元のサイズで表示します
海に入ると太陽が雲に隠れてしまい、ちょっと寒くなる。。。そしてちょっと寂しくもある(笑)ということで、海に浸かっただけで、若郷での磯遊びは終了。
クリックすると元のサイズで表示します
そして若郷の展望台へ。この頃にはまた陽が差してきたので、綺麗に写真を撮ることが出来た。
それからまた、前浜海水浴場へ。2年前に海に飛び込んで遊んだ桟橋へ行き、周りに誰もいないのを見計らって、桟橋から飛び込んだり、泳いだりして、1時間ほど遊ぶ(笑)いやぁ〜、桟橋から海に飛び込むと、童心にかえれるんだよなぁ。
桟橋からの飛び込み遊びにも飽きたので、今度は湯の浜露天温泉へ。もちろん一番高い所にある風呂へ直行。夕方なので人がたくさんいると思いきや、露天風呂全体で3人しか人がいない。やった〜、景色を独り占めだぁ〜、などと年甲斐もなく喜ぶ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
一時間以上、風呂に入っていたと思うけど、少しずつ人も増えてきたので、とりあえず宿へ戻ることに。。。宿へ戻ってから、ビールを購入しに近所の酒屋へ行き、ビールと焼酎を購入。早速宿に戻って、ビールを一本空ける。そして夕食。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの宿に泊まっていつも思うことだけど、食事が旨い!!食べきれないほどの食事の量に(写真に全部は写っていません)、この旨さ。これを食べる為だけでも、新島へ来る甲斐があるといつもながら思う。ビールを呑み、美味しい食事を取り、宿の人達と話をし、部屋に帰ると気分が良くなって、知らない間に寝ていました。
で、22:00頃目が覚めたので、前浜へ行き、しばらくボーっとしてました。
クリックすると元のサイズで表示します
当日の朝、急遽新島行きを決めたけど、来て良かったぁ〜ってつくづく思いました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ