2009/3/6

44. 名古屋城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜名古屋城編〜」
雨の中行くこと自体迷いましたが行ってきました。梅の香りが良く華も綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は会社休業ということで前々からどこかの城へ行くことを考えていました。ただし、悩みの種は天気。かなり早い段階から今日は雨だと天気予報で言っていたため、山を登らなければならない城はパス。桜が咲き始めたら是非行きたいと思っている城もパス。。。ということで消去法から名古屋城になってしまいました。。。名古屋城が好きな人ゴメン・・・
そして何よりも18キップが使える時期、朝6:26草薙発便で出発しました。
名古屋城には、10:30頃到着。やはり雨が強かったため、あっという間にびしょびしょに・・・靴の中まで水が沁みこんできました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず外堀の石垣でしょうってことで一枚パチリ。
写真撮影後、東門で入場券を購入し日本100名城スタンプ2城目をゲット。
クリックすると元のサイズで表示します

二の丸茶亭、名勝二之丸庭園、南蛮たたき鉄砲狭間、埋御門跡、東南隅櫓と見てから梅林へ。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど見ごろで、梅の香りが凄かったです。なぜか他の観光客はみんなここを素通りしていましたが。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それにしても石垣が良い。見ていて楽しくなってくる。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれが「清正石」。加藤清正が築城に関わった城には大抵ある巨石である。
クリックすると元のサイズで表示します

現在本丸御殿跡で本丸御殿復元工事が始まったため、工事器材があったり、壁で覆われていたりして本丸が狭い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのため本丸内では、納得のいく天守閣の写真が撮れなかった。小天守閣と天守閣が一緒の写真が良い角度で撮影できなかったし。。。まぁ、しょうがないことなので。。。
クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、天守閣内は鉄筋コンクリートのビルですね。。。悪く言ってしまえば見るとこなし。雨が降っていたので景色もさほど見れなかったし。本丸御殿が、熊本城本丸御殿のように完全に復元されれば、名古屋城も見どころが増えるでしょう。それに期待します。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

天守閣最上階から見た本丸御殿跡。何年か後に来れば、ここからの景色は劇的に変わっていることでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

本丸から出て、西南隅櫓、天守閣、梅林を一枚に収めた写真を何とか撮る。もう少し撮りようがあったようにも思うが。。。
そして正門から出て外堀を見るために一周する。さすが名古屋城のお堀である。とにかくでかい。実を言うと名古屋城で一番好きな場所がこの外堀なんだなぁ。とにかくでかいし、規模の大きさを一番実感させてもらえる場所だからかな。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

特に西北隅櫓は三重三階の櫓で、他の城だったら天守閣に値する大きさである。さすが重要文化財。
クリックすると元のサイズで表示します

最後に一枚パルちゃんで記念撮影をして名古屋城をあとにする。徳川園も一緒に行く予定でいたが、雨でびしょびしょになり寒くなってきたので、静岡へ帰ることにした。徳川園は次回に持ち越し。。。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ