2009/2/22

七賢酒造蔵開き  旅行関連

そう今年もこの季節がやってきました。「七賢酒造蔵開き」です。
今年もサポ仲間達と山梨県にある「七賢酒造」にお邪魔しました。
朝家を8:00前に出発し、集合場所である新蒲原駅前へ。少しずつ人数が集まり始め、集合時間にチャーターバス到着。
クリックすると元のサイズで表示します

バスに乗ると早速呑み会が始まりました
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この雰囲気、オイラやっぱり好きだなぁ〜(笑)シーズンが始まるのが待ち遠しい。
途中様々な景色をバスの中から見ながらビールや焼酎を呑む。そして山梨県にある七賢酒造に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

早速、今年の新酒を頂く。美味い!!七賢酒造で造っているお酒を一通りいただく。どれも美味しい。結局蔵開き記念の限定酒を6本ゲット。おみやげに買いました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして表通りに出て七賢酒造の建物の写真撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

やはり歴史を感じさせてくれる建物です。酒蔵の雰囲気がとても良く出ていて見ていて飽きません。
そして昼食は隣にある「臺眠」へ。ここはいつも蔵開きの時混んでいて入れなかったのですが、今回は空いていて入ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

食事もなかなか美味しかったです。
そして七賢酒造へ戻ると、みんな楽しそうに呑んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてみなさん満足したところで次の目的地「SADOYA」へワイナリー見学をしに行く。
クリックすると元のサイズで表示します

今までにも色々な所へワイナリー見学に行きましたが、ここのワイナリーは素晴らしかった。そして白ワイン、赤ワインと試飲しましたが、どちらも美味しかったです。勿論おみやげは赤。今回もとても満足の行く酒飲みツアーでした。参加させて頂き、感謝、感謝です。
0

2009/2/15

赤石温泉白樺荘  旅行関連

久しぶりに赤石温泉白樺荘に行ってみたくなった。前回行った時に建て替えは4月頃ということを聞いていたので、その前に行っておきたくなった。いつもはぷらっと一人で行くのだが、今回は叔父さん夫婦とお袋も一緒に連れて行くことに。
オイラの車で行っても良かったが、せっかく弟のでかい車があったので貸してもらうことに。朝9時うちに集合で出発。いつになく安全運転を心がけ、富士見峠に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

南アルプスの山々から井川の街並みまで見下ろすことが出来る。南アルプスは相変わらず綺麗だが、例年に比べると雪が少ないように感じる。
井川に下りてからとりあえずメンパ屋さんへ行く。昨年8月に注文しておいた「井川メンパ」がようやく出来上がったと一昨日電話が入ったために取りに来たのだ。
一人で作っているため時間が掛かるのはしょうがないと思う。しかし待つだけの価値がある「井川メンパ」。いつものように、おばーさんがこれでもか!と言わんばかりの丁寧な対応をしてくれた。頭が下がります。
11:30赤石温泉白樺荘に到着。着いた時駐車場には一台も車がなかったので、すでに営業が終わってしまったかと一瞬ビックリした
が、しっかり営業中。休日に来て、他にお客さんがいなかったのは、今まで何回もここに来ているオイラも初めて。
クリックすると元のサイズで表示します

従業員の人達も、今日はお客さん誰も来ないかと思って不安だったようだ今日はまだ誰も来ていないんですよぉ〜って言っていた。
他にお客さんがいないのだから、せいせい風呂から先に入っても良かったのだが、昼時ということもあり先に昼食をとることに。もちろん食事は白樺荘にある「食堂らいちょう」で。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

色々なメニューがあるので、たまには違ったものも頼みたいと思うのに、オイラはいつもかつカレーか、カツ丼セットを注文。例に漏れず今日もかつカレー。。。
クリックすると元のサイズで表示します

美味しいから何も文句はないし、美味しいからいつも注文するんだけど、いつも別のものも食べてみたかったなぁと食べ終わった後に思う。。。お袋達が注文していたチャーハンも美味しそうだったので、次回は注文することにしよう。
で、いよいよお風呂。自分達が食事をしている間に2、3人お客さんが白樺荘に着いたようだったが、お風呂に行った時ちょうど出るところだった。誰も湯船にいないというのはなかなかないチャンスだし、もう少ししたらこの温泉もなくなるので、写真を撮っておくことにした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして風呂に入る。う〜〜〜ん。何度来ても素晴らしい温泉だと思う。近くに寸又峡温泉や接岨峡温泉など秘境の名湯があるが、ここの温泉が一番好きだ。
そして何より凄いのが無料であるというところ。今時ないでしょ、無料の温泉なんて。
結局温泉には二度入り、昼寝や読書を堪能し、15:30白樺荘をあとにする。
クリックすると元のサイズで表示します

現在の所にある赤石温泉は、6月までは営業しているとのこと。新しい場所に移転される前に訪れておくことを是非お勧めしたいと思う。
新しい白樺荘の建物も建て始めたし、すぐ近くだから行ってみたらと勧められたので見に行ってみると。。。なんと畑薙ロッジのすぐ目の前。しかも今までのように谷間にあるというのではなく、開けた所で南アルプスの景色も見ることが出来る素晴らしい立地条件。もちろん新白樺荘は利用するのに有料化されると思うけど、素晴らしい温泉になるのは間違いないと思う。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

井川の情報は、「井川情報ステーション」からどうぞ。
1

2009/2/1

第5回達磨山不死身鍋A  旅行関連

朝目覚ましの音で7:00に目覚める。というか起こされたというのが正確か。。。でもそのお陰で朝陽に照らされた富士山を見逃さずに済んだ。
クリックすると元のサイズで表示します

部屋のカーテンを開けるとこんな景色が。。。何度も見ているが感動する。
写真を撮りに行かねばと、急いで上着を着込み、デジカメ持ってロッジを出る。
さすがに天気が良く、素晴らしい富士山が見えているだけあってギャラリーが凄い。
クリックすると元のサイズで表示します

みんな一言も発せずに、黙々と富士山の写真を撮っている。とりあえず邪魔をしないように撮影場所を確保し、写真を撮る。何度見ても見飽きない、素晴らしい景色だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

見える角度こそ違え、ほぼ毎日見ているオイラでさえ、やっぱり富士山見て感動するんだから、初めてこの景色を見たら凄い感激するんだろうなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します

などと考えながら写真を撮っていると、遅れてまっちゃん登場。どこで撮影するのかな?って観察していると、さすがベストポジションしっかり確保して撮影してました(笑)
朝ごはんもやはり料理人達が作ってくれ、チェックアウトぎりぎりの時間までロッジでのんびりしてました。部屋の掃除や片付けを朝から頑張ってくれた佐々木さんには感謝感謝です。
そしてチェックアウト後、みんなで金冠山へ登ることに。これも恒例化しているなぁ(笑)今度は達磨山に登ってみたい気もするが。。。これはこれで素晴らしい景色が見られるから、何も文句はないんだけれども。。。
クリックすると元のサイズで表示します

やはり絶景富士山もむちゃくちゃ綺麗に見えるし、今日は特に南アルプスが全て見られる。まっちゃんあれ全部去年歩いて来たんだよなぁ。すげー。
クリックすると元のサイズで表示します

これだけ景色良かったら、そりゃみんなまじめに写真を撮るわな。。。
クリックすると元のサイズで表示します

そして海の方の景色を見てみれば、御前崎の先端まで見ることが出来る。素晴らしい眺めだ。
クリックすると元のサイズで表示します

真下には戸田の港が見えるし、真正面には静岡市がはっきりと見える。
クリックすると元のサイズで表示します

そして景色に満足し下山。例年通り「伊豆湯の国会館」へ温泉に入りに行く。ここは景色も良いし、温泉のお湯が素晴らしい。好きな温泉のうちの一つだ。いつものようにのんびり入ることが出来大満足。そしてみんなで昨年と同じ食堂へ昼飯を食べに行く。
クリックすると元のサイズで表示します

今年も昨年同様にカツカレーを食べました。うまかったぁ
そしてここでとりあえずお開き。関東組みのみんなとはここで別れ、帰路に着きました。いや〜、楽しかった。また新しい知り合いがたくさん出来たし。毎年のことだけど、企画をし、ロッジの手配を済ませてくれたごんずいには感謝します。ありがとう。

ごんずいの「今日のごはん」
0

2009/1/31

第5回達磨山不死身鍋@  旅行関連

今年で第5回目を迎える達磨山不死身鍋。思い返せば、ドタキャンが続出したった3人から始まった達磨山不死身鍋も昨年は15名の参加があり大いに盛り上がった。
今年の参加予定者も約15名ということで、企画者であるごんずいには頭が下がる思いである。基本は誰でも参加できる達磨山不死身鍋企画、ただ大体みなに共通しているのは小笠原諸島へ遊びに行ったことがある。。。かな?例外も勿論あるけど。。。
で、今年も集合場所は沼津港。参加者が色々な所から来るということ、美味しい食材(もちろん魚)を購入することが出来るところ、そして美味しい昼飯が食べられるところということで、いつもここが集合場所となっている。
11:00集合ということになっているので、9:30頃静岡を出る。
クリックすると元のサイズで表示します

いつも集合時間を決めても実際に集まる時間は大体1時間遅れ。。。ということが多々あるので、今回はどうせ12:00くらいになるだろうけどと11:00を集合時間にごんずいと決めた。それが蓋を開けてみればどうだ。。。みんな11:00に集まっているよ(笑)
とうことで時間に余裕を持って鮮魚を今夜の料理人達が見て回っている。オイラはというと、久しぶりにあった旅仲間達と親睦を深めているだけ(笑)いつものことだけど。。。
で、11:30頃沼津港も人が増えてきたので、みんなで昼飯を食べることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

殆どの人達は釜揚げしらす、生しらす、生桜えびの三色丼を注文していたが、オイラはカキフライ定食(一品ものに、ご飯をつけてもらった)を注文。カキフライは勿論美味しかったが、カニの出汁が効いている味噌汁が美味しかった。
結局今回の参加者は14名。色々と役割分担をし、何組かに分かれて行動、達磨山で再集合することに。
オイラは昨年に引き続きチェックイン手配係。ということで直接達磨山へ向かうことに。ただし、アルコール類を購入してという特命が下されている。
いつもは直接達磨山へ向かう山道ルートで行くのだが、今回は初めてという人が多かったので、少し遠回りになるが海岸線ルートで行き、戸田の港を見下ろせるところへ途中寄った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして達磨山へ向かう。途中、特命が下っていたにも拘らず、良い酒屋が見つからなかったためアルコール類の購入に失敗したままチェックインをする羽目に。。。
チェックイン後に、今度は修善寺側へ山を下り酒屋を発見。大村屋酒造の「おんな泣かせ」と富士錦の「百笑一喜」をゲット。その後コンビにへ行き、オリオンビール35本とオシャレなアルコール類を少々ゲットし達磨山へ帰還。
達磨山のロッジへ行くと宴の準備は着々と進められていた。今夜の料理人達には悪かったが、先に飲ませてもらうことに。勿論最初に飲むのはこれ!
クリックすると元のサイズで表示します

美味いなぁ〜。残念ながら、夕方からは雲だけでなく霧も出てきて富士山どころか夜景を見ることも出来なくなっていた。ただ、昨夜の段階での天気予報では、大雨洪水警報や強風波浪注意報が出ていたので、雨が降っていないだけ善しとしなければならないだろう。
少しずつ料理や酒のつまみが出てき始め、宴のスタート。オイラはすでにかなり酔っ払っていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帰って来てから自分が撮った写真を見てみたら、同じ写真ばかり撮っていた。。。まぁ、楽しかったから良しとしよう。
クリックすると元のサイズで表示します

初めて会う人も半分以上いて、例年通り自己紹介からスタート。途中からはナンだか良く分からなくなり鍋に突入。途中休憩を挟み、最終的にお開きになったのは午前3:30。最後まで残っていたまっちゃん、お疲れ様でした(笑)
0

2009/1/12

ごんずい邸でまったり  旅行関連

昨晩かなり呑んだ割には絶好調。朝早くから目が覚め、コンビにまで飲み物を買いに行く。隣の部屋ではMちゃんが・・・二日酔いで死にそうになっている(笑)
ということで午前中はみんなごんずい邸でまったり・・・
漫画の本を読んだり、ごんずいが作ってくれた朝食をみんなで食べたり。何かもったいない気もするが、たまには何もしないでダラダラしているのも良いのでは。。。ってごんずい邸に行くといつもそうなんだけど。。。
昼過ぎ、これではいけないと、とりあえず昼飯食べに外に行くことにする。
クリックすると元のサイズで表示します

この写真だけ見ると、とてもさっきまで二日酔いで倒れていたとは思えない(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

そして昼食。美味い。って、俺って表現力ないなぁ・・・いつも美味いとか美味しいしとかしかコメントがない。。。まぁ、良しとしよう。
昼食後はみんなで生田緑地へ行ってみる。何度もごんずい邸には来ているけど、ここに来るのは初めて。単に公園があるだけと思いきや列車の車両があるではないか。。。しかも入ってのんびりすることも出来る。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そしてその先にはプラネタリウムや青少年科学館もある。侮っていたぜ、生田緑地!!
クリックすると元のサイズで表示します

そして青少年科学館の入り口横には、SLのD51まであるではないか・・・もう驚き。
クリックすると元のサイズで表示します

今度ごんずい邸に遊びに来るときは、絶対に「生田緑地」へ行くことにしよう。
まだ「岡本太郎美術館」や「日本民家園」にも行ってみたいし。。。
0

2009/1/11

日光東照宮の旅  旅行関連

朝4:00起床しどこへ行こうか考える。そう、今日明日は、青春18切符を使ってどこかへ旅に出ようと考えていた日。とりあえず候補地として、永平寺、金沢、日光東照宮を頭の中で考えていたが、まだ決めてはいない。行く所を決めても列車がないのでは困るので、時刻表を調べて時間だけは分かっている。色々と考え、そして北陸方面は雪が降っていると天気予報でやっていたので、まだ行ったことがない日光東照宮へ行くことにする。ちょうどお袋が起きてきたので、日光東照宮は行ってみてどーだったのか聞いてみると、「あそこは久能山東照宮をでかくしただけだよ」という。うーん、そうかも知れないけど、一度も行っていないので何とも答えようがない。とりあえず行くことにする。5:12草薙駅発、沼津、小田原、大宮で乗り換え、10:20宇都宮駅に到着。ここからは日光線。全く飯を食べている時間がなかったので、駅舎内のコンビニでパンを買いとりあえず腹を満たす。10:35宇都宮出発で、日光駅に11:17着。
クリックすると元のサイズで表示します

駅前や駅舎内はガランとしているが、外から見た駅舎は結構立派に見える。
そして山の方の景色に目を移すと素晴らしい光景が目に入る。綺麗だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり自然に勝るものはない。天気も良く青空なので、山の雪の白色が余計に映える。たとえ雲があったとしても。
まぁ、特に急いでいる訳でもないので、そのまま日光東照宮まで歩いて行くことにする。
クリックすると元のサイズで表示します

神橋だそうだ。もちろんこの橋は渡らなかったが、この向かいのオイラが写真を撮っている位置の橋は、一面氷が張っていて何度転びそうになったことか。。。
そして東照宮の表参道へ行く。宝物殿、紫雲閣、逍遙園、三仏堂、護摩堂、輪王寺と行き、ようやく東照宮へ。さすがに東照宮には人が大勢いて疲れる。
三猿、眠猫、家康公墓所、薬師堂(鳴龍)と見どころ満載。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

というか、ここまで来るとお腹一杯感がある。もうどうでも良いっていうのが正直な感想。とりあえず惰性で回って、写真を撮っているという感じか。。。
二荒山神社、輪王寺、日光東照宮宝物館と見て周り、とりあえず帰ることにする。
宇都宮駅に16:40頃着。そのまま乗換えで行こうか考えるも、せっかく宇都宮へ来たのだからとお約束の餃子を食べに駅前の店に行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

他で食べる餃子と変わらない気もするが、まぁこれはこれで良しとしよう。ビールは美味かった。食べ終わると宇都宮駅に戻り東京方面へ帰ることに。
ただし、そのまま静岡へ帰るのではなく、埼玉在住の遍路仲間(先日結願した先輩お遍路)と会って一緒に食事をすることに。実は日光へ向かっている途中で、携帯メールをし、南浦和で会うことになっていた。宇都宮駅を出たことを伝えると、連れて行きたい店があるからと赤羽駅に集合場所が変更。そして駅の改札で久しぶりに会う。
クリックすると元のサイズで表示します

連れて行ってもらったところは大衆食堂といった感じのところ。どの料理も美味しく、お客さんの数も半端じゃない。しかも入れ替わり立ち代り、次から次へと入ってくる。食べた料理を撮るのを忘れ、結局最後に残ったものを一枚写真に収めた(笑)
散々食べ、飲んで、色々な話し(もちろんお遍路が主な話題だったが。。。)をし、久しぶりの再会、および結願のお祝いをした。結構良い時間になってしまったので、駅まで送ってもらい別れる。
そしてオイラは登戸に住んでいるごんずい邸へ向かう。ごんずい邸では、鍋が行なわれているとのこと。日光のおみやげの焼酎を持参し、ごんずい邸訪問。
クリックすると元のサイズで表示します

みんな久しぶりの再会。う〜〜ん、やっぱ旅仲間は良いもんだなぁ〜。
0

2009/1/4

2008-2009お遍路冬F  旅行関連

6:00に起床し荷物を纏める。そしてチェックアウト。高速バスのチケットは、昨夜購入してあるので問題はないが、腹が減っているので朝マックすることにする。7:00朝マック。高速バスの出発時刻が徳島駅7:20。少し急がなくては。。。
クリックすると元のサイズで表示します

朝の街中って好きだなぁ。静かだし、人がそれ程いないので、朝早く起きたぁってことを実感させてくれるし。もちろん山や海の景色が良いところの方が好きではあるが、昼間に街中へ出てくるのが嫌いなオイラにとっては、朝方や夜が唯一街中に抵抗なく出てくることが出来る時間帯。
とりあえずギリギリ高速バスに乗ることが出来、徳島を出発。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどバスが吉野川の橋を渡っているときに、綺麗な朝日を見ることが出来た。
この後はただひたすら大阪に着くまで寝ていた。そして大阪で鉄道に乗り換え。時間はたっぷりあるので、青春18キップで帰ることにする。新幹線はどうせ混んでいるだろうし。。。で、列車の方はというと、乗り換えは何度もあったけど、殆どどの車両でも座ることが出来た。そして草薙駅に到着。
ちょうど草薙駅に着いたか、着かないかのあたりで、お遍路の先輩であるKさんより、「結願しました。」のメールが携帯に届く。いやぁ〜、徳島で一緒に歩いていた人が、結願したっていうのを聞くと嬉しくなっちゃうなぁ〜。ちょうどオイラは半分終わったところだって言うのに。まぁ、お遍路している間は、大体Kさんと携帯メールのやり取りして情報を教えてもらったりしているんだけど。お疲れ様でした!!
何か嬉しい気分になって家路を急いでいると、すれ違った見知らぬおばちゃんが「四国へ行ってたの?」といきなり話しかけてくる。確かに金剛杖と菅笠持って歩いていれば一目で分かるけど。。。「今ちょうど帰ってきたところです」と答えると、おばちゃんは昨年歩き遍路で結願したばかりだというではないか。いるんだなぁ〜近くにも、そーゆー人が。道端でたまたま会ったおばちゃんに色々な話を聞かせてもらい、16:00ようやく家に帰ることが出来ました。
0

2009/1/3

2008-2009お遍路冬E  旅行関連

5:30起床し出発の準備をする。6:25ビジネスホテルアイリン出発。
クリックすると元のサイズで表示します

6:35コンビニで朝食をとり再出発。段々と明るくなってきたので歩きやすい。
クリックすると元のサイズで表示します

7:15松尾トンネル手前にある遍路小屋へ到着。Nさんがいればと思い寄ってみたのだが、すでに出発した後だった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

遍路道への入り口は通り過ぎているので、行きたくないけど松尾トンネルを行くしかないなぁと考えていると、トイレに行きたくなったのでとりあえずトイレを借りる。
トイレから出てくるとどこかから「お遍路さぁん」という声が聞こえる。山の上の方を見ると山道らしい所から誰かが声を掛けてくれている。こちらも大きな声で、そこは遍路道か聞いてみるとそうだという返事が返ってくる。出来ればトンネルは歩きたくないので、声が聞こえた方へ歩いていくと、そこには遍路道が。。。オイラの持っている地図には記載されてはいないが、確かに遍路道らしい。声を掛けてきてくれた人は地元のおっちゃんで、これから山にいる猫に餌をやりに行くところだとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します

オイラがおっちゃんの後ろを歩く形になりながら一緒に歩くことになる。おっちゃんは、一緒に歩いていた間ずーっと自分が歩んできた人生の話しや女性で失敗した人の話(たぶん自分の話だろうと思って聞いていたが。。。)などを色々と聞かせてくれた。実際とても勉強になる話ばかりだった(笑)おっちゃんとは道が二つに分かれたところで別れた。おっちゃん色々な話をありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

休憩所があったので少し休憩を取る。静かだ。。。誰もいないし昨日みたいに雨や風がないので気持ちが良い。
クリックすると元のサイズで表示します

そして山道もとても歩きやすい。アスファルトの車道とはえらい違いだ。
8:00車道に出るが、周りには人が全く住んでいない。8:20前方に警察車両、事故車とレッカー車が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

1月3日に事故って。。。見通しも良さそうだし、対向車なんていないだろうし、どうやって事故ったのだろう。そっちの方が不思議だ。
先程の事故車の横を通り過ぎしばらく歩いていくと、今度は田んぼに落ちている車がある。。。
クリックすると元のサイズで表示します

なんなんだろう・・・事故車があった場所はかなり離れていたので、全く関連はないと思うけど。。。
とりあえず気にしないで車道をそのまま歩き続ける。9:35馬木目大師に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

参拝後そのまま続きを歩く。もうすでに宇和島市内に入ってはいる。9:50山の上を見上げると宇和島城が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

宇和島城を見上げながら信号待ちしていると、散歩中の地元のおっちゃんが「公園に着いてから食べようと思っていたんだけどあげるよ。」と手に持っていたみかんをくれる。
10:10龍光院前に到着。龍光院前に来て、初めて龍光院が別格第6番霊場であることを知る。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回のお遍路は宇和島駅で打ち止めにしようと考えていたけど、駅よりは別格霊場で打ち止めにしたいと思い寄ってみることにする。どちらにしても通り道沿いだし。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

階段を登ってみるとそこにはブルーシートが掛かった本堂と、立ち入り禁止らしくロープが張ってあるのが見える。何か火事か何かがあったような感じに見える。が、他には誰もいなかったので参拝を一通りして、ベンチに腰掛け先程もらったみかんを食べる。近所の人らしい数人が境内にやってきたが、話しかけられるような雰囲気でもない。。。しょうがないので帰ろうかなとも思うも、やはりブルーシートが掛かった本堂のことを聞きたい。あと別格霊場についても聞いてみたいと前々から思っていたので、納経所へ行ってみることにする。生憎納経所には誰もいなかったが、かなり悩んだ末結局ベルを鳴らして話を聞いてみることにする。
そして色々な話を聞かせてもらう。火事のこと、別格霊場のこと。色々な質問に対して嫌な顔一つせず丁寧に答えてくれた。
ここに来るまでも立ち寄り参拝してきた別格霊場はあったけど、特に別格霊場用に納経帳を買う気もなく、御朱印も頂いたことはなかった。しかし色々と別格霊場の話しを聞かせてもらううちに別格霊場も回ってみたくなり、別格霊場用の納経帳を購入、御朱印も頂くことにした。そして言うのも恥ずかしくなるくらい小額の浄財を寄付させていただいた。早く本堂が建て直せると良いですね。
11:25宇和島駅前に到着。とりあえず展示してあったSLを見学。ボタンがあったので押してみるとSLの走っている音が聞ける仕組みになっている。かっこいい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あ、そういえば今朝のニュースで昨日闘牛の大会があったってやっていたなぁ。出来れば生で見てみたかった。。。迫力あるんだろうなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します

松山までの乗車券、特急券と松山から徳島までのバスのチケットを買おうとするもバスのチケットは完売。。。松山までの特急が出てしまいそうだったので、とりあえず松山までのチケットを購入し急いで列車に乗る。どうしようか松山までの間考えていたがめんどくさくなり、松山でそのまま乗りかえし、徳島まで行くことにした。ちょうど車掌が来たのでチケットを購入。あとは2回乗換えがあるけど、何の心配もなく徳島まではいける。携帯で楽天トラベルのサイトを探し今夜の宿も確保。徳島に行く時いつも宿泊しているところだ。安いし、徳島駅から歩いて10分と近い。
クリックすると元のサイズで表示します

17:08板東駅を通過。第1番札所霊山寺があるところだ。。。なんか無性に懐かしい。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

17:30無事徳島駅へ到着。そのままホテルへ直行しチェックインを済ませる。そして今日の目的地であるりょーこさんのお店「cafe and bar NOLO」へ向かう。向かうとは言っても、りょーこさんがお店を出してから行くのは今回が初めて。以前ボードウォークでお店を出していた場所に迎えに来てもらう。迎えに来てもらってようやくお店へ。
クリックすると元のサイズで表示します

なんだ歩いて1分掛からないところにあるじゃん。お店も良い雰囲気だし、りょーこさんも頑張っているようで一安心。何たってオイラは1年に1度しか現れない客でりょーこさんのお店では通っているし(笑)(阿波踊りの時にのみ現れる客として)
ビールを呑みながら色々な話を聞かせてもらう。もちろんビールは美味しかったが、それ以上にりょーこさんに作ってもらったバスタがハンパなく美味かった
クリックすると元のサイズで表示します

そのうち他のお客さんもチラホラお店にやってきたので話をする。するとその人一昨年の阿波踊りの時に話をした人で覚えていてくれていた。いや〜、1年に1回しか来なくても会うときには会うんですねぇ(笑)で、その後ノーマンまでお店に来てくれて。。。
クリックすると元のサイズで表示します

一年半ぶりの再会でしたが、楽しいひと時をりょーこさんのお店で過ごすことができました。徳島に行くことがあったら、是非「cafe and bar NOLO」に寄ってみて下さい。
0

2009/1/2

2008-2009お遍路冬D  旅行関連

6:30起床で出発の準備。濡れた靴に詰めた新聞紙をマメに換えて、暖房をガンガンに効かせて寝たので、靴は完全に乾いている。7:20BHプラザ御荘を出発。
クリックすると元のサイズで表示します

正月休み無しで宿泊させてくれてありがとうございました
近くのコンビニに寄りおにぎりを購入。早速食べて再出発。
クリックすると元のサイズで表示します

天気は相変わらずだ。雨が降ったり止んだり。。。ただし、今日は風がやたらと強い。
クリックすると元のサイズで表示します

海が近くなると一層風が強くなる。海の近くは景色が良いのだが、風が強いのは困りものだ。途中雨が酷くなり、バス停で休憩することに。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

少しすると雨が小降りになってきたので再出発。9:50内海村に入る。海が綺麗だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

前方をよく見てみると虹が出ている。綺麗だなぁ。虹を見るのっていつ以来だろう。
10:20ちょうどトイレに行きたくなった頃、トイレと休憩所を発見。トイレを済ませた後、休憩所でのんびりしているとNさんが追いついてくる。少し話をしたが、朝食をこれから食べるようだったので先に行かせてもらうことにする。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく歩いていくと「柏坂へんろ道」案内板があるのを見つける。
クリックすると元のサイズで表示します

今日の歩くルートを再確認してから登り口へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

10:40柏坂へんろ道入り口に到着。今日も雨、風、雪が交互に来てキツイ。
クリックすると元のサイズで表示します

それでも山道は風が凌げるので、少しは歩くのが楽。そして今日はバックパック内の荷物全てを小分けにして、ビニール袋に入れバックパックに入れているので、バックパックは濡れても中の荷物は濡れないので、昨日の様に時間が経つに連れて背負っている荷物が重くなるということがない。経験は次に活かさなければ成長には繋がらない(笑)なんちゃって。。。
クリックすると元のサイズで表示します

11:30柳水大師到着。柳水大師前の休憩所で休憩。時間的にも良いので昼食を取ろうか悩むも、まだ登りの途中だし清水大師前で休憩するだろうからと止めることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

12:00清水大師到着。遍路道から少し外れているので分かれ道で悩んだが、次回があるのか分からないのだからと考え行くことにする。清水大師前には休憩所もなく、雨も酷かったので、参拝し元の遍路道へ戻る。12:10水準点通過し、津島町へ入る。
クリックすると元のサイズで表示します

ここからは下り。途中素晴らしい景色が見られるも雨や雪が酷く、先を急ぐことにする。
クリックすると元のサイズで表示します

途中休憩所を見つけ休憩。ここで昼食を取り、その後今夜の宿泊場所を決め電話で予約を取る。何件か電話をし、結局ビジネスホテルに決定。やはり民宿や旅館は三が日休みのようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

14:40前方に女性一人で歩いている人を発見。が、追いつけそうでなかなか追いつけない。たぶん朝Nさんが話をしていた人だ。
クリックすると元のサイズで表示します

途中その人と逆打ちで歩いて来た男性が話しをしていたので、その横を通らせてもらい先に行かせてもらう。で、写真を撮ったりしながら歩いていると、その女性が追いついてきた。ちょうどその時、虹が出ているのに気がつき、写真を撮る。
クリックすると元のサイズで表示します

虹の写真を撮りながらその女性と少し話をする。どうやら名古屋から一人で来たらしく、区切り打ちで歩き遍路をしているとのこと。見た感じ、オイラのお袋と同じくらいの年齢かな?って思った。ただ、しばらく一緒に歩いた感じからかなりの健脚そうだったので、登山か何かやっているか聞いてみると、やはり登山をやっているとのこと。しばらく一緒に歩いたが、オイラは写真をチョコチョコ撮りながら歩いているので、先に行ってもらうことにする。
15:30津島大橋前にあるコンビニで飲み物をゲット。外にあるテーブルへ行くと先程の女性もそこで飲み物をゲットしたようで休憩している。休憩している間しばらく話をする。どうやら午前中何度かNさんと歩きながら話をしたようで、昨晩一緒に飲んだ話を聞いていたようだった(笑)宿泊する宿まですぐそこだったが、お互いに取った宿がある方向が違うので津島大橋で別れる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

16:00今夜の宿ビジネスホテルアイリンに到着。チェックインして荷物を部屋に置きコンビニへ行くことに。フロントの人が自転車を貸してくれたので、コンビにまでは自転車で行く。自転車での移動は楽だ。。。夕食を購入後ホテルに戻り、今度は洗濯をする。フロントの人が凄く良い人で、色々と気を利かせてくれる。とてもありがたい。
部屋でのんびりしているとNさんからすでに松尾トンネル手前のへんろ小屋に着いているとの電話を受ける。頑張ってるなぁ〜。
0

2009/1/1

2008-2009お遍路冬C  旅行関連

朝6:30起床。出発準備をしながらゆっくりしていたため、7:00頃朝食。ほとんどの宿泊客は、すでに食べ終わり出発した後だった。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり朝飯は美味い!
7:30宿を出発し、年越し後にも行った第39番札所延光寺に向かう。山を見ると雪が積もっている。宿の親父さんが、こんな風に雪が積もっているのは珍しいことだと教えてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します

徒歩5分で修業の道場(高知県)最後の札所延光寺到着。
クリックすると元のサイズで表示します

山門前で色々と写真を撮っていると、急に山門に陽の光が当たり始める。
クリックすると元のサイズで表示します

振り返り今年の初日の出を見ることが出来た。素晴らしい綺麗な初日の出が出ている最中、一緒に雪も降り始める。
クリックすると元のサイズで表示します

山門をくぐり、山門横にある鐘を突く。今年最初の鐘。良い響きだ。さすがに修業の道場最後の札所なので、感慨深いものがある。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

昨夜も参拝したが、もう一度心をこめて参拝しなおす。そして納経帳に御朱印を頂く。
雪や雨が少しパラついていたが、陽の光も出たりしているのでそのまま出発することにする。しかし、自分がこれから向かうほうの空を見てみると、明らかに雪が降っているのが分かる。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく歩いていると、雨が酷くなり、そして雨が雪に変わり、吹雪き始める。とてもそのまま歩ける状態ではないので、屋根がある店先でレインウェアを着ることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

レインウェア上下はあったが、どこを探してもザックカバーがない。よーく考えて、出発時のことを思い返してみると、レインウェアを持っていこうか、ポンチョを持っていこうか悩みに悩みぬいた末に今回はレンウェアにすることにしたが、ザックカバーはポンチョの横に置いてきたことを思い出す。いつもお遍路に来る時は、ポンチョを持ってくるのでザックカバーは必要ない。深く考えなかったことを後悔するがもう遅い。
荷物が濡れることは諦め、最低限これが濡れると困るというものだけビニール袋に入れ、バックパックに入れなおす。そして再出発。
クリックすると元のサイズで表示します

途中こんなものを見つけた。「名物 バカヤローまんじゅう」ってどんな味がするんだろう。。。食べてみたかったが、お店が開いていないので諦める。しばらく行くと前方にコンビニが
クリックすると元のサイズで表示します

この3日間お金を下ろす事が出来ず、所持金が1万円を割っていた。とにかく現金確保が至上命題だっただけに、ATMでお金が下ろせることを願いつつローソンへ行く。
行ってみるとATMがあり、お金を下ろすことが出来た。。。助かった〜嬉しくなってコンビニで温かい肉まんと昼食用のおにぎりを購入。もちろん肉まんはその場で食べて体が温まる。
で、ここから車道を行くか、松尾峠経由で行くか再度思案する。どうみても松尾峠の方は、吹雪いているのがわかる。それが分かるだけに悩むも、せっかくなのだからと峠越えをすることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

最初は雨だったが、標高が上がってくると雪に変わり始める。そして雨と雪が凄いため、休憩が全く取れない。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中おにぎりを食べたが、雨と雪の中歩きながら食べるおにぎりは美味しくなく、一つで止めることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

途中から雪がさらに降ってき始めるが、峠越えルートは山道だけに木が覆い茂っていて、返って雪、雨、風が凌げることが分かる。
クリックすると元のサイズで表示します

天気さえ良ければ最高の景色が見られるはずだったのに。。。まぁ、こればかりは、ぼやいても始まらない。それにしても荷物が、段々と重くなってきているのが分かる。濡れた分だけ水分を含み、その分重量が増しているんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

12:35松尾峠に到着。「修業の道場」高知県を終え、「菩提の道場」愛媛県に入る。やったー、修業の道場が終わりだぁ。高知県では色々とあったなぁと少しの間感慨に浸るも、寒いので休憩所へ向かう。休憩所でおにぎりを食べていると歩き遍路の人がもう一人やってくる。折りたたみの傘をさしていて、金剛杖も持っていない。確かコンビニ前で見かけた人だ。歩き遍路をしている人には一見思えない。同じ休憩所でおにぎりを食べている間少しだけ話をする。さすがに元日なので、宿はビジネスホテルにしたと言っていたので自分もビジネスホテルに電話する。問題なく今夜の宿泊場所確保
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

愛媛県に入り峠から下って行くと降っていた雪が更に酷くなってくる。
クリックすると元のサイズで表示します

山を降りると天気は雨になったり、晴れたり、曇ったりと目まぐるしく変わるも、寒いのは変わらない。
クリックすると元のサイズで表示します

一本松まで来ると前方にNさんがいるのを発見。峠越えルートで会っていないので、車道を歩いて来たはずだ。少しの間一緒に歩くも、お互い自分の歩いて来たペースを崩したくないので、抜きつ抜けれつしながら歩くことにする。
クリックすると元のサイズで表示します

前方に第40番札所観自在寺の屋根が見えてくる。この時はトイレに行きたくて、かなり我慢の限界に来ていたが、それをおしてでも写真だけは撮りたかったので我慢して色々な写真を撮っていた(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

そして16:20観自在寺に到着。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最後はトイレ我慢の極限に達していたので、着くなり速攻トイレへ
スッキリしてからゆっくり観自在寺を見渡すと、素晴らしいお寺であることが分かる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

参拝を済ませて予約をしたホテルへ向かう。17:00チェックイン。ホテルの部屋が3階で階段を上がるのが辛い。部屋に荷物を下ろし、すぐ近くのコンビニで夕食をゲット。色々なことがあった今年の初日が終了。
上から下までずいぶん濡れ、寒かったので暖房をガンガンに入れて、靴やバックパック、荷物を乾かす。洗濯をしようとするもコインランドリー1回使用が500円だったので、明日の宿ですることにしてサッサと寝ることにする。
0

2008/12/31

2008-2009お遍路冬B  旅行関連

朝4:00起床。地図を見ながら一日の行程を考える。色々と考えた結果、真念庵経由で行くことにする。5:00頃から荷物をまとめ始め、6:00朝食をいただく。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり朝から飯が美味い。おかあさん早い時間からスミマセン、用意してもらっちゃって。
クリックすると元のサイズで表示します

6:30宿出発。まだ外は暗い。宿のおかあさんに、お昼のお弁当にとおにぎりをお接待していただく。
とりあえず通り道なので、大岐海岸の公衆トイレで野宿しているNさんを訪ねることにする。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

明け方の海は綺麗だ。気分はお宅訪問。寄ってみるとすでに出発の準備を始めていたので、準備が終わるまで話をする。
クリックすると元のサイズで表示します

7:19今年最後の日の出を見る。とても綺麗だそして一緒に出発する。
順調に歩き、真念庵手前にあるドライブイン水車前でたっぷり時間を取って休憩。
クリックすると元のサイズで表示します

足摺岬方面へ歩いて行く人、打戻で延光寺を目指して歩いている人、4,5人の歩き遍路の人達を見た。そして再出発し、真念庵へ。。。の予定であったが、入り口を見逃し行き過ぎる。道を戻ってまで行きたいと思っていなかったので、そのまま行くことに。ちょっと残念。成山集会所の辺まで行って昼飯にしようと考えていたが、まだ距離があったしお腹が減ったので、路上脇の階段でNさんと一緒に弁当を食べることにする。
クリックすると元のサイズで表示します

お接待にいただいたお弁当は、おにぎりで美味い!!そして再出発。
クリックすると元のサイズで表示します

三原村に入ると「三原村ガイドマップ」というでかい看板があり、よく見てみると三原村は「どぶろく特区」であるとのこと。どぶろくが購入できる所が書いてある。
あまり早くどぶろくを買うと荷物になるので、一軒目はスルー。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく歩いて二軒目で購入することにする。寄ったのは「農家レストラン 今ちゃん」。道から少し外れているので荷物をNさんに見ていてもらい、行ってみることに。行ってみると高校生くらいの息子さんが出てきて、親がいないので分からないと言われる。しょうがないので諦めて帰ろうと思っていると、すでに電話を入れて呼んだので、母親が車で帰ってくるので待っていてくれとのこと。わざわざ出先から車で戻ってきてくれ、どぶろく「椿姫の伝説」をゲット!!
クリックすると元のサイズで表示します

どぶろくを買うとお接待で、でかい餅をいただく。切ってないし、厚いし、重いし、この時は大変なものを貰っちゃったなぁと思うもお接待で頂いたので、ありがたく頂戴する。
真念石15:00着。当初は真念遍路道を歩こうと考えていたが、ダム経由で行くことに変更する。
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ先が長い。柿ピーを食べながらあるく。柿ピー意外と腹にたまり、持ち歩くのには良いことを知る。実はNさんから貰ったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

16:15おじーさんにお接待でお菓子を頂く。車で歩き遍路を待っているようだった。現金なもので、それだけで元気が出てくる。ありがたいです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

17:00ダムにようやく到着。暗くなり始めてきている。懐中電灯を持ってきていないのでちょっとヤバイなと思い始める。
クリックすると元のサイズで表示します

休憩して、宿へ電話を入れ、少し遅くなることを告げる。そして再出発。
ここからはNさんと別々に自分のペースで歩くことにする。どうせ今夜は同じ宿に泊まるので、目的地は一緒(今夜寒波が来て雪が降ると天気予報で言っていたし、大晦日ぐらいということで、Nさんは宿に泊まることにした)だし。
平田駅に着いた時は、すでに真っ暗で先が見えない。ビールを購入するためひらたスーパーへ。買うもの買ったら、真っ暗なので先を急ぐ。途中青信号で歩道を渡っていると、前をしっかり見ていない(運転手を見て気がついた)車がスピードを上げて前から右折してきたので、急いで一歩前に踏み出る。通過直後に運転手も歩行者がいたのに気がついたのか、急ブレーキをかけて止まる。危うく大晦日に車に轢かれるところだった
そして気を取り直して宿へ向かう。途中街灯一つなく真っ暗で、懐中電灯もないため、歩いている道があっているのか、間違っているのか分からず歩き続ける。宿に着いた時には正直ホッとした。18:39嶋屋さんに到着。
一番奥のむちゃくちゃでかい部屋へ通される。これで今夜の宴会場決定(笑)
そのうちNさんも到着。先に風呂に入らせてもらう。むちゃくちゃでかい風呂だ!!ゆっくり入らせてもらい、一日の疲れを取ることが出来た。そして夕飯。
クリックすると元のサイズで表示します

むちゃくちゃご馳走!遍路仲間のKさんが絶対に嶋屋さんへ宿泊しろと強く薦めてくれたのでそうしたのだが、その意見に従って正解だった
Nさんと食事をしているとMさんも到着。Mさんは真念遍路道の方を歩いてきていたので、少し遅くなっていた。三人揃ったところで乾杯。ビールを呑んだり、宿の親父さんのサービスで焼酎を呑んだりして酔っ払う(笑)お接待で頂いたお餅が重いので、次に来たお遍路さん達にでもお餅を焼いて出してあげてくださいと渡すと、どこで貰った餅か親父さんに聞かれる。三原村でお接待で頂いたいきさつを話すと、今から焼いてやるから食ってみろと言われる。で、食べてみるとむちゃくちゃ美味い!!たぶん今まで食べたことある餅で一番美味かったと思う。ハンパなく美味かった。親父さんに言ったら、三原村のお米はとても美味しいことで有名だからどこで貰った餅か聞いたんだと。そんなお餅をお接待で頂いていたとは。。。感謝感謝です。
食事を終え、Nさん、Mさんがオイラの部屋に来て飲み会。ただし、オイラはここのところ毎日21:00くらいに寝ていたので、布団に入りながらちょっと寝てしまう。
23:30頃目を覚ます。二人はTV見ながら色々な話をして、飲んでいたようだ。
年越しの瞬間はしっかり起きていてNHKを見ていた。
クリックすると元のサイズで表示します

その後三人で延光寺へ初詣に行く。境内にはそれなりに人がいた。寒い中行った甲斐はあった。
0

2008/12/30

2008-2009お遍路冬A  旅行関連

朝4:00起床。目が覚めてしまったので、へんろみち保存協会の地図を見ながら一日の予定を考える。。。しかし結論でず。
5:30荷物をまとめ出発できるように準備する。6:00朝食。
クリックすると元のサイズで表示します

やはり飯は美味い。昼食はここで買え!というポイントを教えてもらい6:30出発。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ外は暗かったが、白み始めの空は綺麗だった。
クリックすると元のサイズで表示します

くもも7:16着。ちょうど日の出が見られる。風もなく穏やかな天気だ。
クリックすると元のサイズで表示します

暫く歩いて海のほうを見ると朝陽がさらに綺麗に輝いている。すげー
そして今回歩くのを楽しみにしていた大岐海岸へ着く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

で、実際に歩いてみると。。。足が砂に沈み、むちゃくちゃ歩きにくい。波打ち際は、普通少し固めで歩きやすいはずなのだが、ここはそうでもないらしい。
途中にある東屋でニット帽からバンダナに代え歩き再開。浜に出てみると、後ろの方に二人お遍路さんがいる。
そして大岐海岸から国道へ出る直前で、男性の方が追いついてきた。話しをしたら岡山から一人で来ている人で、野宿遍路をしているとのこと。昨夜は海岸にある公衆トイレに付いているシャワー室で寝ていたそうだ。なかなか快適だったと絶賛していた(笑)
で、結局歩くペースが殆ど同じだったので一緒に歩くことに。
クリックすると元のサイズで表示します

以布利港の船もすでに正月準備が整っているようだ。大漁旗がなびいている。
そして宿の親父さんが教えてくれた窪津漁港近くの「大漁屋」で昼飯用に弁当を購入する。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく歩き、遍路小屋を見つけたので、Nさんと遍路小屋で食事にすることに。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶっちゃけ弁当を購入した時は、宿の親父さんが絶賛するほどの弁当ないじゃんって思いながら、残っていた弁当とおかずを買ったのだが、食ってみてビックリ!!味抜群で、むちゃくちゃ美味いオイラだけじゃなくて、Nさんも全く同じことを言っていたので、間違いないはず。二人して、こんなに美味しいんだったら、もう一つ買っておけば良かった〜って嘆いてた(笑)
腹を満たして満足したので、さらにペースを上げて歩き13:05足摺岬に到着。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まずはジョン万次郎の像を見て、それから第38番札所金剛福寺へ行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

金剛福寺の境内に入ってみると。。。素晴らしい。苦労してここまで来た甲斐があるってものです。そしてNさんが前日一緒に歩いていたというMさんとここで知り合う。
参拝後、二人はちょっと買い物をと金剛福寺前の売店へ行ったので、その間に足摺岬灯台を見に行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい。実はここからの景色を見るのも楽しみの一つだった。
二人が買い物を済ませたようだったので、再出発前に少し話をする。実は今夜の宿をまだ決めていなかったのだ。Nさんの野宿話しを半日聞いていて、今夜は野宿でもいいかな?って考えていたのでかなり迷ったのだが、今夜は寒くなるって天気予報で言っていたので、Mさんが予約してあるという宿へ電話を入れ、今夜の宿を確保。
ここからは打戻になるので、三人で色々な話をしながら歩いて帰る。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと小腹が空いたので、遍路小屋で休憩する。色々と話をしていたら、実はみんな一歳違いだということが分かり、さらに親近感が湧く
クリックすると元のサイズで表示します

結局三人で一緒に歩き続けながら目的地に向かうも真っ暗になってしまう。ただ、色々な話をしながら歩いているので、疲れを忘れられる。そして18:50宿到着。
Nさんは前夜泊まったシャワー室で野宿すると言って、そのまま行ってしまった(笑)
宿に着き、風呂に先に入らせてもらい、夕食。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり飯は美味い!!食べ終わり、部屋に行き少しリラックスしてから日記を書く。21:20疲れたので寝ることにする。
0

2008/12/29

2008-2009お遍路冬@  旅行関連

昨晩遅くまで四国へ行こうかどうしようか悩んでいたが、せっかくだから行こうと決め、今朝5:30起床。荷物をまとめ、部屋の掃除を行い、そして朝食を取る。朝風呂に入り、甥っ子テル君を抱っこしていたら出発時間ギリギリになってしまう。
草薙7:59発、静岡8:12発便で四国に向けて出発。
新幹線は混んでいるだろうと思いきやガラガラ。やはり東京、新横浜の人達は、わざわざひかりには乗らないんだろう。
岡山で乗り換え11:38発便で高知へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

瀬戸大橋からの景色と四国側からの瀬戸大橋は、こんな感じ。
途中、知り合いに連絡を取り、高知西南交通のバスの時刻表を調べてもらい、連絡をしてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

ここは四国のへそ、阿波池田駅。昔は友達が住んでいたので、よく遊びに来たなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そしてここは吉野川上流、大歩危駅です。
そしてようやく高知駅に到着。高知駅前はどうやら工事中で、以前とはまるで違った景色でした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次回高知駅に来た時は、また全然違った景色になっているんだろうなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

高知駅で1時間の乗り換え待ち時間があったので、前回打ち止めにした民宿へ電話を入れ、今夜の予約を取る。そして1時間後、列車が来たので中村駅へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します

17:25中村駅に到着。すでに外は真っ暗。そのままバス停に向かう。
クリックすると元のサイズで表示します

現在地はここ。
17:35発のバスに乗り込み、下ノ加江下浦バス停まで行く。所要時間約30分。
約1年ぶりの宿。宿に着くとすぐに風呂に入り、夕食。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりここの飯美味いよなぁ。夕食を食べ終わるとさっさと部屋に帰り、地図を見たり、明日からの予定を立てたり、メールをしたりして、年末年始の行動を考える。
しかし考えても考えが纏まらないので、さっさと寝ることにする。
0

2008/12/21

仙台旅行A  旅行関連

今日は思いっきり仙台観光をすることに決め、朝早くから仙台駅へ向かう。
るーぷる仙台」1日乗車券を購入、ルートに沿って観光をすることに。
まずは「瑞鳳殿」へ行くことに。
クリックすると元のサイズで表示します

瑞鳳殿までの階段は、凄く趣きがあって良かったです。あ、そうそうバスの中では、静岡から来ていて、昨夜仙台に宿泊したエスパサポのご夫婦に会いました。色々な話をしながら、一緒に瑞鳳殿へ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まだ時間が早いのか、他には二、三人しかいなく、静かで落ち着いた雰囲気を楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

伊達政宗公の「瑞鳳殿」、素晴らしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

二代藩主伊達忠宗公の「感仙殿」。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

三代藩主伊達綱宗公の「善応殿」。
満足して、瑞鳳殿をあとにしました。
そして次に向かったのは、「仙台市博物館」。
クリックすると元のサイズで表示します

ここへ行ったのは2つ理由がある。1つ目は、伊達家ゆかりの品や「海国兵談」など林子平に関連する品が常設されていて、見てみたかったから。2つ目は、特別展で「平泉展」をやっていたから。ポスターで、「本展覧会では、金色堂内にある三つの須弥壇のうち西北壇の諸仏をはじめとして、国宝・重要文化財約100点を含む仏教美術の名品や歴史資料など約250点を一堂に展示し、平泉の文化遺産の意義と魅力を余すところなく紹介します。」などと書かれているのを見たら、行かないわけにはいかないでしょ?せっかく仙台に来ているのに。。。ということで行ってきました。素晴らしかったです。
薬師如来像を見た時には、涙が出そうになりました。。。
感激したまま博物館から出て裏に回ると、そこには伊達政宗公の胸像が。。。
クリックすると元のサイズで表示します

帰って来てから知ったのだが、ウィキペディアにこのように書いてあった。
「政宗像が金属類回収令により撤去された。全て溶解していたはずだったが、戦後、頭から胸は溶かされずにいたのを発見される。この胸像は現在、仙台市博物館に展示してある。」たぶんこれのことだと思う。
そして仙台城(青葉山城)大手門跡を見に歩いて行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

見てみたかったな、終戦時に焼失する前の大手門。。。もちろん生まれてないけど。。。
そして仙台城跡へ、るーぷる仙台バスで行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここからの景色は素晴らしかったな。仙台市内見渡せたし。。。
クリックすると元のサイズで表示します

そして伊達政宗公。実はこれが仙台城跡で一番見たかったもの
満足したまま今度は「大崎八幡宮」へ。ここは国宝なんだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

しかし、国宝はすっかり正月準備が整った状態で、良く見ることが出来ませんでした。
見終わり終点仙台駅へ戻ることに。
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルへ預かってもらっていた荷物を取りに戻り、そして仙台をあとにする。
1泊2日にしては、なかなか見どころを抑えた旅行となりました
エスパルスが前日勝っていればもっと良かったのですが。。。
0

2008/12/20

仙台旅行@  旅行関連

ここのタイトルは本来、「vs. FC東京 (準々決勝)」となるはずだったのだが。。。結果仙台旅行となってしまったので(笑)
朝早くに起き荷物をまとめ、草薙駅7:03発の列車に乗り静岡駅へ向かう。静岡駅7:19発のひかりに乗り東京へ向かう。途中綺麗な富士山を富士駅付近で見ることが出来た。
クリックすると元のサイズで表示します

予定通り8:20東京駅着。今回はここから東北新幹線へ乗り継ぎ。実は東北新幹線に乗るのは初めて。。。そして今回の旅行のために、実は「土・日きっぷ」を先週購入してあった。これがあれば週末、土日きっぷフリーエリア内であれば、乗り放題である。新幹線も含めて。。。これが料金18,000円。普通に静岡から仙台までのチケット購入するのと、静岡から東京までのチケット+土日きっぷ購入するのが大差なかったので、今回はこれにしてみた。ちょっとお得感が味わえる。
東海道線の普通の新幹線と同じで、特に指定席を持っていなくても自由席があると思い、東北新幹線のホームに行くも、発車直前に全席指定であることに気づき入ったばかりの改札から出て、指定席を購入しに行く(正確には土日きっぷがあるので貰いに行く)。そして指定席を持って、再度改札口を入り仙台行き東北新幹線に乗る。
クリックすると元のサイズで表示します

せっかく早く出てきたのに、こんなところで30分の時間ロス(笑)正直イタイ
それでもその後は順調に行き、仙台駅に10:37到着。とりあえずユアテックスタジアム仙台へ行く前にホテルに荷物を預けようと、予約しておいたビジネスホテルへ向かう。。。しかし迷子
徒歩5分で着ける筈が、どこを歩いているのか分からなくなり、結局30分間歩き回った挙句、目の前に交番があったのでそこへ行き、道を教えてもらう・・・仙台来るなり迷子かよ・・・ま、無事ホテルに着いたから良かったけど。。。
結局仙台に早く来て、試合開始前に観光、あるいは美味しいものを食べるという目論見は脆くも崩れ、直接ユアテックスタジアムへ行かなければいけない時間となる。。。
スタジアムへは地下鉄を使って移動。なぜか自分が乗った車両はFC東京サポがたくさんいて(というか、エスパサポ誰も乗っていないし・・・)、あれ?って感じだったが、泉中央駅に着くとエスパサポがむちゃくちゃ大勢いた(笑)そしてスタジアムへ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろんスタジアムの中は。。。静岡からたくさんのサポが来ていました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここで今朝2:00発の弾丸バスツアーで来たサポ仲間達と合流。みんな元気だなぁ〜。
で、試合の方は13:00開始。それにしてもユアテックスタジアム仙台、サポーター席の上の屋根や作りが良いのか、音が凄く反響していつも以上に応援の声が大きく聞こえる。観やすいし、応援しやすい、素晴らしいスタジアムだ。
クリックすると元のサイズで表示します

で、結果はというと前半PKをゲットし先制するも、後半開始直後にあっという間に2点を取られて負ける。。。全然負けた気がしない、良く分からない試合内容だったが、あまりにショボイ負け方で、怒る気にもなれなかった。。。
そして弾丸ツアー組みの人たちは、試合終了後すぐに静岡に帰るということで、泉中央駅近くでお別れ。とりあえず一人寂しくホテルまで帰る。
夕飯は絶対に牛タンを食べると決めていたが、特にガイドブックを持っている訳でも、下調べをしていった訳でもないので、仙台駅の観光案内所へ行き、観光の為の資料を貰ってくる。そしてホテルで牛タンを食べれるお店を色々と見て考える。。。も、どれも一緒にしか見えないので、前日に「わっはっは」でしょうちゃんが言っていた牛タンが食べれるお店に行くことに。
16:30頃着くもお店の前は凄い行列。。。普通だったらこんな行列に並んでまで食べようとは思わないのだが、今日はこのあと何もする予定がないので時間はたっぷりある(笑)せっかく仙台に来たんだし、これだけお客さんが開店前から並んでいるっていうことは絶対に美味しいお店なんだろう。ということで、並ぶ
そのうちに開店。店はそれほど大きそうでもないし、行列が凄いできていたはずなのに、自分の前に並んでいる人達がドンドン減っていく(お店の中に入っていく)。回転が良いのだろう。アッという間に自分もお店の中に入ることが出来た。ラッキー
カウンター席に座る。メニューは置いてあるが、メニュー見て注文をするような雰囲気でもない。そして他のお客さんもみな牛タン定食を頼んでいる。もちろんお店の人も牛タン定食で良いですね?と聞いてきたので、それでお願いしますと注文する。
クリックすると元のサイズで表示します

カウンター席なので、牛タン焼いているのが目の前で見られるのだが、すげー、牛タンってこんなに厚かったの?ってくらい厚くてでかい。おいらが今まで食べたことがある牛タンって、焼肉屋で食べる、あのペラペラの薄いやつ。。。あれが牛タンだと思っていたので、そこでびっくり。そして牛タン定食出てきてまたびっくり。そして食べて、またまたびっくり。ムチャうま!!
牛タンにテールスープ、ハンパなく美味かったです。
満足してお店を出たが、外は相変わらずの列。並んでも食べる人たちの気持ちが分かりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ただし、この時点でまだ17:05を回ったところ。。。やべー、もうやることがなくなった。。。ちょっと回りを歩いてみたけど、特に面白そうなものもなく、別に買い物がしたい訳でもないので、地下鉄に乗りまたまたホテルへ帰る。困った、やることがない。。。

しょーがないのでテレビを見ながら、観光案内所で貰ってきた資料に目を通す。するとどうやら「るーぷる仙台」というので、安く「光のページェント」というのを見に行けるらしいということが分かった。「光のページェント」ってなんだ?って調べていると、どうやらさっきまでオイラが牛タン食べに行っていた場所の近くで、ライトアップされた街並みを見ることが出来るらしいことが分かった。
さっき帰ってきたばかりの所へ、同じ地下鉄に乗ってまた行くのも馬鹿らしいので、とりあえず「るーぷる仙台」のバス停まで行って見ることに。
仙台駅前にあるバス停に行ってみると・・・ハンパない人の数がバス停前に・・・そしてそこから発車しているバスは・・・身動きが取れないくらい混んでいる。あれに乗るならホテルで寝てよって気になり引き返すことに。この時不思議と地下鉄で行こうという気にはならなかった。
ホテルまでの道を歩いていると、ホテルメトロポリタン仙台から屋根のない2階建てバスが出てくるではないか。。。なんだあれ?と思い、ホテルのドアマンになんですか、あれは?と聞くとスカイバスというので、「光のページェント満喫ツアー」というのがあってそれに出発したバスだとのこと。確かにオイラが仙台駅の方に向かって歩いていたとき、2階建てバスの前にたくさんの人達が列を作って待っていたなぁと思い出す。
それってどこかで申し込めるのか聞いてみると、中で申し込みが出来るはずだというではないか。とりあえず中に行ってみる。確かにJTBの人達がいる。聞いてみるとまだ20:30分発のツアーは空きがあるというではないか。ホテル帰って寝るのもナンだから、申し込む(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのフロントが集合場所で、みなクリスマスツリーの前で待っている。
クリックすると元のサイズで表示します

1時間ほど時間を潰し、クリスマスツリーの所へ戻ってくる。バスが帰ってきて自分達の行く時間となる。屋根のない2階建てバスに乗るのは初めて。ワクワクするもさすがに外は寒い。各席に毛布が置いてあり、しっかり着込んでいたのもあって、実際にはそれ程寒さを感じない。
色々な場所を巡っている間、バスのガイドさんが色々と説明してくれるので見ていて楽しい。そしてメインイベントの「光のページェント」へ。すげー!!
こんなライトアップ今まで見たことねー。。。
クリックすると元のサイズで表示します

またこの時期に仙台に来る機会があったら、絶対にまた乗ろうと思えるほど大満足のバス45分ツアーでした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ