リンクは自由です。なお、このサイトに掲載されている写真、イラスト、マンガ等のすべての内容の無断転載を禁じます。

2005/4/30

喜多さーん!!  おすすめ

4月29日(金)にタイミングが合ったこともあって、

宮藤官九郎監督作品『真夜中の弥次さん喜多さん』を観ました。

若干内容に関して書きますが、

全編がハチャメチャなので観る分には特に問題ないと思います。


『自分探し』という言葉が出てきます。

『自分探し』という言葉が嫌いな人もいると思います。


映画の中では『自分』『リアル』とつながっています。

『自分探し』ではなく『自分探しの旅』なんですよ。『旅』。

『過程』が大事なのだと感じました。

映画の中では説明臭さはない。

『自分』『リアル』を追求した2人には…、不思議な『爽快感』がありました。


単純な「コメディー映画」では無かったですよ。


※この映画を、じいちゃんとばあちゃんが観に来ていました。
 普通の時代劇と勘違いして観に来ていたんじゃないかなぁ?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ