リンクは自由です。なお、このサイトに掲載されている写真、イラスト、マンガ等のすべての内容の無断転載を禁じます。

2006/10/16

イラストしりとり終了。  コラム

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日に『銀杏祭』というイベントに参加してきました。

そのイベントで僕は子ども相手に「イラストしりとり」をしていたのですが、いろいろと気付いた点があったのでここにいくつか挙げてみます。



・しりとりで、幼稚園児が「り」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「リンゴ」


・しりとりで、幼稚園児が「う」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「うし」その次「うま」


・しりとりで、幼稚園児が「る」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「ルビー」


・しりとりで、幼稚園児が「ぬ」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「ぬいぐるみ」


・しりとりで、幼稚園児が「プ」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「プリン」


・しりとりで、幼稚園児が「み」と聞いて最初に浮かぶ言葉は「みかん」



・子どもに絵を教えながら出来たらなーと思っての「イラストしりとり」だった。思った通りに出来てよかった。


・幼稚園児には文字も一緒に教える形になった。


・子どもが知っている言葉でイラストを描かなければならない。


・子どもが描きやすい文字で引き継ぐことも頭に置かないといけない。


・「ず」で始まって、わかりやすいイラストが描ける言葉がなかなかない。


・用意していたステッカーを子どもにあげたら、予想以上に喜んでいた。


・18時までのイベントだったけれど、この時期は17時過ぎてから暗くなってくる。


・水性ペンは意外と手が汚れるので、濡れタオルを用意した方がよかったかな。


・「砂絵」のコーナーは結構大変そうだった。テーブル上が砂だらけになっていたし、用意されていた「木工用ボンド」は使いづらそうだった。



…こんな感じです。 子どもの発想はやっぱりおもしろかったですよ。



※写真はゴトウのイラストをもとに「ぬりえ」をしている子ども。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ