リンクは自由です。なお、このサイトに掲載されている写真、イラスト、マンガ等のすべての内容の無断転載を禁じます。

2005/11/27

gaju 編 【Side-A】  しりあい紹介

…今回から始まりました「ゴトウマサフミのしりあい紹介」です。

ここでは【Side-A】【Side-B】の2回に分けて「知り合いの誰か」を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

第1回目に紹介するのは知り合いの粘土造形作家「gaju」こと松岡志保さんです。
最近は彼女はゴトウが考えたくだらない妖怪を見事に立体化してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します


【Side-A】では「gaju」さんのプロフィールと粘土作品を紹介します。


クリックすると元のサイズで表示します


【Profile】


1977.1  海のまちに生まれる。

1995.3  高校を卒業する頃、フラワーデザイナーに憧れる。フラワーデザインを勉強中、粘土と出会う。

1996.4  class gaju 〔創作粘土教室〕をはじめる。

1996.7〜8 英・独にて研修。

1997.7〜8 英・独にて研修。

1998.2  リビング熊本バレンタインオブジェコンテスト〔最優秀賞〕

2002.2  creator 「 gaju 」 として独立。

クリックすると元のサイズで表示します

※作品「我源(がげん)」


2002.6  class gaju 展(ギャラリーキムラ)、gaju 展(リトルガレージ、クリエーターズギャラリー)

2002.10  ビエンナーレKUMAMOTO 1 〔入選〕

2003.3  「謎のグループ展#1」出展(リトルガレージクリエーターズギャラリー)、creators wave クリエーターズバザール出展〔鶴屋東館〕クリエーターズギャラリー出展 〔new-s〕

2003.6  「謎のグループ展#2」出展(ヴィラージュギャラリー)

2003.7  「gaju 展」(日奈久金波楼)

2003.9  「CLAYZM gaju × 洋食屋てつ」

クリックすると元のサイズで表示します

※作品「失恋ロケット」


2004.1  「白水 in 作家展」に出展(白水郷美術館)

2004.3  「謎展♯3」に出展(SKYギャラリー)、「neco展」に出展(観音坂美術館)

2004.4  「青ひげ展」(SKYギャラリー)

クリックすると元のサイズで表示します

2004.5  「evergreen 展」(日奈久金波楼)、「熊本スーパースター展」に出展(熊本県立美術館分館)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

※上3作品「evergreen」より


2004.10  ビエンナーレKUMAMOTO 2〔入選〕

2004.11  「喫茶てん」(観音坂美術館)に「kg」で参加

2005.1  「謎展♯4」に出展(SKYギャラリー)

クリックすると元のサイズで表示します

2005.2  「9 hearts club 2005」に出展(熊本伝統工芸館)

2005.3  creators wave に「kg」で出展〔new-s〕〈グランプリ〉

2005.8  「色彩カーニバル」に出展(白水郷美術館)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

※上3作品「色彩カーニバル」より


2005.9  劇団きらら主催のイベント「INDEX」に参加(熊本〜福岡)

2005.12  「迷える仔羊」(equipment:FLOOR)




…次回、【Side-B】では「gaju」さんとゴトウの雑談を掲載します(11/30掲載予定)

なお「gaju」さんへの質問・メッセージはこの記事の【コメント欄】へどうぞ!



***********


このブログでもリンクしているbite magazineでもgajuさんを紹介してあります。


***********


今回紹介した「gaju」さんの最新作品展がまもなく始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

【期間】12月14日(水)〜25日(日)

【会場】equipment:FLOOR

※素敵なプレゼント付きのイベント期間限定メニュー「gaju の Christmas CAKE」もお楽しみに。

※ちなみにDMデザインはゴトウが担当しております。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ