リンクは自由です。なお、このサイトに掲載されている写真、イラスト、マンガ等のすべての内容の無断転載を禁じます。

2006/6/24

妖怪【せんしゃご】が出来るまで  コラム

最近、直接会ういろんな人から

「妖怪はどうやって描いてるんですか?」

「描くのに時間どれくらいかかるんですか?」


…など聞かれます。


そこで、今回は

【妖怪せんしゃご】の完成までをまとめてみようと思います。



はじめに

「洗車をした次の日に雨が降った時はこの妖怪の仕業」

という大きな「柱」があります。

その後はキャラクター作成の作業に入ります。


クリックすると元のサイズで表示します

【妖怪せんしゃご】の第1ラフ。

…この時は珍しく最初に名前が「せんしゃご」に決まっていました。
名前はたいてい後の方で決まります。
この時のイメージでは「雲にのって、雨を降らせる」感じがあった様子。


クリックすると元のサイズで表示します

【妖怪せんしゃご】の第2ラフ。

…がちゃがちゃした「廃材」を集めたような感じになっています。
この時点では背中に水の入ったタンクが見られます。
「雨」のイメージからか、ホースの先がシャワーになっています。


クリックすると元のサイズで表示します

【妖怪せんしゃご】の第3ラフ。

…ほとんどキャラクターとして完成しています。
第1・2ラフとの違いの1つが「横に長かった点」を解消したところ。
イラストとして見やすい感じになりました。
シャワーも「ホース」で水をまく形にし、タンクもなくしました。
頭の上の傘も形を変え、雲にはハンドルを付けました。


クリックすると元のサイズで表示します

【妖怪せんしゃご】完成

…完成といっても、

ペン入れしたものをスキャンして、着色作業とかあるので結構時間がかかっています。
色でキャラクターの印象が随分変わってしまうのでここも慎重な作業です。


キャラクターが完成してから文章を考え始めて、その後ブログでアップします。

※キャラクターの解説文を考える作業がけっこう大変。


ゼロから考え始め、ブログアップまで
だいたい1時間〜3時間かかります。これを毎日。



…以上が。【妖怪せんしゃご】が出来るまでです。

あらためてまとめてみるとおもしろいなー。

見ている人がおもしろいと感じるかどうかは別として。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ