2009/6/21

何が違うかといえば  

 朝から雨でしたが、午後3時頃からなんとか雨も上がったし、春から花咲かせてぼうぼうになってるチェりーセージの丈を詰めました。日当たりのいい場所に植わってるからすごく大きくなっていて少し前から気になってましたのでね、よかったんです。ついでに、メドウセージ、紺菊、ホトトギスも大きくなってたからチョキチョキ。あれ、秋に咲く紺菊はこれは今、伸びた分切っちゃうと、もしかして花芽を落しちゃうかな〜とか思ったけど、勢いが止まらずバッサリスッキリさせてしまいました。まずかったかな。
 ホトトギスをきれいに咲かすには「夏前に丈詰すると、下葉が枯れ上がらなくていいです」といったような事を「趣味の園芸」かなんかで以前読んだことがあるからいいとして、紺菊はどうかな。同じ秋に咲く花だし、似たタイプの花だから大丈夫かなとは思ってるんですが、どうかな〜?

 今年はなんだかうちにいる子たちが全部花つきがいいんです。アジサイ、ニオイバンマツリ、ゼフィランサス、アブチロン。ばらに至っては去年は2サイクルめは殆ど花がつかなかったのに、今年は大量につぼみつけて次々咲いてます。なぜかといえば、おそらく原因は肥料。今まではあんまり肥料あげなかったけれど、去年から、4ヶ月にいちどくらい、適当に油粕とか化成肥料とかほんとに適当にあげてました。そのおかげなんでしょうね。植物は手をかければかけただけ応えてくれるから可愛いです。

チャチャは冷たい床&そとが見えるこの場所が好きです
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ