2009/10/11

いいお風呂です〜  温泉

 勝沼インターで下りて、笛吹市の「ももの里温泉」に行きました。まだ、紅葉には早いよな、だから道は空いてるよね ももの花の咲く季節でもないからすいてるよね なんて考えながら。
家出るときは暑いくらい、いいお天気だったし、気持ちよかったですよ。山の方にいくのはほんとにいい気分。

 ももの里温泉は、地味な地域の温泉といったたたずまいで、早い時間だったから、お客さんが少なくて、お湯はぬるめで優しくて、なんたって晴天だから特に露天風呂が、きれいでせいせいしてました。こじんまりしたお風呂やさんだから混んでいたら、印象はきっとだったでしょうね。ああいった、なんかこれっていうパンチのない、おとなしめの日帰り温泉、好きだわ〜。

 帰りは、事故と行楽帰りの車で上り線大渋滞で、大月までしたみち走りました。山梨の山並みはまだ深緑色。街道沿いには古い大きな家がまだたくさんあるんですね。

 巨峰の親戚みたいな、パイオニアっていう葡萄が甘くて美味しかったのでオミヤゲに買ってきました。巨峰とかピオーネとかロザリオ(黄緑色の)?とかの大粒の種類が笛吹市一宮町あたりのたくさんのぶどう棚にたわわに実っていましたが、最近はデラウエアって品種は作ってないのかな?あ、時期が終わってるのか。今日はデラウエアは1個も見なかったです。
5時過ぎの山梨の気温は13℃の表示。帰りは用心して持っていったもの、全て身につけたんだけど、えらく寒かった。

中央道下り線 初狩PAで 目の前にどーんと富士山見えました きれい〜
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
夕方の釈迦堂PAあたりの上り線渋滞模様
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/10

秋が深まってきましたね  いろんなこと

 夜、さむくなりましたね。今日は日中も20度いったかいかないかくらい、すっきりとした陽気でした。夕べ帰ってくるとき、薄い上着で自転車ビュンビュンとばしてたら、寒かったあ〜 夜中も寒くて目が覚めて、押入れの中の毛布探しちゃいました。

今日はチャチャと少し長く散歩したら、きんもくせいがあちこちで、いい香りをさせてました。香りがつよいなと思って、あたりをキョロキョロ見回したら、大きなきんもくせいの木に、たくさんオレンジ色の花がついてました。香りのいい時期もほんの短い期間だからね、明日も鼻をクンクンさせていなくては。

寝る前に自然にハンドクリーム塗るようになること。布団をベランダに干すとき、布団を並べる場所が足りなくなること。家の中で気がつくと、靴下はいていること。おでんをいつの間にか作っていること。
が、私が秋を感じるポイントですかね。

散歩から戻って、のんびりしてるチャチャ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/7

人生 気のせい 人のせい  本・マンガ

 ちょっとご無沙汰しておりました。chacha_osanpoです。
台風きてますね〜。なんか久しぶりな気がします。明日関東地方も縦断とか。あんまり雨風が強くないといいですね。そして被害が出ないことを祈ります。

 さて、9月下旬から、私の人生史上、最大級の精神的打撃を受けてまして、なかなかお気楽な気持ちにもなれず、どんよりする日が続き、ブログ更新という元気も失せてました。心が元気でないと、文章を書くという作業には気持ちがむかないんだと、よくわかりましたよ(て、ことは今までどんだけ何も考えてなかったんでしょう)。
 仕事では、文章作ることが多いんですが、そこは仕事ですから、特に気持ちを投入しなくても、事実を書き連ねていけばすむことが多いので、おかげさまであまり支障もなかったけど。

 そんな洞窟で迷子になったような、真っ暗な私が、偶然図書館で借りて読んだ本が、「人生 気のせい 人のせい」という 土屋賢二氏&三浦勇夫氏(哲学者&精神科医)の対談集。

 全編これ、お互いのののしり合い(字面だけでは)という、ほんとに笑っちゃうような対談集です。茶化したり、相手の揚げ足とったり、ぜんぜん相手の話を聞いてない自己完結な会話の応酬で終始しているんですが、そのやりとりの中に深遠な人生の哲理であるとか、心のもちようとかが、ちりばめられています。

 読んでいてラクになりました。
グダグダ考えててもしょうがない。今自分でできることをしていこう。
という気持ちに少〜しなってきました。

良書です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ