ケセラセラMINE

2017/11/2

ダンサーセルゲイポルーニン  映画



今日は市民映画館シネウインドに映画観にいきました。クラシックバレエの天才的ダンサー。
よく知らなかったのですが、あのバリシニコフの上はいってますね。19才にしてロイヤルバレエのプリンしパルになった男性ダンサー
だからこその彼の苦悩、家族への思いなどエトセトラ
そのまま悲しい運命にと思いきやそうではなかったストーリー。
圧巻は引退のために作ってもらった作品を踊る彼。
す、すごいです。その作品のお陰で彼自身今までの苦悩から解き放たれるハッピーエンド。うるっときました。今現在も活躍中なので、観る機会があったら生で観てみたいですね是非クリックすると元のサイズで表示します
いやぁ〜なかなかいい映画でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ