えだまめカフェ的ブログ

〜ただ静かに暮らしたい〜

 

カレンダー

2009
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

第35話 ソロモン攻略戦

クリックすると元のサイズで表示します

第35話、完了。

ワッケイン司令と合流、一斉にソロモンへ攻撃を仕掛ける連邦軍。
パブリク、ボール、ジムの大量機がソロモンへ突入。
連邦軍のソーラレイがソロモンへ。

「万一の事もある。女どもは退避カプセルへ急げ。」
「ミラーの準備は? あと4分ほどです。」
「ソロモンが焼かれていく! 連邦軍の新兵器か!」
「ホワイトベースより入電。モビルスーツがソロモンへ着艦しました。」
「ララァ、いいな。いよいよ戦場に行く。」
「行け!ゼナ!ミネバと共に!」
「これが・・・ビグザムか」


↑午前4時、夜明け前のガ△ダム。
 この時間でも数百人が集まって、みんな写真を撮っています。
 対岸の品川埠頭のビルには、朝日が当たっているようで。

投稿者:えだまめ

第34話 宿命の出会い

クリックすると元のサイズで表示します

休憩後、再開。

第34話、完了。

ララァ=スン登場。
中立地帯サイド6で、ザンジバルとホワイトベースが隣り合わせに。
サイド6内でシャアと鉢合わせになるアムロ。

「すまなかったな、何分にも運転手が未熟だったものでな」
「私の名はシャア・アズナブル、ご覧のとおり軍人だ。」
「バカヤロー、この人は本気なんだよ!」
「まるで、こっちの動きを読んでいるようだぜ」
「見える!動きが見える!」
「白いモビルスーツが勝つわ」


↑これも暗闇の中、スローシャッターで撮影。
 空が黄色いわけじゃないよ。

投稿者:えだまめ

第33話 コンスコン強襲

クリックすると元のサイズで表示します

第33話、完了。

ブラウ=ブロ登場。
ホワイトベースは中立地帯サイド6に入港。
カムランとミライの再会、アムロはテムに再会。

「なんせミライ少尉はホワイトベースのお袋さんだからな」
「と、父さん!?」
「こいつをガ△ダムの電子回路に取り付けるんだ」
「12機のリックドムが全滅? 3分も持たずにか!?」


↑これもスローシャッターで。
 やっぱ夜間だけあって、周囲にも三脚持った人が多く。

投稿者:えだまめ

第32話 強行突破作戦

クリックすると元のサイズで表示します

第32話、完了。

ガ△ダムAパーツにGファイター後半部を合体させ、ザクレロに対抗。
あっさり撃退されるザクレロ。
Gファイターに登場するスレッガー。

「お久しぶりです、シャア少佐。いや大佐。」
「あたしは認められない、兄さんのやり方。」
「目標はムサイだ!スカート付きのモビルスーツには構うんじゃないぞ!」
「あのドレンが、私の到着まで持たなかったとは・・・」


↑三脚を使って、デジカメのスローシャッターで撮影。
 最大約8秒のシャッター速度かな?
 真っ暗闇ですが、スローシャッターなら明るく写ります。

投稿者:えだまめ

第31話 ザンジバル、追撃!

クリックすると元のサイズで表示します

第31話、完了。

スレッガー・ロウ中将が登場。
ホワイトベースぎりぎりに突入してくるザンジバル。
ビグロの爪にガ△ダムが引っかかり、失神するアムロ。

「手の空いている者は左辺を見ろ。フラミンゴの群れがいるぞ。」
「このビグロのスピードについてこれるかな?」
「ミサイルの弾幕を張るってのはこういう風にやるのよ!」


↑20時を過ぎ、灯りの消えたガ△ダム。
 品川埠頭、ビル街がいい雰囲気を出します。

投稿者:えだまめ

第30話 小さな防衛線

クリックすると元のサイズで表示します

第30話、完了。

ジャブローに侵入するシャア専用ズゴックと、赤鼻率いるアッガイ軍団。
ジムに仕掛けられた時限爆弾を外す、カツ、レツ、キッカ。
2度目の対面をするシャアとセイラ。

「二階級特進・・・それだけなんですか? それだけで終わりなんですか?
 戦っているときは何にもしてくれないで、階級だけで、
 リュウさんや他の人に『ありがとう』の一言もないんですか!?」 
「あれー?ガ△ダム? でもなんかちょっと違うなー」


↑背景が闇になった分、ガ△ダムの脚線美が目立ちますねー。

投稿者:えだまめ

第29話 ジャブローに散る!

クリックすると元のサイズで表示します

第29話、完了。

南米の連邦基地、ジャブローに到着。

「ゾックか・・・見掛け倒しでなければいいがな」
「虫歯は無いようね」
「ガ△ダム1機の働きで、マチルダが助けられたり、戦争が勝てたり
 するような甘いもんじゃない。」
「私はマチルダが手をかけたこのホワイトベースを愛している。
 だから全力でホワイトベースを修理する!」
「発行信号確認、方位128、発射!」
「ホワイトベースが付けられたな。永遠に厄介ものだな。」
「赤い色のモビルスーツ!?」
「やつだ!やつがきたんだ!間違いない、シャアだ!」


↑股下に入る時間がなかったのでね。今度はゆっくりと鑑賞したいなー。


投稿者:えだまめ

第28話 大西洋、血に染めて

クリックすると元のサイズで表示します

第28話、完了。

民間機でホワイトベースに潜入し、ミハルと連絡を取るブーン艦長。
ガンペリーで発進するカイ、ミサイルがズゴッグに命中するも
ミハルは大西洋へと散る。

「やぼなこと、聞くんじゃねーの」
「第4デッキを開け、民間機を収容する」
「あたしが情報を流したばっかりに・・・」
「このグラブロに対し、うかつに水中に入ったのがお前のミスだよ!」
「カタパルト横にあるレバーを動かせればいいんだが・・・」


↑潮風公園の高台から見下ろすと、また違うかもね。
 ギミック噴射の時間は短いから、移動してる時間は無かったけど。

投稿者:えだまめ

第27話 女スパイ潜入!

クリックすると元のサイズで表示します

第27話、完了。

カイがホワイトベースを降りる。
ミハルの家に世話になるカイ。
ミハルはホワイトベースへ潜入成功。

「僕はあなたの全部が好きではありません。
 でも今日まで一緒に戦ってきた仲間じゃないですか。」
「そういう言い方好きだぜ、アムロ」
「やるよ、弟たちを食べさせなくちゃいけないからね」
「この仕事が終わったら戦争のない所へ行こうね、三人で」

↑1時間に1回のギミック噴射。
 昼間も光ってるんだろうけど、昼間はわからないからね。
 バーニヤや目が光っているのがいいね。

投稿者:えだまめ

第26話 復活のシャア

クリックすると元のサイズで表示します

第26話、完了。

マッド・アングラー隊を率いるシャア大佐が再登場。
107号こと見張りのミハル登場。
ドックで修理中のホワイトベース。
Gブルの砲撃に沈むゴッグ。

「早々に木馬に会えるとは、私は運がいい。」
「兵隊さん、なんか買ってくれない?」
「フリージーヤード、放射!」
「全てモビルスーツ、モビルスーツ、時代は変わったな・・・」
「やったなー、ガ△ダムってーの!」
「ブライトさん、アムロが帰ってきます!」


↑昼に見たのとは、全然違う感じ。
 上空から見下ろしたいね。

投稿者:えだまめ
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/8 
 
AutoPage最新お知らせ