えだまめカフェ的ブログ

〜ただ静かに暮らしたい〜

 

カレンダー

2013
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

今を生きる


役者って、すごい職業だね。


尊敬。


仕事中に、ふと、「遺体 〜明日への十日間〜」を思い出す。


ショックなシーンが多く、これが現実にあったと思うと、
東日本大震災の取材で、うつ病やノイローゼになった
ジャーナリストが多かったのも、うなづける。


でも、家族は、泥だらけでビニールシートに包まれた遺体に、
温かく寄り添っている。
声をかけている。


相葉さんの「生きている人と同じように接しなさい」の一言で、
警察官や市役所職員たちの行動が変わっていく。


そこに、人間への愛や、命への尊敬が生まれていく。


計画停電で、真っ暗の中、毛布にくるまって過ごした夜。
スーパーで物を買いあさっていた自分たちは、はっきり言って「外野」でした。


こんなことを知っていたなら、自分には何ができたのだろうかと、
自責の念に駆られる。



・・・どういう思いで、どういう風に、あのシーンを撮っていたのか?

スクリーンに映る役者の姿に、ただただ敬服するばかりです。

http://www.reunion-movie.jp/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ