えだまめカフェ的ブログ

〜ただ静かに暮らしたい〜

 

カレンダー

2014
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

今日

8月8日は「文珍師匠の日」です。


もう、何十年も前からね。


だから、後発で「〜の日」っているヤツは、

文珍師匠に仁義を通しておかないと。
投稿者:えだまめ

打ち上げ花火(20)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「50メートル? なんか賭けてんの?」  「よし、やるぞやるぞ」

「なによー。 じゃあ、構えて。 よーい・・・」


運命の分かれ道の、典道と祐介の50m対決。

スタート後の、なずなの真剣な顔が、その後の分かれ道を物語ってます。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「アリ・・・」  「取ってよ」  「ありがと」

でおなじみの、プールサイド。


そして、夜のラストシーン。

「今度会えるの、2学期だね」 「楽しみだね・・・」

プールを去るなずな。


2学期の教室。

なずなが転校し、二度となずなに会えないことを知る典道と祐介・・・。


ハッピーエンドじゃないところが、なんか寂しい気持ちになって、

後を引くから、なおさら印象深いドラマになったんでしょうね。


投稿者:えだまめ

打ち上げ花火(19)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

つづいては、運命の分かれ目、そしてラストシーンとなる「プール」。

プールは重要なシーンですよね。

なずながプール掃除に行く門も、そのままでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「そうじ、終わったの?」  「ちょっと涼んでからやろうとおもってさ」

水道場の壁の、四角い穴の感じも、そのまま。

フェンスは、白い壁になってました。

このプールに来られたのは、感動でした。


投稿者:えだまめ

打ち上げ花火(18)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なずながトランクケースを引きずって、安曇医院を訪れるシーン。

駅近くの「嶋田医院」が、ドラマの中では「安曇医院」なんですね。


祖父母が住んでいた旭市の駅近くなんですね。

門構えといい、電柱といい、ちょっと面影は薄いなぁー。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「あの・・・祐介、来ないよ・・・」  「あっ・・・そう・・・」

典道が、足の怪我の治療を終えて、安曇医院から出てくるシーン。


なずなが典道を待っている姿が、可愛らしいですね。

このあとに、あの十字路のシーンになるんですよね。


投稿者:えだまめ
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ